普墺戦争

(社会)
ふおうせんそう

1866年のプロイセン対中南部ドイツ諸邦、オーストリアとの戦争。
7月3日、プロイセン軍は参謀総長ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケのもと鉄道、電信を使用し3方から進撃、ケーニヒグレーツの戦いでオーストリア、ドイツ諸邦軍を破る。
この2日後、ナポレオン3世の提言により停戦。
8月23日、プラハで講和条約を結ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ