木版印刷

(アート)
もくはんいんさつ

木の板(木版)に文章や絵を彫って版を作る凸版印刷。活字版と対照するとき整版と呼ぶことがある。版に絵の具や墨汁などを塗り、紙をあてて上から馬楝(ばれん)で摺って制作する。また、中国では、狭く長い刷毛、または櫛形刷毛で摺る。複数の版木を使用したり、一枚の版木を塗り分けたりして多色印刷を行うこともある。紙の片面だけに刷ることが多い。

関連

活版印刷

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ