李忠成

(スポーツ)
りただなり

サッカー選手。ポジションはフォワード。
1985年12月19日生まれ。東京都田無市(現・西東京市)出身。東京都立田無高等学校卒。
身長182cm、体重73kg、血液型O型。利き足は左足。

国籍

日本国籍を取得前は在日韓国人4世の韓国籍で、名は李忠成(イ・チュンソン)。
2007年に日本国籍を取得して帰化。韓国系(4世)日本人。その際には李忠成の漢字の表記をそのままに、"り・ただなり"と日本語読みを本名とした。韓国語はあまり得意ではない。

プレースタイル

豊富な運動量でチームのために前線から激しいプレッシングをかけ、機敏な動きと溢れる闘争心でゴールに迫る泥臭いストライカー。

略歴

  • 2004年 - U-19韓国代表候補に招集されたが、AFCユース選手権2004に挑むU-19韓国代表には選ばれなかった。
  • 2006年 - J2第11節、函館市千代台公園陸上競技場でのコンサドーレ札幌戦でのゴールをきっかけに人気が出る。
  • 2007年 - U-22日本代表入りを果たす。
  • 2008年 - U-23日本代表として北京オリンピック本大会に出場。
  • 2011年 - アルベルト・ザッケローニ監督に認められ、AFCアジアカップの日本代表に選出される。AFCアジアカップ2011決勝の対オーストラリア戦に延長戦から出場。決勝点となったボレーシュートで一躍注目を浴びる。

所属クラブ

2001-2003
FC東京U-18
2004
FC東京
2005-2009.8
柏レイソル
2009.8-2011
サンフレッチェ広島
2012.1-2013
サウサンプトンFC
2013.2-6
FC東京(期限付き移籍)
2013.7-2014.1
サウサンプトンFC
2014-
浦和レッドダイヤモンズ

リスト::サッカー選手

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ