東横堀川

(地理)
ひがしよこぼりがわ

大阪府大阪市中央区にある運河。土佐堀川から分かれ、道頓堀へと至る全長3キロメートルの運河である。
1585年に豊臣秀吉の命により大坂城の西惣構堀として開削されたもので、大阪市で最古の堀川である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ