松沼博久

松沼博久

(スポーツ)
まつぬまひろひさ

80年代のプロ野球、西武ライオンズの選手。通称「兄やん」。
右投左打、ポジションは投手。背番号は15番。

1952年9月29日生まれ。東京都出身。
取手第二高校から東洋大学を経て、東京ガスに進む。

1979年、ドラフト外で西武ライオンズに入団。
1年目より一軍で登板。連敗を開幕から12で止め、球団初勝利を挙げた。

アンダースローから繰り出される独特のボールを武器に16勝を挙げ、新人王に輝く。

1982年、西武初のリーグ優勝に貢献し、以後も主力投手としてチームを支える

12年間の現役生活で6度二桁勝利を挙げ、黄金時代を支えた。
多彩な変化球を持つその反面、コントロールには問題があった。

1990年、現役引退。

1991年、フジテレビの野球解説者に就任。

1995年、千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチに就任。

1998年、退団。フジテレビ・ニッポン放送の野球解説者となる。

2002年、古巣西武ライオンズの一軍投手コーチに就任。

コーチとしての手腕は評価されておらず、同年7月、二軍投手コーチに転じ、同年、退団。


現在はJ SPORTS、ニッポン放送の野球解説者を務める。
また、マスターズリーグ・東京ドリームスの選手としても活躍。

2006年、茨城ゴールデンゴールズの投手コーチに就任。


弟は松沼雅之

新着ブログ: 松沼博久