武断政治

武断政治

(社会)
ぶだんせいじ

専制政治の一種。武力を背景にして行われる政治の手法である。主に日本の江戸幕府初期の、徳川家康から徳川家光までが行った政治姿勢のことを指す。

新着ブログ: 武断政治