滝口康彦

(読書)
たきぐちやすひこ

小説家

1924-2004 長崎県出身

  • 時代小説家の滝口康彦氏が死去 2004年 6月9日
    • 封建時代の武家社会を描いた作品で直木賞候補6回。

1924年佐世保市生まれ、炭鉱で働きながらラジオドラマの台本や小説を発表。
1954年から作家生活に入る。翌年1955年「高柳父子」で初めて直木賞にノミネートされた。以後「かげろう記」「霧の底から」「仲秋十五日」「日向延岡のぼり猿」「主家滅ぶべし」で計六回、直木賞の候補になった。

 1958年にサンデー毎日大衆文芸賞を受賞した「異聞浪人記」が1962年にタイトル「切腹」、「拝領妻始末」が1967年にタイトル「上意討ち−拝領妻始末−」として映画化されている。
                   
                                 −−佐賀新聞より−−

[映画]

切腹 [DVD]

切腹 [DVD]

上意討ち-拝領妻始末- [DVD]

上意討ち-拝領妻始末- [DVD]

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ