演歌の花道

(映画)
えんかのはなみち

演歌の花道

(テレビ)
えんかのはなみち

昭和53年の放送開始から平成12年の放送終了まで約22年間(全1107回)にわたって親しまれたテレビ東京系歌謡番組。声優、来宮良子の独特なナレーションが有名。

浮世舞台の花道は 表もあれば裏もある
花と咲く実に歌あれば 咲かぬ花にも歌ひとつ
(毎週違うナレーションが流れて、最後に)なぜか身に染む心唄

↑作詞はおそらく番組構成担当の曽我部博士。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ