牧逸馬

(読書)
まきいつま

1900年(明治33年)1月17日〜1935年(昭和10年)6月29日
小説家。本名は、長谷川海太郎
長谷川りん二郎*1(地味井平造)、長谷川濬、長谷川四郎は実弟。
林不忘、谷譲次のペンネームも持つ。
新潟県生まれ。
後に函館にわたり、久生十蘭は函館中学の2歳年下。水谷準も同中学の後輩。
怪奇実話、探偵小説の作者として知られる。

現在入手可能な作品

牧逸馬の世界怪奇実話 (光文社文庫) 『牧逸馬の世界怪奇実話』(島田荘司 ・編,光文社文庫,2003)

*1:「りん」は、サンズイに隣の旁

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ