畠山政長

(社会)
はたけやままさなが

嘉吉2年(1442年)〜明応2年閏4月25日(1493年6月9日)
日本の室町時代後期から戦国時代前期の守護大名。
室町幕府管領で河内、紀伊、越中、山城の守護だった。応仁の乱では東軍として参戦。明応の政変で居城の河内正覚寺城を囲まれ自害した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ