瞬停

瞬停

(サイエンス)
しゅんてい

「瞬時停電」の略。
おおむね1秒未満の、瞬間的な停電・あるいは電圧降下のことをさす。
白熱灯やアナログ機器ではそれほどの影響は無いが、蛍光灯やパソコン・マイコン内蔵のデジタル機器などではそれまでの動作設定がすべて白紙になってしまうため、初期設定に戻ってしまったりして機械の動作がストップ・まれには暴走*1してしまうことがある。
大規模に電力を使用する施設が近くにある場所や、落雷が頻発している際に起こりやすい。

これらのデジタル機器を瞬時停電による被害から防ぐための商品として「無停電電源装置」(UPS)というものが存在し、各社から目的別に販売されている。

*1:完全に消去されるべき内容が一部分だけ残ってしまうことによる