矢内原忠雄

(一般)
やないはらただお

社会科学者、無教会のキリスト教思想家。1893年1月27日生まれ〜1961年12月25日没。
愛媛県今治市生まれ。
旧制一高法科で、校長・新渡戸稲造と出会う。内村鑑三の聖書研究会に参加。

略歴

  • 1917年、東京帝国大学卒業。
  • 1920年より、東京帝国大学助教授(植民地政策)。ヨーロッパ留学後、1923年より教授。
  • 1937年、『中央公論』に「国家の理想」を寄稿。軍国主義の国家体制を批判。これがきっかけとなり、東大教授を辞す。
  • 1938年より、個人雑誌『嘉信』を発行。聖書研究と平和主義・非暴力の訴えかけを行う。
  • 戦後に東大に復職。1951-57年東大総長。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ