石井克人

(映画)
いしいかつひと

映画監督、1966年生まれ
1992年にCMディレクターとしてデビューし、手がけたCM作品は100本を越える。
1996年短編「8月の約束」でゆうばり国際・冒険ファンタスティック映画祭ビデオ部門グランプリ受賞。3年の準備期間を経て、長編劇場映画第一作「鮫肌男と桃尻女」は、邦画単館作品として、1999年の興収第2位を記録。続く「PARTY7」も興収2億円を樹立。2004年、長編映画「茶の味」公開。

映画

  • 「8月の約束」
  • 「鮫肌男と桃尻女」
  • 「PARTY7」
  • 「茶の味」(2004)

TV

世にも奇妙な物語「BLACK ROOM」
SMAP×SMAP「MUSIC POWER GO! GO!〜ダモン君の巻」
「ピロッポ」

DVD

「HAL&BONS」
「TRAVA-FIST PLANET EP.1」
SMAP「BIRD MAN FLY」他

CM

「アスパラドリンク」
「富士通 FMV」
「旭化成 イヒ!」
他多数・ACC賞他受賞暦多数


* リスト:リスト::映画監督

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

最近観た映画の備忘録#3(第二次大戦の時もそうなんだが「こんな有事の際に芸術や文化なんてどうでもいい」と人間の愉しみを規制したがるアホがいたわけだ。たとえば老人ホームでおばあちゃんたちにメイクをしてあげただけで全員の健康状態が上がったという研究結果もある。絶対、人間はそういったアートやクリエイティビティによってしっかりと生かされている。ドイツで絵描きを蔑ろにしてヒトラーが誕生したことを忘れたとは言わせない。だからアートやエンターテインメントを蔑ろにするファックオフ野郎は早く死んじまえ。水でも飲んでろボケ。

『玉城ティナは夢想する』(2017年/山戸結希) YouTubeにて。バイオレンス映画。皮肉ではなく、これは暴力についての映画だ。「今そこにある美に対してカメラを向ける」ということの暴力性を山戸結希は認識しつつ、欲望のままに被写体を「傷付ける」。そして、傷付ければ傷付けるほどに、被写体・玉城ティナの刹那的な美しさが増すことも承知している。激しいカット割はまさしく被写体そのものを「解体/切断」していて、カメラは「ナイフ」のようである。「ポップで可愛らしい記号よりもティナちゃんには背徳と退廃が似合うの!」という作家の願望を、全身で享受する玉城ティナの揺るぎない強固な美を証明できている傑作だと感じる…

20世紀ゲネラールプローベ-7 か月前