竹島の日

(一般)
たけしまのひ

竹島が島根県の行政区域に編入された1905年(明治38年)2月22日を記念する日。
2005年(平成17年)の編入百周年にあたって、「竹島の日を定める条例」「竹島の日」の制定に関する条例が島根県議会により3月16日に可決された。

「竹島の日」を定める条例全文

島根県条例第36号

竹島の日を定める条例(平成17年3月25日 公布・施行)
(趣旨)
第1条 県民、市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める。
(竹島の日)
第2条 竹島の日は、2月22日とする。
(県の責務)
第3条 県は、竹島の日の趣旨にふさわしい取組を推進するため、必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

歴史

  • 「竹島の日」の制定に対して、同島を実効支配している韓国は「竹島の日」に反対しており、日韓友好年2005年に水を差したと主張している。
  • 2013年2月、8回目にして初めて政府の代表として、島尻安伊子内閣府大臣政務官が出席する。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ