糸川英夫

(サイエンス)
いとかわひでお

糸川英夫(1912年7月20日〜1999年2月21日)は、日本の工学者で、専門は航空工学、宇宙工学。
「ロケット博士」「宇宙開発の父」などとも称される。
新しいヴァイオリンを超音波などを用いてエイジングする方法も開発した。
なお、2003年に小惑星25143が糸川の名にちなんでイトカワと命名され、その後日本の探査機はやぶさが訪れ、調査とサンプルリターンを行った。

略歴

1912年7月20日、東京市麻布区生まれ。
1935年、東京帝国大学工学部航空学科を卒業後、中島飛行機に入社し、帝国陸軍の九七式戦闘機、一式戦闘機 隼、二式単座戦闘機 鍾馗などの設計に関わった。
1941年11月、東京帝国大学第二工学部助教授に就任。
1948年、同教授に就任。
1967年、東大を退官し組織工学研究所を設立。
1976年から1983年まで日本BCL連盟の会長職に就任。
1999年2月21日に多発性脳梗塞のため死去。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ