羽州街道

(地理)
うしゅうかいどう

日本の江戸時代に東北にあった脇街道の1つ。奥州街道から陸奥国の桑折宿で分かれ、小坂峠や奥羽山脈の金山峠を越えて出羽国に入る。ここから出羽国を縦断し、矢立峠を越えて再び陸奥国に入って、油川宿で奥州街道に合流する街道だった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ