英雄ポロネーズ

(音楽)
えいゆうぽろねーず

→ショパン作曲 ポロネーズ第6番変イ長調 作品53

作曲年 1842年
出版年 1843年

ショパンのポロネーズの中で最も有名である。
活気に満ちあふれた堂々としたポロネーズで、「英雄」と呼ばれている。
まさに英雄という通称にふさわしい。
最も壮大で完璧な様式を示していると言われ、演奏効果も高い。
長い序奏も特徴の一つ。
ホ長調に転調したトリオは左のオクターブの連続の上に主旋律があらわれそれが徐々に盛り上がっていく極めてヴィルトゥオーゾ風な部分である。
コーダもこの壮大なポロネーズの終結にふさわしい。

楽曲形式は三部形式

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ