落合英二

落合英二

(スポーツ)
おちあいえいじ

落合英二は日本の元プロ野球選手、野球評論家、指導者。千葉ロッテマリーンズ投手コーチ。
背番号は19→71→25→26→88番。
1969年7月25日生まれ、栃木県下野市出身。
ポジションは投手、右投右打。

略歴

作新学院、日本大学を経て、1991年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。
右の中継ぎ投手として活躍し、99年には岩瀬仁紀との左右二枚看板で優勝に貢献した。
霊感が強い投手でも有名であった。
2006年、現役引退。
2007年から2009年まで中部日本放送(CBC)の解説者等を務めた。
2010-2012年、韓国・三星ライオンズの投手コーチに就任。2011年、2012年と2年連続韓国シリーズ優勝に貢献した。
2013-2014年、野球解説者を務める。
2015年、千葉ロッテマリーンズ投手コーチに就任。

タイトル

1998年、最優秀中継ぎ投手

プロ野球通算成績

463登板、37勝45敗24セーブ、勝率.451、675投球回数、防御率3.29。

リスト::野球選手

新着ブログ: 落合英二