角運動量

角運動量

(サイエンス)
かくうんどうりょう

物理量のひとつ。
古典力学的には、ある点に対して回転運動している質点の角運動量は、その質点の運動量と回転の中心から質点までのベクトルとの外積で定義される。三次元ではたまたま三次元ベクトルとなり、回転軸方向を向いた長さが回転速度のベクトルとして表されるが、一般にD次元では D(D-1)/2 成分のベクトルとなり、空間中に図示することはできない。
量子力学的には、角運動量ディラック定数の整数倍になることが知られている。
角運動量は空間の回転対称性に起因する保存量である(角運動量保存の法則)。


*リスト::物理関連

このキーワードは編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

ネットの話題: 角運動量

人気

新着

新着ブログ: 角運動量