諸橋轍次

(読書)
もろはしてつじ

漢文学者。文学博士。
1883年6月4日、新潟県南蒲原郡庭月村(現・三条市)に生まれる。
東京高等師範学校卒業後、主に儒学を研究、大学教授を経て、1957年都留文科大学学長に就任。1928年から1960年にかけて大漢和辞典編纂の偉業を成し遂げ、1965年に文化勲章を受章。1982年12月8日死去した。
生家を含む小高い丘には記念館や庭園、道の駅などが建設され、一帯は「漢学の里」と称されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ