貝木泥舟

貝木泥舟

(読書)
かいきでいしゅう

西尾維新の小説『<物語>シリーズ』の登場人物。アニメ版での声優は三木眞一郎。
初登場は『偽物語(上)』収録「かれんビー」。『恋物語』収録「ひたぎエンド」のメインキャラクター。
「偽物の怪異」を専門とする詐欺師。女子供を騙すことを厭わず、金のために詐欺を働く。
忍野メメ影縫余弦とは大学の同級生。臥煙伊豆湖と神原遠江(神原駿河の母親で伊豆湖の姉)とも旧知。
かつて戦場ヶ原ひたぎを騙したことがあり、阿良々木暦と対決、二度とこの街に来ない約束をしていたが、「ひたぎエンド」ではひたぎの依頼で千石撫子を騙すことになる。

新着ブログ: 貝木泥舟