貞観地震

(サイエンス)
じょうかんじしん

869年(貞観11年)7月13日に日本の三陸沖で発生した大地震。貞観三陸地震とも呼ばれている。マグニチュードは8.3〜8.6と推測され、震源域は岩手県沖〜福島県沖、更に茨城県沖の広範囲における連動型超巨大地震の可能性がある。死者約1,000人。

2011年に発生した東北地方太平洋沖地震と、同様の規模の地震であった可能性が指摘されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ