足利義栄

(社会)
あしかがよしひで

1538年〜1568年
室町幕府の第14代将軍。初名は義親。堺公方の足利義維の長男。1568年2月8日に三好三人衆の推挙により征夷大将軍になるも、織田信長が足利義輝の次弟の足利義昭を擁して入京してきたため、阿波に逃れが、その直後、以前から患っていた腫物が悪化して病死した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ