軍艦巻

()
ぐんかんまき

軍艦巻とは、握ったすし飯の側面を海苔で巻き、イクラやウニなど崩れやすいネタを乗せたすしのこと。
軍艦巻の名は、横から見た姿が軍艦に似ていることから付いたものである。
考案したのは、1941年、東京銀座の高級寿司店『久兵衛』の主人で、常連客の「イクラの寿司が食べたい」という要望から考えたものといわれる。
現在では、イクラの軍艦巻以外にも、ウニ、カニ味噌やネギトロなど、柔らかくて崩れやすいネタを使った様々な軍艦巻が作られるようになった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ