金属疲労

(サイエンス)
きんぞくひろう

金属材料に本来影響が無いぐらいの(材料の強度にとって)微小な外力が繰り返し加わり、材料内部に目視出来ないぐらい微小な無数の亀裂が生じ、それが積み重なる事で金属材料が突然割れること。
特徴として断面がすっぱりと綺麗に割れることが上げられる。
基本的に簡易検査では解らないため、対策としては材料自体を丸ごと取り替えるのが望ましい。
疲労除去として焼きなまし(鉄鋼材料なら150〜600℃程の溶解温度の遥か下の低温で1時間ほど保持する)などが行われる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ