鉄道総合技術研究所

鉄道総合技術研究所

(一般)
てつどうそうごうぎじゅつけんきゅ

[英] Railway Technical Research Institute
公益財団法人鉄道総合技術研究所は、東京都国分寺市に本部施設を置き、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術研究所などから業務を引き継いで発足した研究機関。略称は「鉄道総研」または「JR総研」。
国鉄の分割・民営化に先立ち、1986年12月10日、国鉄本社の技術開発部門および鉄道技術研究所鉄道労働科学研究所の業務を承継する財団法人として、運輸大臣(当時)の許可を得て発足。
1987年4月1日に、JR各社の発足と同時に、本格的な事業活動を開始。
2011年4月1日には公益財団法人へ移行した。
研究開発の目標として4本柱を掲げている。

  • 信頼性の高い鉄道(安全性、安定性)
  • 低コストの鉄道(経済性)
  • 魅力的な鉄道(速達性、利便性、快適性)
  • 環境と調和した鉄道(環境調和性)