長谷川利行

(アート)
はせがわりこう

1891〜1940 日本のゴッホ、ドブ板の画家と言われた異端の画家。本名はトシユキだが、リコウと呼ばれた。
30代の遅いデビューながらニ科展にて樗牛賞を受賞。しかし、日々の暮らしを捨てるようにドヤ街に住み、アトリエも持たず、酒におぼれる日々を過す。49歳で野垂れ死ぬようになくなる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ