高天原山

(地理)
たかまがはらやま

群馬県多野郡上野村にある山。別名は蟻ヶ峰。標高1978.6メートル。
1985年8月12日に発生した日本航空123便墜落事故の墜落現場がある山だが、多くの報道では「御巣鷹山に墜落」と伝えられていた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ