Cream

(音楽)
くりーむ

 1966年7月のナショナル・ジャズ&ブルース・フェスティバル(現在のレディング・フェスティバル)でデビュー。1968年11月26日のロンドン・ロイヤル・アルバートホールでのフェアウェルコンサートをもって解散。
 2005年5月2・3・5・6日の4日間、解散の地であるロンドン・ロイヤル・アルバートホールにて、この4回限りの再結成コンサートを行った。

メンバー

 Jack Bruce(ジャック・ブルース):ベース&ボーカル
 Eric Clapton(エリック・クラプトン):ギター&ボーカル
 Ginger Baker(ジンジャー・ベイカー):ドラム

 実際カバーも多くしているブルースを基礎としながら、民謡やソウルなど雑多な要素を取り入れつつ、幻想的なナンバーもあり。今やメンバーの中で一番出世したと見られるエリック・クラプトンも、ことライブではぶりぶり自由自在なジャック・ブルース&ずっしりと腰の据わった重量感のあるジンジャー・ベイカーという腕利きのリズム隊に押され気味の印象が見受けられるが、所謂「ウーマン・トーン」はこの頃から冴え渡っております。

Amazon検索結果:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=hatena-22&path=tg/browse/-/586350

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ