DX7

(音楽)
でぃーえっくすせぶん

YAMAHAのデジタルシンセサイザー。1983年発売。
「FM音源、MIDI対応、16音ポリフォニック」という当時としては革命的なマシンで世界的にベストセラーになった。坂本龍一が『音楽図鑑』をリリースした頃で、それと同じ音が出せるということで別売で音源モジュールなどが発売されていた。


販売終了から数十年経った現在も、DXシリーズ独特の音色はDTM音源の拡張ボードなどの形で提供されている。

シリーズ

  • DX7(初代)
  • DX7II-D(二代目、フロッピー省略)
  • DX7II-FD(二代目フロッピー対応)
  • DX7S(廉価の機能省略タイプ)

初音ミクのビジュアルデザインはDX7のカラーリングがモデルになっている

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ