E-500

(コンピュータ)
いーごひゃく

オリンパスイメージング株式会社が2005年11月に発売した低価格デジタル一眼レフカメラ
同社が提唱するフォーサーズ規格に準拠したデジタルカメラの三号機でもある(一号機はE-1、二号機はE-300)。
主な特徴は以下の通り。

  • 435gの世界最軽量の小型ボディ*1
  • 受像素子に有効画素数約800万画素フルフレームトランスファーCCDを採用。
  • シャッター幕とローパスフィルター*2の間に設置した透明なフィルターを超音波で振動させ、付着したゴミをはじき飛ばす「スーパーソニックウェーブフィルター(SSWF)」により、写真にゴミが写り込むのを防ぐ「ダストリダクション」を搭載。レンズ交換時に入り込むゴミやシャッター幕からの摩耗くずなどに対して有効であり、ゴミ対策をしていないデジタル一眼レフカメラと比べメンテナンスの手間が減少する。
  • 49分割デジタルESP測光に加え、同社の銀塩一眼レフOMシリーズに搭載されていた「ハイライト&シャドウコントロール」を継承。
  • SanDisk Extreme IIIなどの高速コンパクトフラッシュを使用し、かつHQモード(800万画素・圧縮率1/8)時、2.5コマ/秒のスピードでメモリいっぱいまで連写が可能。
  • ISO感度800以上で動作するノイズフィルターを搭載。従来比1/2のノイズ削減。
  • 2.5型21.5万画素の半透過型「ハイパークリスタル液晶」を搭載。
  • コンパクトフラッシュとxD-Picture Cardを同時利用できるデュアルスロット。
  • ZUIKO DIGITAL 14-45mm F3.5-5.6とのセットで10万円を切る低価格設定。

 
OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 ブラック レンズセット OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 ブラック ボディ単体
OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 シルバー レンズセット OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 シルバー ボディ単体
関連語 リスト::デジタル一眼レフカメラ

*1:2005年9月現在、ボディ単体で。

*2:CCDの前面に設置することで、高周波成分の信号を除去してモアレを防ぐフィルター。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ