OCaml

(コンピュータ)
おーきゃむる

Objective Camlの略。Robin Milnerらが設計・開発した関数型言語MLを、Xavier Leroyらが中心となって発展させたプログラミング言語(および、その実装)。

ごみ収集による自動メモリ管理、高階関数、静的型、多相型、再帰型、バリアント型、パターンマッチング、型推論、(ファンクターなどをもった)先進的なモジュールシステム、(宣言的ではなく)構造的な部分型をもったクラスベースのオブジェクト指向、(関数引数の)ラベル、多相バリアントなど、基礎研究による堅固な理論にもとづき、様々な機能をもった強力な言語である。

多数のプログラミング言語を比較したComputer Language Shootout (http://shootout.alioth.debian.org/) において、性能と行数の両方で上位にランクされる唯一の言語であり、参加資格や使用言語に制限のないICFPプログラミングコンテストにおいては最多入賞言語でもある。

しかし、Standard MLやScheme, Haskellなどと違い、あまりきちんとした仕様が定義されていない(マニュアルのみ)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ