S.H.フィギュアーツ

(アート)
えすえいちふぃぎゅあーつ

バンダイコレクターズ事業部が手掛ける、低価格帯アクションフィギュアブランド。


主に仮面ライダー(とりわけ平成ライダー)を中心としたラインナップが主流。
しかし、戦隊・プリキュアシリーズやその他作品など、他の特撮作品やアニメ系ジャンルについても徐々にラインナップに加えつつある。


他社の製品と比べると、ネット限定通販を利用した受注生産形式で出される商品の割合が非常に高い。
一般発売品と違って割引が効かずどうしても割高になる上、発送や支払い方法など、各種オプション面での評価はお世辞にも高いとは言い難い。
しかも一度限定品として出したものは原則再版しないということが公式でアナウンスされてしまっているため、後から収集し始めた人にとっては大きな障壁となってしまっている。

仮面ライダー系ラインナップ

劇中スーツの質感の再現度、クリアパーツ多用による見た目の美しさ、さらに工夫された関節構造による広い可動域、ダイキャスト製の足首による安定感など、
全般的に非常に高い評価を受け、人気作の主役ライダーに関しては発売日はおろか予約開始直後に完売してしまう(所謂「瞬殺」)ことが恒例となってしまっている。
しかし、最近では製造コストの関係か、ダイキャスト足首の廃止・足首関節の簡略化などのクオリティ低下が目立ち始め、顰蹙を買っている。
なお、基本的に劇中のスーツアクターとは異なる八頭身で造型されており、プロポーションに関しても全くの別物になってしまう場合が多い。

アニメ系ラインナップ

ライダー系ラインナップが軒並み高評価を得ているのに対し、アニメ系ラインナップに関しては軒並み低調、ものによっては酷評の対象となっている。
顔造型が似ていない、プロポーションの破綻、雑な塗装精度、狭い可動域、乏しい付属品など、明らかにノウハウ不足からくる欠点が頻出しており、
現状ではアニメ系ラインナップの多いfigmaシリーズに大きく水をあけられてしまっている。
最近ではようやく必要最低限のクオリティを出せるようになってきたが、既存の悪評を覆せるほどのものになるかどうかは未知数。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ