Eagle

(サイエンス)
いーぐる

[概要]

  • ドイツのCadSoft Computer, Inc.がリリースしている電子回路CAD。
  • フリーウエアバージョンでも本格的な使用に耐えるので、趣味の設計では人気がある。
  • サポート OS: Windows, Linux, Mac OS X (FreeBSD でも非サポートだが動作します)
  • 日本国内の代理店はサーキットボードサービスが提供

[種類]

  • フリーウエア版とLite版、非商用版、Standard版, Professional版がある。
    • フリーウエア版
      • フリーウェアツールの場合以下のような機能制限が存在する。
        • 扱えるプリント基板の大きさは100×80mmまで
        • 2層のプリント基板まで
        • 1プロジェクトの回路図は 1枚まで
        • 非商用限定
    • Lite版
      • フリーウェア版と同機能で、商用利用可能、サポートあり
    • 非商用版
      • 商用版 Standard と同機能だが商用使用不可、購入時に商用利用しない事を約束する契約書にサインが必要
    • 商用版 Standard
      • 扱えるプリント基板の大きさは160mm*100mmまで
      • 4層のプリント基板まで
      • 1プロジェクトの回路図 99枚まで
    • 商用版 Professional
      • 扱えるプリント基板の大きさは64インチ*64インチまで
      • 16層のプリント基板まで可能
      • 1プロジェクトの回路図 99枚まで

[参考]

[試作]

  • EAGLEのガーバーデータをOLIMEXというブルガリアの基板メーカーが直接受けてくれます。
  • サーキットボードサービス、P板.COMでもEagleファイルでの試作サービスを実施している。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ