Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2018-08-14 ヴィンテージ’08’96’84’75

本日のお昼間は、雷は 鳴っていたのですが 雨は無く。
まあ、東京のあの災害レベルのようになると 困るので 適度な 涼しさに繋がる雨が欲しいもので。
ふっと 風が 出てきたタイミングで トライアンフに。夏場の一瞬の ストレス解消ですが 秋の訪れが待ち遠しくなる 今年の厳しい夏かな。そろそろ オイルの 交換もしてあげないと。
で 昨夜の 素晴らしいワイン
・Volnay'84 Henri Boillot
・Brunello di Montalcino'75 Biondi−Santi
・Bourgogne Hauts Cotes de Nuits'08 Jayer Gilles
・Bourgogne'96 Hubert Lignier
f:id:Budounokura:20180814185650j:image:w360:right
京都に 20年以上住ませていただいておりますが まだまだ 知らない事だらけで。昨夜のテレビで 三十三間堂が。20年以上前に 一度拝観はしたのですが 感性の問題も。配置も変わられたそうなので 改めて 拝みに行きたいそんな気持ちにさせられる 良く出来た番組で。
そして 前夜もお電話をいただいていた 金沢からの顧客が。
今回も リッツにお泊りで。ポイントで 1泊出来るとのことで。
ヴィンテージ'84は ネガティブな作柄ですが ヴォルネイの優良な造り手の アンリ ヴォワイヨとなると 線は細いものの 柔らかい非常に優雅ピノ ノワールに あっという間に ボトルは 空いてしまいます。
イタリア触手が伸びる そんなお好みで。ヴィンテージ'75は 意識があり こちらのヴィンテージでしたので お薦めしたい 逸品の ビオンディ サンティで。この造り手が 正真正銘の産みの親な訳で そんな物語も 重要かと。コルクも ぼろぼろで 香りも お醤油が 混じりながらも 果実の甘みがしっかりと残り 優美な1本で。
またまた、京都への小旅行にて お待ちしております!
こちらも 久々でしたが カジノの吸い取られたようです。
1杯で帰る!との台詞は ボトル2本に。
ジャイエ ジルの オート コートは 若いヴィンテージですが 上質なシャルドネの 解けた果実味が 仕切り直しに ほっこりと。
そして、こちらも 良い具合に熟成した 故人 ユヴェール リニエの ACながらも 繊細な 綺麗なピノ ノワールの 正に飲み頃。一般的には これが 本当に心に残る 美しい1本かと。
お盆ですが こう言ったご利用を心より!
Sommelier R.Imamura

2018-08-13 お盆でも 営業中!

出勤前に 本当に久々に 夕立が。
ゲリラ豪雨にも感じられる 激しい雨が降りましたが。自宅の植物達も 気持ち良かったのでは?毎日のように 水撒きは しておりますが 纏まった雨も必要でしょう。ですが 店舗の窓は 濡れていなかったので 祇園界隈は 今日も 日照りかと。
中々 通り過ぎる方々の 様々な香りと言うか 臭いが 不快な時期が続きますが。
f:id:Budounokura:20180813190646j:image:w360:right
先週末の晩は臨時営業でしたが
まま やはりの展開にて
ひょんな事からの ご利用ですが 勿論 ワインを飲んでいただける方であれば どなたでも!ですが やや 異色と言うと失礼になるかな?
まま 貸切のもうな時間帯で有れば 何の問題もですが 楽しく飲んでいただければ。ただ、他のお客様が どのように感じられるかは 微妙では有りますが・・・・。
そして もうひとつの懸案は おタバコについても。
基本は 喫煙可の店舗ですので どうぞご自由に!なのですが そう ジムでもおられますが 吸っておられない段階でも お召し物から 煙を感じるような方も。ここは 意識していただきたい エチケットかな?
まま、僕も 偶に 葉巻を 吸ってしまいますが。
お盆真っ只中ですが 日曜日以外は 変わらず 営業しております!
祇園街の ど真ん中にて よろしければ ワイングラスを傾けていただければ 幸いです!
Sommelier R.Imamura

2018-08-11 ヴィンテージ’98

本日は 祝日ですが 臨時営業しております!
よろしければ 祇園街の 真ん中で ワイングラスを 傾けるお盆は 如何でしょうか?心よりお待ちしております!
そして お昼間は ゆっくりしながらも ベランダで ほぼ 今年の収穫を終えつつあった トマトの大きなプランターに 異常を発見して。先日より 水を与えすぎで カビが発生しているのかな?と 剪定をしていたのですが。恐ろしいことに 実は 生物でした。油虫のような 白い虫が びっしりと!全て 苗を伐採する形で 自宅前を流れる 琵琶湖の疎水に どんぶらこ でした。
で 昨夜の 久々のムッシュ
・Cotes du Rhone98 Favre
f:id:Budounokura:20180811190226j:image:w360:right
珍しい 早めの時間帯に お越しのムッシュでした。お盆休み前に 律儀に お寄りいただけ。大抵は 二人で ああだこうだと 年も近いだけに 飲み友達のような形ですが 今宵も。
ブルゴーニュも そうなのですが ACクラスの 使用を ある段階から するようになり 以前は そんなクラスを扱うことは ご自宅でも十分と思っておりましたが 高騰する ワインの流れに圧されるように。
意外に テイスティングすると 熟成にも耐え ノスタルジーを しっかりと感じさせてくれる ことも 造り手さえ選べば!と言うことを。
当然ながら ローヌでも 同様の ことになり ギガル を 筆頭に この 馴染みの薄い ファヴレにも。
ボトルにも 澱の形跡も しっかりと残る 動きの少ないボトルでもあり、しなやかな 酸とタンニンの 柔らかさは このクラスでも 20年の熟成に耐え得る裏付けかと。
お盆は 家族サービスでしょう。またまたの ご機会を。
Sommelier R.Imamura

2018-08-10 ヴィンテージ’06

本日のお昼間も ジムに。有酸素運動中は アマゾンプライムで ララランドを。ミュージカルは レ ミゼラブルは 理解出来るのですが 好みがはっきりと なのですが ララランドは まま 出だしから テンションは 上がるから 有りかな?ジャズの シーンも有りなので。
ただ、充電の不具合で イヤホンが 片方しか生きていなかった点は 大問題ですが・・・・・。
で 昨夜の お誘いは
・Hermitage Blanc'06 E.Guigal
f:id:Budounokura:20180810191323j:image:w360:right
前半からのお越しは久々でした。まま、訳あってですが 少しワインを お買い上げいただいた件も有り その銘柄指定を。これは、痛い面も有りましたが致し方ない現状も。
また、お世話になります お姉さんの お誕生日で お花の手配は 出来ておりましたのと 合わせて お誘いも。その理由が 12Lのシャンパーニュの 手配が為されていたようで。12Lと言えば 12,000mlか?正直 シャンパーニュ赤ワインでも 大瓶でも 6,000mlくらいが 僕のカウンターでは 限界かと?ですので 怖いもの見たさで お手伝いにも行きたかったのですが 残念ながら。まま、お客様のお越しなので致し方ないのですが こんな機会は 今後も中々かと。
先日 入荷したポメリーの グラン クリュ'89でも 6,000mlですが 一人では この位が限界かと。案の定 お誕生日とは言え 他のホステスさんからは 苦言も有られたようで。ですが、主役のお姉さんが 望まれて お客様のご依頼ですし まま 有りかと!サービスと 飲み代は大変でしょうかが 華やかには変わらない!祇園のお店にもこんな 豪華なシャンパーニュ タワーがあるべきかと!まま、銘柄は ヴーヴ クリコの 黄色ですが。
ちなみに こちらでは 通常サイズの エルミタージュの白を。生ハム と カルボナーラ は 好相性かと!
Sommelier R.Imamura

2018-08-09 シャンパーニュ ×2

本日のお昼間は 散髪に。そろそろ 限界の段階でしたが 頭も スッキリと。また、それ以上に 散髪後に肩を揉んでいただいたのですが これが 非常に 肩が解れて。凝っていたのでしょうか?こう言った 細かいことも お付き合いが 20年以上続く要因かも?ですが 見習いたい。
で 昨夜の シャンパーニュ
・Jacquesson Extra Brut 739
・Henriot'06
f:id:Budounokura:20180809191246j:image:w360:right
久々の お三方でしたが ご近所の鰻屋さんは どうやら タイムリーなことに 前夜の 厨房機器会社さんとのお付き合いが有られたとは!鰻屋さんのこともおつしゃられておられたので まさかとは?思いましたが やはり 世間は狭いもので。
そして、前夜に続き 今宵も 霊的なお話を。微妙に彼がお坊さんだったとは 知りませんでした。だって本業は 美容師さんなので。本当にそんな事有る?とは 思われましたが 話術も実に重要なファクターかと!
何時もながらのシャンパーニュですが ジャクソン、飲み頃迄は 中々持ちません。使ってしまうから。もっともっと 買うべきですが 動きが読めれば 対応も変わりますが・・・・・。
それでも 非常に上質なメゾンの ビマガーデン流れには 贅沢な。
2本目は ヴィンテージ'06ながらも 一気に その格が世界観を異なるものに 昇華いたします。滑らかな コクが!ですが、そうだなあ お友達価格になってしまう点はなあ?まま 僕も沢山飲んでいるので!ですが、ヴィンテージまでは 必要ないかな?楽しく飲めれば!の メンバーなのかもしれません!そう言った 銘柄も 少し持っておくべきか。
Sommelier R.Imamura