Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2018-06-18 取り敢えずは 無事です

取り敢えずは 無事 営業を させていただいております。
今朝 揺れた後 家族の無事を 確認した後に 何時もながら いそいそと トライアンフで 店舗まで。
早くも 車は つまり気味でしたが やはり 単車は スイスイと。嫌な予感を 持ちながら扉を 開きましたが 今回は やはり 被害が。
いきなりでしたが ディスプレイワイン空き瓶は 床に 転がっており 幾つかは破損しており また 店舗大型ウォークイン ワインセラーは ぱっと見は それほど・・・・・。
ですが、やはり 無理に 立て掛けていた ハーフボトルに。まあ 激しく揺れていたからなあ 自宅の1階でも 中々でしたので おそらくは 5階は さぞ揺れたでしょう。
f:id:Budounokura:20180618204729j:image:w360:right
ハーフボトルの シャトー ムートン ロートシルト'87 に シャトー ディケム'81 シャトー シュデイロー'89の 3本の。
f:id:Budounokura:20180618204809j:image:w360:right
そして レギュラーボトルでは これは 落下していないのに ディスプレイ棚の中で さっくりと。かなりのオールド ヴィンテージですが シャトー デュクル ボーカイユ'39が。ガラス瓶自体の 強度の問題も有るでしょうが これは 希少な1本だったかと・・・・・。
また、先日のお買い上げのギガル の白が 落下ボトルの衝撃に木っ端微塵に。これは 素直に謝るしかないな・・・・・。すみません。
後は ワイン グラスが 少々でした。中には あのワイン漫画の方の 監修のグラスが 2脚とも。こちらは 確認のお電話で リターンがあるようです。
それ以外は 大きな被害は なかったので 良しとしましょう。
その為 取り敢えず 片付けも せずに 帰宅しましたが 線路が 渡れない 事態に 遠回りを余儀なく。可能な限り 普段通りの 生活を!でしたので ジムにも。
ただ、早めの出勤で 京阪も 動き出した頃 から。
4時間程かけて 取り敢えず お客様をお迎え出来る状態です。
まま、今夜は 難しいかもですが よろしければ ご利用いただけましたら 幸いです!
疲れきりました、ですが 大阪の方々も より 大変でしょう。余震も 合わせてご注意下さい!
はあ、実は昨日 若者に 当て逃げされました・・・・・。
ドライブ レコーダーには 写っておりますが 泣き寝入りかな?運気は 下がり気味かと・・・・・。
そそ、土曜日は 新たな出会いのお客様も有りましたが 今後もご縁が有られることを。あの 眼鏡屋さんかあ!20%オフ チケットをいただき ありがとうございます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-16 マグナム×2

本日のお昼間は、変わらず 愛犬のお散歩に。そして、新しい 玩具の 設定を。まま、先日の ジムにて 使用を開始しているのですが アップルの製品には 簡単に ブルートゥースに繋がるのですが 他社製品の スマホには 上手く繋がらない・・・・・。
まま、今回も 少しだけ お値段は 上がりましたが それでも 安価な商品の 完全にコードレスの イヤホンですが。ただねえ、音質は やはりですが 非常に 酷くて・・・・。
で 昨夜の 中々長い晩は
・Chardonnay'16 Michael David
・MeursaultCharmes'04 Hospices de Beaune Cuvee Albert Grivault Albert Bichot 1,500ml
・Berlucchi Cuvee Imperiale Max Rose
・Aloxe Corton Les Suchots'97 Chateau Corton
f:id:Budounokura:20180616194700j:image:w360:right
お恥ずかしながら おっさん年齢の45歳に 何とか なりました。まま、40代に大きな変化は無いのですが お商売の苦戦くらいでしょうかね?まま、そんな中の プチお祝いも ありがとうございます!
糖質を 目一杯摂取いたしましたが 偶には。
赤のカベルネ ソーヴィニヨンは 数本使用いたしましたが 未だ白の この シャルドネは 未テイスティングでしたので。こちらも赤同様 非常にリーズナブルで 濃密な 十分に満足感の有る逸品です。正に グラス アイテムの お利口な1本かと。
途中から 賑やかに7名まで 増えられ ソファーのお席へとの ドクターの面々。女性陣は 華やかな若い方々で お声のトーンは 中々でしたが まま そんな 瞬間も 飲み屋の 有るべき姿でも。やや、ラグジュアリー ホテルのワイン会から流れて来られたマダムには 弊害は 有ったかも?ですが。
アルベール グリヴォーのキュヴェの アルベール ビショーの オスピスの ムルソー シャルム。ややこしい。ですが 素晴らしい マグナムは こんな華やかな機会には ぴったりかと。マグナムだけに やや 若さが残る印象ですが 優雅シャルドネで。
お次は 泡を。シャンパーニュもですが 偶には スプマンテも。シャンパーニュ 方式の デゴルジュも2006年の 少し熟成も。余り深く考えずに 楽しんでいただく 宴たけなわかな?
また、先のワイン会のマダムに 今宵も また別の北海道からのムッシュブルゴーニュの 飲み頃でも有る アロース コルトンを。フロマージュのお土産も 心からありがとうございます。イカパウダー入りですか。まま 色んなテイストも楽しめます。
今年も お越しを感謝し またまたお待ちしております!
そして ワールドカップのテレビは 付きっぱなしでしたが ほぼ 見れていない。有り難いですが 早朝の スペイン ポルトガル戦は 少し寝落ちも有りましたが いきなり 素晴らしい展開で。やはり 奴が遂にか?今夜も フランスも登場します!観戦も 如何でしょうか?
Sommelier R.Imamura

2018-06-15 Mr.T

本日のお昼間も ジムに。昨日の体調不良で 我が家の次男は 朝も グズグズしておりましたので お休みを。ですので、ジム後は 彼の子守りも発生するのですが まま しばしの 楽しい時間です。もう5年生なんですけどね。長男は 早々と 親離れしていっておりましたが。
で 昨夜の 久々の 北海道から
・Cotes du Rhone Blanc'06 E.Guigal
f:id:Budounokura:20180615195516j:image:w360:right
久々のお越しの北海道海老蔵さんは 気が付けば 1年ぶりくらいかな?困ります!もっと思い出していただかなければ!
お茶屋さんから カリフォルニアワイン のあのお店を ハシゴして 辿り着かれた 開幕直前の タイミングで。
テレビは 付けっ放しですが やはり 他のお話に華が咲くのは良いことですので 得点シーンは 見逃すばかりで。
今回は 穏やかめのリクエストでしたので ここ数日でも 活躍のローヌの ちょぴっと熟成を。
正に ブランデー や 蜂蜜の香り華やかなこの ギガル の 裾物ですが 本当に美味しいと 感じていただけるものでも有り ワイン好きの 皆さまも 最新ヴィンテージは 飲まれているでしょうが この くらいの飲み頃のご経験は 余り無いのでは?です。
また、有り難いことでも有るのですが 残りの3本ともに 全てお買い上げにて。ありがとうございます!
これで このキュヴェは 欠品にて。
Sommelier R.Imamura

2018-06-14 お迎えに

本日のお昼間は、何時もながらの愛犬のお散歩をこなして 少し ゆっくりと。ですが 次男の 小学校からの電話に 慌ただしく呼びだされ。
どうやら 体調不良の ようで 給食は 完食ながらも 全部吐いてしまったそうで。15:00頃の出来事ですので まま 夜型の仕事ですが 子供たちとは こう言った関係性でも 接点は 有るもので。
熱はないようなので 日曜日に控えた運動会の練習の追い込みでの疲れも有るのかな?との保健室の先生からは。
今年も リレーの選手に選ばれているようなので 明日の朝には 元気が戻っていれば 良いですが。まま、先程は お菓子を頬張っておりましたので!
で 昨夜も お恥ずかしながら・・・・・
f:id:Budounokura:20180614184444j:image:w360:right
今夜からのワールドカップも 楽しみでのが 静かは 週頭が 戻ってきており。
それにしても 今回は ほぼ 地上波で 試合が見られるような。しかも、時間差の設定で 晩は ぶっ通しの サッカーの 試合に スポーツバーは 鼻息荒い展開かもしれません。
オールド ヴィンテージ ワインバー ですが 可能な限り テレビは おつけしておりましたので ビールでは無く 上質なワインと共に 日本代表も勿論ですが 世界の トップの 試合を ご覧になられませんか?
よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-06-13 ヴィンテージ’06

本日のお昼間も ジムに。約2時間の ノルマは もう 疲労感たっぷりですが 現状維持の為にも 続ける次第で。
そして 我が家の シャルドネは 順調に 実を膨らませておりますが またまた 青虫の糞を発見で。今回は まだまだ 小ぶりの彼でしたが これも駆除成功です。また、期待のシャイン マスカットは 今年は残念ながらです。来年に また トライして!
で 昨夜の やや 酔っ払い
・Cotes du Rhone Blanc'06 E.Guigal
f:id:Budounokura:20180613193915j:image:w360:right
やはり 結果論以外でも 乾しか その可能性を感じられなかった。そんな やや 格下の印象のパラグアイだったからも 有りますが 兎に角良かった。そして 後半終了間際にお越しの 男性陣は。
今宵、お祝いの晩でも有るようでしたが やや 酔われており グダグタの中 お喋りは饒舌で。
昨年末の ラターシュ'86 は 確かに素晴らしく 良き思い出にもしていただけて いれば それはそれで。
また、お若いお二人ですが 大丈夫ですよ 十分頑張られている サラリーかと!ましてや 昇進ですから 今後も!ただ、そうか 残業代が 付かなくなる 役職ですか?致し方ない。個人的には 残業代なんて 貰ったことが無い。
まま、今宵は ローヌの 飲み頃の白にて。それは、南フランスの ご旅行を控えておられるようで。ただなあ、お一人とは 寂しくないかな?そちらも頑張ろう!失礼ながら・・・・。
Sommelier R.Imamura