Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2018-09-19 無題

本日のお昼間は 久々のジムに。
筋トレも そうですが 汗をかきたい 願望も 満たせましたが 自宅では 色々と。言ってはいましたけど 重い腰を動かさないから!きっと こんな事も起こるだろうなぁ?とは 思っていましたが 改めて 何事も任せっきりは いかんなぁと。あまり管理をし過ぎるのも 嫌がられますが 今は何が起こるか解らない時代だけに 解決を しておくべきことは 沢山有るかと。
で やはりの 静かな 連休明けで
大量のワイングラスを 実は洗わずに帰宅してしまっていたので この機会に 漂白剤を 一度使用してからの 洗浄機にて。
個人の店舗としては 比較的多めのワイングラスが グラス棚には 鎮座しております。中には20年以上の古参の強者もおりますが 赤用のグラスの中には 何となく 赤い色素の 沈着も感じられるものも。ですので 機会があれば たまには。
汗だくの グラス拭きあげでしたが 夜も遅くなると エアコンよりも 店舗の窓を開ければ 気持ち良い風が 吹き込みます!
秋の夜長の 熟成したワインを 如何でしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-09-18 ヴィンテージ’05’03’98’74

月曜日の 祝日の お休みを いただきました。
まま、愛犬の 皮膚の不調で 動物病院に行き 終わってしまったような。ですが、比較的過ごし易い秋の ゆっくりとした時間に感謝したい。
で 実はの 日曜日の 臨時営業でしたが
・Charles Ellner Seduction'05
・Bourgogne Aligote'Jean Crotet
・Beane Clos du Roi'74Coron Pere & Fils
・Old Wave Zinfandel'03
f:id:Budounokura:20180918182632j:image:w360:right
前夜のご利用で 明日の予定も ご確認いただき 臨時営業は 決まりました。前日とは言え やはり ご予約を いただけると いつも以上の ご準備と あれこれと 考えることも出来 奥のソファーを 移動して 対面にて。そう考えると 常にご予約をいただける 店舗さんは 羨ましい限りです。
比較的 シンプルな 白黴の チーズを 好まれる お子さん方に ブリーと カマンベール 白黴ブルー の 3種に 旬の シャイン マスカット仕入れ次男さんの ヴィンテージ'05の シャンパーニュクーラーに 氷に浸して。やや 遅れてお越しの展開でしたが 準備万端の。
これもまた 飲み口 柔らかい シャルル エルナーの セダクション。これも また 意味ある 銘柄かと。
ジャン クロテは お持ち出しの シンプルな 熟成の白で そして 前夜からの 流れの コロンの タストヴィナージュは 旦那さんのヴィンテージ。これで 上手いこと コロンの 希少な オールドの ボーヌは リストから消えていきました。こちらも コルクは 砕けてしまいましたが ヴィンテージ'72同様の 繊細な果実の甘みは オールド ヴィンテージにしか出せない味わいです。この世界に はまってしまわれた方は 若いブルゴーニュの 熟しきっていないボトルは 飲まれません!正直 皆さま 若いヴィンテージの段階で 飲み過ぎです!
連夜の ご利用を 心より 感謝いたします!
そして しばしの お待ちで こちらも 連夜にて。
今宵は 1本でしたが こちらは しっかり目の 赤ワインは ジンファンデルにて。ここでも ヴィンテージは'03ですが。
サーファーの オールド ウェーブですが まだまだ 元気ながらも 甘みの熟れ具合は しなやかで ここまで来ると やっと洗練の域に。
三連休の 有り難い 形でしたが 今週も 同様の 流れが欲しいものです!よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura

2018-09-16 ヴィンテージ’08’07’03’87’72

本日のお昼間は 何時も通りの 休日の 運転手を。
そして、今宵は 臨時営業を いたしております!
まま、ご予約が いただけたので お待ちする次第ですが。
よろしければ ご連絡を いただけましたら!075−525−8200です。
で 昨夜の 三連休だなぁ の晩は
・Ruinart Brut'07
・Gevrey Chambertin'87 Joseph Drouhin
・Beane Clos du Roi'74 Coron Pere & Fils
・Bourgogne Haut Cotes de Nuits'08 Jayer Gilles
・Cotes du Rhone Mon Coeur'03J.L.Chave Selection
こちらも 久々でしたが 半年振りくらいかなぁ?の 東京からの。ですが 今回は完全にプライヴェートの ご家族にて。何時もは お仕事関係や あの三つ星シェフなどとも でしたが お初の奥様と 次男くんも。
リュイナールのヴィンテージ'07も やはり ヴィンテージ クラスとなると 泡の細かさは 若くても上質で あっという間の 喉を潤す程度の。
この後の お食事への お持ち出しは 何時もの事ですが 今宵は赤を2本にてヴィンテージ'72は 奥様の。コルクは 失念でしたが 完全に熟れて綺麗に熟成した ピノ ノワールの 淡い儚さは 意味あるノスタルジーかと。
ジュゥレは 完全にお持ち出しでしたので じょうたいは解りませんが コロンの'72同様の タストゥィナージュもので。お勧めの 意味有りです。
2ラウンド目も 今度は 名古屋からの こちらも 久々の ご夫婦で。移転後初のお越しに

2018-09-15 ヴィンテージ’93’81

本日のお昼間は 次男の散髪に。少し伸び過ぎていた感ですが まま おぼこい 纏まりに。それにしても 何時もながら 予約の つまる おそらくは 順調な経営の 散髪屋さんです。
で 昨夜は 久々に 素晴らしいワイン
・Hermitage Blanc'06 E.Guigal
・Aloxe Corton Les Suchots'97 Chateau Corton
・Chateau Mouton Rothschild'93 Pauillac
・Pommard Fremieres'81 Monthelie Douhairet Porcheret
久々の お姉さんのお越しに 追いかけるような 展開の 東京からの アニメプロデューサーさんも。奇遇な展開ですが ご縁も繋がることになられて よろしかったと。
気が付けば ギガル の エルミタージュの白も 使い切る 寸前です。ヴィンテージ'06の 飲み頃も 少しずつ 近づいております。コクのある 濃密な酒質は シャルドネにも食べ負けない上質なもので。
赤も 何だかんだと 飲み込む感じで コルトンを。やや、早めの熟成を経ておりますが 酸の美しい ピノ ノワールの 愛らしさで。
深夜にかけてが ある意味での本番に。
訳あっての ムッシュは 移転後初のお越しに 懐かしさすら。相変わらずの スマートな お姿は 年齢を感じさせませんが 流石の祇園街での 顔の広さは 今宵の ホステスさん お二人とも面識が有られ やはりなあ。そして お好みも 変わられずの 伴われた方はヴィンテージ'93と言うことで。何時もはカリフォルニアですが 今宵は 五大シャトーにて。幼児裸婦のモチーフのムートンですが 本当に しなやかで 柔らかく。こんな 味わいが 偶には ほっこりと。
〆は こちらも 先月のお誕生日の 喧騒から。
ヴィンテージ'81の ブルゴーニュは 大抵が こちらへと。ポルシュレの ポマールの フルミエですが ここはここで 流石の 淡い色調に 熟成した ノスタルジー優美としか 言いようが無い 特別な 伸びやかさ。
週末らしい 素敵な ご利用 ありがとうございます!
Sommelier R.Imamura

2018-09-14 土砂降りか・・・・・

基準値の4倍か。ワインだと 1本半以上らしいですが 7時間でも 解消出来ないとは 知りませんでした。飲酒運転は 立場的にも ご法度ですので 意識は 持っておりますが 個人差はあるとは言え 改めて 気を付けなければいけない 喚起になる動画だったかと。
ドライブレコーダーの 存在もまた 重要ですが 今回も しっかりと映っていたなあ。僕の当て逃げの 動画は 未だ 何のご連絡もありませんが・・・・・。
で 昨夜も 土砂降りに
閑散を 気にしていただいたのか 出前でもどうですかと?とご馳走していただいた顧客に感謝いたします。
そんな流れで いただいたのが 店舗からは 階下に見下ろす ラーメン屋さんですが 開店から 半年位かな?出前をされてる姿がありましたので 一度お願いを。
かなり 濃いスープの濃度でしたが 美味でした。状況によりますが まま 時としてリクエストにもお応えいたします。4:00まで されておられますので。
勿論 うちは ワインバーですが。
よろしくお願い申し上げます。
Sommelier R.Imamura