Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2017-07-28 無題の月末

もう異常だな。夕立の降る前は 非常に涼しい風が吹き 自宅の庭は 一時の快適に。ですが、身支度をしている間に 激しすぎる雨脚に 中々出勤が出来ないタイミングでしたが まま20分もすれば 夏の天気は移り気で。
傘は必要ながらも 祇園に着くと 今度は 異常なほどの湿度の高さに 息苦しささえも・・・・・。懸案のワインセラー什器などには 恵みの雨なのですが 人間には 実際はどうかな?
f:id:Budounokura:20170728190732j:image:w360:right
そして 店舗から見下ろす 東大路四条の交差点では 7月の最終を感じさせる 祇園祭の最後の行事の準備が為されております。雨が止んで良かったね。
で 昨夜の僕のカウンターは 完全にデスクワークに
月末になり 本当に動きが緩慢なようで。
もう ひと頑張りさせていただきたいのですが 中々 ですね。
ちなみに 日曜日は 大掛かりな店舗の大型ウォークインワインセラーの動力の追加を行います。まだ 2年だろう!ですが 最初の公算が甘かったですね。
将来的なことも見越して更に 信頼度の高いシステムを導入予定ですが その分 若干のワインのスペースが減ってしまいます。その為の ワインの移動も土曜日には予定しており。最終の日曜日ですので 次男と相変わらずのダイレクトメールのポスティングも予定しておりますが 合わせて 作業の立会も兼ねながら。日曜も 暑い1日になりそうですが・・・・・・。
Sommelier R.Imamura

2017-07-27 カリフォルニアは’13も

本日のお昼間は、デスクワークと言いますか。
月末が迫り 資金繰りは有り変わらずですが クレジットカード会社を経由する銀行口座は これも当然のように ネットにての対応を迫られます・・・・。
しかも致し方ないかもしれませんが 半年に1度はパスワードの変更を求められ しかも ある日突然のように 強制的に変更を。しかも、中々認証が下りず 厳しきセキュリティは 解るのですが。
まま、何とか間に合いましたが 口座は変わらずすっからかんだな・・・・・。
合わせて 健康診断の予約を やっとやっと 致しましたが 1年半ぶりになってしまいます。しかも10月の後半ですので やはり 早目の対応が必要だったなと。
で 昨夜のカリフォルニア
・Cabernet Sauvignon’13 Sequoia Grove Napa Valley
f:id:Budounokura:20170727192042j:image:w360:right
基本的には 飲み頃を意識していただける ヴィンテージを 取り揃えて お勧めする次第なのですが しっかりめの赤ワインをリクエストいただく場合は やや安直な部分としてもカリフォルニアカベルネ・ソーヴィニヨンを抜栓させていただく機会も。勿論、ボトルのリストの中は カリフォルニアでも’80’90年代のものが中心にもなるのですが シーンに応じては こう言った極端に若いものも。勿論、飲み口の滑らかさが 理解出来る範囲の銘柄に限られるのですが。ストレートな味わいとしては 解り易さとしても このセコイア・グローヴは 折を見ては仕入れ続けるもので ’80年代から色々とテイスティングさせていただく優良銘柄でもあります。
まま、ただただ やや安直な仕入れ状況や 露出のものであるので 有る意味僕のカウンターでは 立ち位置は 色々かと。
Sommelier R.Imamura

2017-07-26 ヴィンテージ’88

本日の夕方には 日曜日の大掛かりな作業の打ち合わせが。限られたスペースのテナントビルですので プロの方々の 色々な経験が 生かされる訳ですが 最終的にはお任せするしかないので。懸案の解決に至ることを心より。
で 昨夜のワインラヴァーは
・Volnay’88 Jean−Marc Bourey
比較的遅めのお時間ではありましたが、お連れのマダムのご予定が有られたようで。意外な感じの お連れの方ではありましたが まま ワイン好きへの階段を押し上げていただく 機会にも為られるかと。
切っ掛けは色々ですが、何となく思い出すワイン談義の方でしたが DRCのアソートの中から数本を分けていただかれたそうで 数年前ながらも ロマネ・コンティも含めた’01ヴィンテージを数本だそうで ¥60万でしたら まま今ではお安くも感じられます。まま、それでも普通ではないですが。
そんなお話もありましたが ワインはヴォルネイのオールドを。意外に やや硬さを感じるとのコメントもありましたが そうですね コルクの感じではオリジナルの様子ですが 30年の時を経ても未だに 酒質はしっかりと。香りの感覚では 僕的には 十分の熟成感ですが その思いはそれぞれなので。
それでも まま 2000年代のブルゴーニュとは勿論比較にならない また別のボトルになります。
またまたのご縁が有られることを。
Sommelier R.Imamura

2017-07-25 ヴィンテージ’11’04’00

大阪は本日が天神祭か。出勤時は 夕立に襲われましたが 常に仕事用の鞄には折り畳みの傘が。毎度のことながら 店舗のビルの玄関は 雨宿りの観光の外国の方々が。まま、一時ですが 旅行中の雨は中々大変でしょう。
で 昨夜の まま 色々は
・Chablis Vaillons’04 William Fevre
・Nuits St Georges’00 Louis Latour
・Foissy Joly Cuvee Coup de Coeur
f:id:Budounokura:20170725200832j:image:w360:right
祇園祭の後祭りの晩で。御傘を忘れておられ 引き取りにのマダムのご利用で このマダムは 神輿洗いから この晩も含めて2度の 祇園祭をお楽しみいただけた ラッキーな方で。勿論、お供の男性も また幸運の晩でも有ったかと。
ただただ、1杯のみで帰路につかれたマダムがなあ・・・・。相変わらずと言ったら失礼ですが やはりお人は変わられないな 有る意味でも忘れられない方だけに。ポジティブにはなれない そんな気持ちですが まま前向きに 結局 ボトル2本を空けていただく結果の後押しのグラス1杯ぶんだと考えれば 良しとしよう。
祇園祭の 御神輿の それほどのご興味は皆様は有られないかもしれませんが 1度くらいはご覧になられるのも悪くないような?エアコンの効いた階上から神様の先導役をご覧になられる機会も 僕がこの店舗をお借りしている間に 如何でしょうか?です。
爽やかさもですが 十分にコクを持つシャブリのプルミエ・クリュになると ヴィンテージの熟成感も含めて じっくりと飲み込みたくなるのも 理解出来ます。そのごの ワインのアテに ハム関係が のりますと やはり赤まで。
しなやかで バランスが取れ始めた ルイ・ラトゥールの ニュイ・サン・ジョルジュも 豚肉のスペアリブの トマト煮込みを今朝仕込んできていて正解でした。
土用の丑の日は 何時もお休みをとられます。100年以上続かれる鰻屋さんですが 供養の日に為るそうです。勿論 それでも この前日までに 半月分のお仕事をされるそうですが。事ある事に 思い出していただき 有難く思います。
何時もながらのシャンパーニュですが ヴィンテージ’11は初めて飲み込んだ。流石のヴィンテージシャンパーニュは 若いながらも その酒質は密度の高い 甘みが。まま、ハートの添えられたキュヴェですが おっさん二人では 残念ではあるものの まま これはこれで。
こちらには パスタを200gの こちらもスパアリブのトマトソースを使用しましたが やはりお料理人さんは 沢山食されるところが 有る意味での信頼でも有るかと。
結局、テタンジェのハーフも飲みこんでいただけ。本日は ゆっくりとお休みください!またまた、心より。
Sommelier R.Imamura

2017-07-24 無題の週末・・・・

休日は相変わらずですが 愛犬の散髪の時間の関係で 比較的早い行動が可能になり 夕方には次男とキャッチボールなんかも出来ました。その後は伏見稲荷は お祭りでしたが 我が家では 少し将棋ブームです。次男が まだまだですが 負けず嫌いなのは 素晴らしいですが 角・飛車くらいは抜いてあげたいのですが どうも 拘りが有るようで。
で 先週末の土曜日なのですが 待ち人は・・・・
お問い合わせのお電話はあるのですが 切り替えてお待ちしておりましたが。まま、ご連絡は 最低限ではありますが 有難いです。偶に ご連絡すらの方もおられるので 残念な思いも募るのですが・・・・・。
もう 飲めない!の晩も有られるかもしれませんが 致し方ないのも理解は出来ます。でもなあ、まだ 中盤のお時間でしたし 特別なヴィンテージワインを 偶には如何でしょうか?です。
ですので 来月のダイレクトメールの手配が ほぼほぼ。
f:id:Budounokura:20170724202723j:image:w360:right
8月のご準備も ちゃくちゃくですが 7月の最終の 皆様のお越しを心よりお待ちいたします!
Sommelier R.Imamura