Hatena::ブログ(Diary)

祇園のワインバー「ぶどうの蔵」のつぶやき

2017-09-20 ヴィンテージ’03’02’99’96’71

本日の夕方に 次男がやっと帰宅を。あっけらかんとは しておりましたが 無事帰宅したことだけで安堵です。
そして 出勤後は これまたなのですが 久々のクレームが。うーん、ですが ご連絡がいただけたことに関してポジティブに考えよう。難しい結論をださなければいけないかもしれませんが 世知辛い世の中だからな・・・・・。
で 昨夜の まま
・Pommard’71 Jean Michelot

・Savigny Les Beaune’99 Antonin Rodet
・Cabernet Sauvignon’14 J.Lohr
・Il Carbonaiore’02 Podere Poggio Scalette
・Graves’03 Primo Palatium Bordeaux
・Brunello di Montalcino Pian delle Vigne’96 Antinori
f:id:Budounokura:20170920200055j:image:w360:right

何事も問題はなかった 今宵も東京からの男性陣は またもやのリコルク物のブルゴーニュのオールドを。前回のベルナール・ドラグランジュ’78の 賛否は有りますが その価格でご理解はいただけていたようで。
今回は、お選びいただいた銘柄は前回の倍くらいではあるのですが このジャン・、ミシュロはリコルク物でも おそらくは若いワインを足していないであろうの優良な造り手の印象ですので 液面のレベルよりも そのボトルを透ける 色調で 期待を。勿論、以前のテイスティングでもその味わいの 熟成感は解っておりましたので。ヴィンテージの 出来の良さもまた 当然ながらの’71ですが。来週もお待ちしております!

さて、21:00前から 深夜2:00くらいまでの ご利用で 後半は特にご一緒に飲ませていただく形で 気持ちよく お見送りをさせていただいたのですが。
計5本のグラス・ワイン対応ですが、結局 カリフォルニアだけは 半分くらいですが ブルゴーニュトスカーナは 8割は残っていたもので ボルドーとブルネロは抜栓させていただいたもの。ですので 最初のシャンパーニュのグラスも合わせると まま 気持ち良い飲みっぷりの。
お料理も 鴨ロースのバルサミコソースに ホワイトアスパラソテー生ハム添え、豚肉のスペアリブトマトソース煮込み 牛ほほ肉の赤ワイン煮、フロマージュの盛り合わせに ナッツ と これもまた そこそこ お楽しみいただけたかな?
会話も 際どい内容もありましたが 非常に個人的には楽しくで。
まあなあ、ご予算はそれぞれなのですが であれば僕にも設定も有りますので。
可能な限りの対応は心掛けますが。
微妙ではありますが・・・・・。
Sommelier R.Imamura

2017-09-19 ヴィンテージ’95’88’87

連休をいただきました。次男が 月曜日からお泊りの林間学校にいってしまい 2泊ではありますが やや寂しさも。基本、次男と お犬様は 何時も密着マークをされているので 休日だと特に やや・・・・。
まま、明日には帰宅予定なので 元気に帰ってきてくれれば 良いのですが。
で 先週末の やはり このドクターには頭がさがります
・Nytimber Classic Cuvee’95
・Echezeaux’87 Des Perdorix
・Barbaresco’88 Gaja
f:id:Budounokura:20170919192640j:image:w360:right
前半に ワインのお持ちだしの 引き取りにお越しのドクターは 少しだけシャンパーニュを。ランソンのブラック・ラベルですが 例のウィンブルドンの保冷ジャケットを纏った奴ですが もっと冷やしておくべきだった・・・・。
そして、考えていたクロ・ド・ゴワセの’99でしたが どうやら’98を あの大阪のお店で先日飲み込まれたようで。ですので ブリティッシュ・スパークリングのナイティンバーの やや熟成した’95のクラシック・キュヴェを。そして 赤は 来月のフライングですが ペルドリのエシェゾーを。’87となると また興味深いもので。七条のレストランへと運ばれましたが 相変わらず 色々なお店へと 発掘が尽きませせん。
そして その後のお戻りにてのガヤのバルバレスコ’88を。微妙に先日の書き込みで’83を飲み込まれていたので その流れかな?でしたが 余り関係ないようで。おそらくは’83よりは やはり飲み頃が やや早い印象ですが こう言ったイタリアの特別な銘柄をご堪能される お連れの セレブなマダム達は 流石に幸運かと。
流れで お産まれ年の 告白さえ為されれば 手持ちが有れば抜栓が言われましたが マダムの口から告げられることが 無かったので・・・・・。
うーん、’50年代後半まで言われていたのに 厳密な数字が述べられないなんて・・・・。女心はそんなものでしょうか?経営的にと行ってしまうと 申し訳ないですが 非常に残念です。
またまた、次回は 何とかお伝えいただければ 嬉しく思います。
Sommelier R.Imamura

2017-09-16 ヴィンテージ’03’96

本日のお昼間は、明日の予定を無くすために 運転手を。明日はお互いに 台風の影響を受けたくないので。慌ただしく 移動を繰り返すのですが それにしても 伏見稲荷の街道沿いは もう少し交通整理をしなければいけないな!
で 昨夜の東京からの
・Marsannay’96 Bruno Clair
・Graves’03 Primo Palatum
f:id:Budounokura:20170916191907j:image:w360:right
今回は、ご連絡がなかったので 驚きながらも でしたが タイム・スケジュールが 叶わないと仕方がないとも思われますが。
今回もアニメ関係のイベントの お仕事絡みですが 台風の影響がこちらにも気掛かりですね。トラブルが無ければ良いのですが。
ワインは 軽やかなブルゴーニュから。ブルゴーニュ最北部のマルサネですが このボトルは開ける度に印象が変わり 以前は やや進み気味かな?とも思っておりましたが やはり ワイン自体のバイオリズムは 動きが色々と。
やや 甘酸っぱい要素ながらも 非常にチャーミングなスタイルに 改めて印象を良くし。
僕も含めての4人であれば やはり足りない酒量ですので もう1本を。ボルドーに流れますが 丁度良い バランスのプリモラティウム。難しく考えずに あっけらかんと 熟度の郄い 熟れた’03は今宵の流れには違和感など微塵も。僕には余り良くは解らない業界の皆さんですが 変わらず おたくの皆さんに夢を与えるお仕事を!
またまたお待ちしております。
Sommelier R.Imamura

2017-09-15 ヴィンテージ’91

帰宅すると ミサイルの。大人も よく解らない問題かもしれませんが 子供たちは何時も通りですが 微妙な質問があれば どのように応えるべきか 悩ましい問題かと。色々なルーツを持つ方も日本にはおられるでしょうから。ましてや伏見は多そうな気がするし・・・・・。
で 昨夜の 若社長の皆さんは
・Bourgogne Pinot Noir’91 Lecheneaut Fernand et Fils
f:id:Budounokura:20170915193717j:image:w360:right
カープ応援をしておりました。前半は・・・・。
金本さんも 昨夜くらいは負けてくれても?と勝手に思っておりましたが まま それでも 郷里のチームが連覇は嬉しいものです。でも 日本一にはなれるかな?
久々の若社長さんがたが お越しに為られたのは 深夜2:00前で。待ち人のお姉さんは 結局お一人でしたが まだまだ お若いお姉さん方には 認知度は低すぎるでしょうが このような男性陣の存在が お連れいただくことを心よりお願いしたいものです。
最後の手持ちの1本だったかと?のレシュノーの ACながらも’91の飲み頃のピノ・ノワール どうやら1年越しで 使い切ったようです。そんな意味でも大切に使い切った お利口な銘柄だったような。
深夜のパスタと 生ハムに紫煙まで あげられたので 若いとは言えお疲れが出られるかと ですが 今宵の〆の1杯には 熟成した 上質な逸品をお楽しみいただくべく方々かと思います。
台風の影響の週末かと思いますが 週末の貴重なお時間の少しを祇園町の角から眺めながら如何でしょうか?よろしくお願いいたします。
Sommelier R.Imamura

2017-09-14 WIMBLEDON?

本日のお昼間は、ゆっくりと お犬様のお散歩に。その後は、台風前にトライアンフにも。風も気持ち良い季節で 週末は特に皆さんドライブやツーリングなどにも出られているようですが。
ちなみに 今日は久々に 何時もとは異なるジェットヘルメットを。バイクも’66ですが ヘルメットも多分’80’70年代のものかと?ですが 気分転換に風がしっかりと顔にも当たるデザインのものに。ワイン同様ですが こんなヘルメットにも ヴィンテージ市場があるようで 中々の中古品も高値で推移するものも。まま僕のは ほどほどですが・・・・。
で 昨夜も 寂しくですが 衝動買い
・Lanson Black Label Brut NV
f:id:Budounokura:20170912185627j:image:w360:right
そうそう、昨夜はどうやら 向かいのビルの吉本さんのお隣のマハラジャさんが再オープンだったようです。早い時間に 行列が出来ていたので あれ?と眺めたのですが。何かの流れが有ると 嬉しいのですが・・・・。
個人的には 正直 好みのメゾンではないのは 本音ですが ヴィンテージや ノーブル・キュヴェなどになると 流石の味わいになるのは 有る意味贅沢かと。
ですが 今回はNVなのです しかも通常のブラック・ラベルですので 基本的には仕入れることはないのですが。
ですが、可愛い保冷バックを被っているのです。まま、付属品のようなものですが ブラック・ラベルですが 黄色のテニスボール使用で。ご丁寧にウィンブルドンの公式のもののようで ライセンス入りですが その保冷効果は 未知数ではあります。ご丁寧にジッパー部分の持ち手はテニスボールで。
その分 やや割高の様相ではありましたが またまた 無駄使いかな・・・・。
Sommelier R.Imamura