Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1903017
 

2017-12-29

Europedia2017-12-29

[]秋のウィーン・プラハ18日間の旅 その5

今回の旅のレポートの最終回として、ウィーンから日帰りで訪れたスロヴァキアの首都ブラティスラヴァへの列車と印象深いドナウの船旅について書いておきたい。

 ブラティスラヴァを最初に訪れたのは1978年11月のこと。その時は、ウィーンからブラティスラヴァへ列車で入り、そこから夜行列車でプラハへ行き2泊ほどした後、最終目的地ワルシャワに向かうというものだった。オーストリアから当時のチェコ・スロヴァキアに入国するときの国境検査が異常に厳しかったことを覚えている。

 その反面、ブラティスラヴァ城からの帰り道、夕食を終えた若い修道士の一団が堂々と公道を行進して宿舎に戻る姿も目撃し、冷戦時代の社会主義国の複雑な内情も垣間見ることができた。

その後もスロヴァキアがEUに加盟してから2度ほど訪れたが、いずれも陸路の往復だった。今回は、ウィーン市観光局で手にした日帰りツアーのパンフレットに紹介されていた、復路のドナウの船旅と往路の列車の旅を組み合わせてみた。

日帰りの旅は10月24日(火)に行った。この日にしたのは航路を双胴船(カタマラン)で運航するTwin City Liner https://www.twincityliner.com/が60歳以上を対象にSuper Tuesday50%割引を実施していたからだ。

ブラティスラヴァからウィーンまで遡行する片道料金は座席指定料も含め€19.3。展望の良い最前列中央の席を1週間前に予約することが出来た。

往路は、オーストリア連邦鉄道が発行しているBratisloverというシャレタ名前のブラティスラヴァ市内交通乗り放題(€3.50 相当)付きの往復パス(€16)を利用し、復路は権利放棄した。片道料金でも€14なのでパス利用の方が有利だった。

ウィーン中央駅10:16発の列車に乗って、ブラティスラヴァ中央駅には11:23着。約70kmの距離を所要1時間7分で着いた。

中央駅からはトロリーバスで5分ほどで街の中心へ。城壁内の旧市街を散策しながら、ブラティスラヴァ城へ歩いて登り、ドナウの眺めを満喫してから城内を見学。

城から公園内を通って再び旧市街に降り、市の観光インフォメーションへ。日本語の旧市街ガイドブックを買ったついでに、カウンターで市場の場所を聞いたら、「とっくに閉鎖されて、その代わりにショッピング・センターが出来ている」とのこと。ショッピング・センター地下のスーパーTescoでハンガリー産のパプリカ粉やサフラン、グラーシュの素などを大量に買い込む。今回は、ハンガリーまで買い出しに行けないので、ハンガリー系の人が多く住むブラティスラヴァで買い込むことにした。

 買い物の後、歩いて7分ほどのところにあるアール・ヌーヴォー様式の聖エリザベート教会(通称青の教会)を見物。その後、再び旧市街に戻り、緑地に沿ったプロムナードとなっているフヴィエズドスラヴォヴォ広場とその周辺を歩く。

15:15頃には、船着き場に行き、ラウンジでコーヒーを飲みながら乗船時刻までドナウの流れを眺めながら過ごす。

 15:50に乗船し、16:05分に出航。ブラティスラヴァ城やナポレオンに攻め落とされたまま廃虚になっているディーン城などを眺めているうちに、オーストリア領のドナウ自然保護区に入る。驚いたことに1990年4月にウィーンからブダペストまで川下りをしたときと風景がほとんど変わっていなかった。90年に見かけた、野生の鹿の群れこそ見なかったが、水鳥の多さも昔のままだった。

ウィーンに近づくにつれて、川沿いに立つウィークエンドハウス(Kleingarten)http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050107が目立ってくる。昔通りに、大木の枝の上に小屋がけをしたり、船をかたどったり、仕掛け網を河面に巻き上げたりと遊び心溢れる小屋が並んでいた。

船は、ドナウ本流からドナウ運河に入り、ホテルからも近いシュヴェーデンプラッツの船着き場に定刻より17分遅れの17:47に到着。

 ホテルに戻って、ひと休みする間もなく楽友協会で19:30から始まるTonkünstler-Orchester NiederösterreichのMahler Symphonie No.7 e-Moll を鑑賞。演奏会の後は、楽友協会から歩いて10分ほどにあるヴェトナム料理店Saigon http://www.saigon.at/home.php?lc=enで、シュリンプサラダ(€5.9)と牛肉入りライスヌードル炒め(€13.5)を、グリューナー・フェルトリーナーの白ワインで食す。

f:id:Europedia:20171024195152j:imagef:id:Europedia:20171024191738j:imagef:id:Europedia:20171024191718j:image

f:id:Europedia:20171024215546j:imagef:id:Europedia:20171024212002j:imagef:id:Europedia:20171024194659j:image

f:id:Europedia:20171024232049j:imagef:id:Europedia:20171024223542j:imagef:id:Europedia:20171025002105j:image

f:id:Europedia:20171024232119j:imagef:id:Europedia:20171024222725j:imagef:id:Europedia:20171025043608j:image

当欄関連過去記事:

「ドナウ河の旅に役立つホームページhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050913

ドナウ ある川の伝記

ドナウ ある川の伝記

ドナウ河―流域の文学と文化

ドナウ河―流域の文学と文化

Danube Bike Trail 3 Vienna - Budapest 2017

Danube Bike Trail 3 Vienna - Budapest 2017

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ