スマートフォン用の表示で見る

ブダペスト

地理

ブダペスト

ぶたぺすと

Budapest

ハンガリー首都。人口170万人を超える中欧屈指の大都市ドナウ真珠と称えられる。ブダペシュトとも呼ばれる。

起源はローマ植民市アクインクム(およびその対岸のContra Aquincum )。ローマ時代は属州パンノニアの中心として栄えた。

その後、ヴァンダル、スラブアヴァールマジャールと諸民族が相次いでやってきた。最終的にマジャール人たちが西岸にブダ、東岸にペスト(ペシュト)という町を作って定住した。

1241年にモンゴル軍の襲来を受け、都市は大被害を受ける。1247年にハンガリー王ベラ4世がブダを従来よりも南側の場所に再建し、それまでのブダはオーブダ(旧ブダ)と呼ばれるようになった。

1361年にブダはハンガリー王国の首都となり、ドナウ河畔の交通の要衝であることなどから大いに栄えた。16世紀に、オスマンの侵入と支配を受けるが、1686年にオーストリアの支配下となった。

1872年には西岸と東岸が合併してブダペスト市となった。その後の発展もめざましく、例えば1896年にはヨーロッパ大陸初となる地下鉄が開通している。