芥川龍之介

芥川龍之介

(読書)
あくたがわりゅうのすけ

1892(明治25)-1927(昭和2)年。小説家。東京生まれ。旧姓新原。東京帝国大学英文科卒業。

幼い頃から病弱・神経質で、泉鏡花や滝沢馬琴などの江戸の文学、「西遊記」「水滸伝」などを愛読。美術や工芸などにも興味を示した。中学時代から抜群の秀才として知られ、東京帝大在学中に菊池寛らと同人誌、第三次・第四次『新思潮』を創刊。1915年に第四次『新思潮』に載った「鼻」が夏目漱石に激賞され、新進作家として華々しくデビューした。
1927年7月24日、自殺。その命日は晩年の作品名にちなみ、河童忌と呼ばれる。

※岩波文庫では新字体使用のため「芥川竜之介」という表記が用いられている。

代表作

1915年 羅生門(1950年に映画化)
1918年 蜘蛛の糸
1927年 或阿呆の一生

羅生門 蜘蛛の糸 (日本の童話名作選)

ネットの話題: 芥川龍之介

人気

新着

新着ブログ: 芥川龍之介