或阿呆の一生

読書

或阿呆の一生

あるあほうのいっしょう

1927年に発見された芥川龍之介の遺稿。

ちまたでは自伝、遺書ともいわれている。