スマートフォン用の表示で見る

社会主義国

社会

社会主義国

しゃかいしゅぎこく

社会主義を国是とする国家。単に社会主義政党政権を握っている国はこう呼ばないのが通例である。

政治的にはプロレタリアート独裁制を採用して、共産党またはそれに類する政党による一党支配が行われていることが通例であり、「自由」よりも「平等」を指向し、(市場経済に対する)社会主義経済を実施。私企業を部分的に許可する場合も多いが、基本的には国営企業(公営セクター)が経済の主要部分を掌握する*1


冷戦期には「東側」などとも呼ばれ*2一定の勢力を有していたが、ペレストロイカグラスノスチの論理的帰結としての東欧民主化の流れから社会主義を放棄する国家が続出、現在では少数の国家でのみ保持されている。

国名に「人民」とか「民主共和国」とか「社会主義」といった文字が含まれていたことが特徴か。

*1:なお、かつての日本が自民党一党優位の下に、累進課税春闘等による「一億総中流」という形での平等を指向し、いわゆる「行政指導」などの言葉に体現される官僚統制の存在といった特徴をもって、揶揄的に(もしくは本心から)日本を社会主義国(もしくは共産主義国)と呼んでいた人もいた。

*2:厳密には社会主義国=東側ではないですが

*3:西側諸国はソ連によって樹立された政権は最後まで正統とは見なしませんでしたが

*4南イエメン