Step by Step

2011-06-28

「Rewrite」此花ルチアルート プレイメモ

| 00:47

プレイ中に手許の紙に書き残していたメモを活字に出力しただけ。
作中の事実と個人の感想が混在している。
私以外の人間には何ら価値がないと思われる。
当然ネタバレを含む。続きは格納。



11/06/25プレイ分
「人生の綱渡り」 by誰だか アバンタイトル
《感》主人公の独白がやたらと今の私のアレと重なる感。
楽曲製作に井内舞子が参加。
十二支時計の意味とは?
友達108人出来るかなゲームェェェ…(コンプ要素)
KEY DoCoDoCo
瑚太郎は本物のカブトムシを知らない(一匹も見つけられなかった)
動物も虫もいない空っぽの世界、森。
徒歩30分。亜熱帯かと思うほど高い気温。
「キレイな森はどこか歪に感じられた」
猫は居た。猪も
もす。大型犬くらいのサイズ。
神戸小鳥は学校を休みがち?
両手をにぎにぎと開閉しながら母親の後を追う「おやすみ〜」
切断音嫌い。小銭が好き。1000万円の貯金箱。500円玉用。ドラム缶くらいのサイズ。
薄絹の束のようなもの
田村さん(小学六年生)
《感》これ、マッピーは全部踏み殺す感じでいいんだよね…
小鳥の森と、1枚目の学校のマッピーに踏み残しがあるかも。
小林(二年男子)→「序盤に」を多用するため瑚太郎から「ジョバンニ」のあだ名を授かる
《感》マッピーの隠しイベントシステムとか、完璧主義者殺しなものを考え付くなよ…。
《感》呼称表って、こんなに作るの面倒だったのか。
《感》綺麗な学校だ、が第一印象。
「何の」2年生か。
吉野のCG。H・Yと椅子に。
30cmの戸の隙間。尻。
《感》つぶれた声で正統派ヒロインらしくない、と最初思ったけれど、その違和感も段々なくなって来た。むしろ癒される声としゃべり方。破壊力あるなーこの娘。
キュイジーヌ(高級弁当屋)、パリ風サンドイッチ弁当、落としたので猫にやる。
町を囲う山
《感》ちはやの声が予想より相当幼い…というより幼すぎないか。ヤバい。素で可愛い。
ピンク、さくらんぼ
《感》相手が困っている時に余裕のある側が2つの選択肢をもてあそんで、最悪から準最悪の選択肢を自ら口にさせるとか、とってもエロいやり口だと思う訳ですよ。
《感》赤面ちはやが可愛い過ぎる。ロリVoice+赤面+ドジ、って凄いなぁ。
『学生時代を通して帰宅部に所属し、おうちに帰ることの大切さを学びました』
瑚太郎、つられて帰宅部
《感》制服のフリルのせいで、どの娘も結構ふくれて見える。「小柄」という設定が分かりづらかったのはそのためか。
吉野ボーカルのゲリラライヴ
"初対面なのにどこか懐かしく感じる今どきの男"
小鳥は緑の瞳
《感》ちはやは敬語キャラ可愛い。
でかいコンクリの施設が火事で焼けて焼失→緑化(何か事件との関連か?)
"ちはやの制服はしばらくそのままだがあまり突っ込まないように"
「嫌いですか?この町」「…さあ、どうだろう」→CLANNADを想起
《感》八重歯みーっけた。
《感》手を引いたら赤面して言葉に詰まるとか、王道にして反則。
「じゃ、じゃあ手首なら…」
新聞部の井上
マスゴミ
「魔女」千里朱音
灰色少年」天王寺瑚太郎
「メシヤ」二年、田沼今日子、メシヤ疑惑アリ、箝口令医療関係者
「シザーガール」一年、心斎橋ひとみ、一年留年?、運動できるのに運動部は要らず、9月1日に理由の説明なく転校
瑚太郎、井上のメモを見て自分の過去がまだ知られていないことに安堵(追記:過去、とは何か。小鳥ルートで明らかになる?)
ざりがににしないで(置き去りにしないで、の意)
《感》小鳥の悪戯っぽい顔は好きだ。そして、何度でも言うけど千和さんの声は素敵。
小鳥の家のキンピラは唐辛子たっぷり。
鈴木、鈴木A、鈴木B、須々木(後の3人は一年、須々木のみ女子)
『RITUAL MAGIC 第47号』
『奥付:アストラル界二丁目三番地十五号神殿の首領様方ソロール・ソーラン』
《感》包容力というか、マズい所も全部見られてるから気負う必要がない所とか、阿吽の呼吸でやっていける所とか、同種の記憶の共有とか、正しく模範的な幼馴染。
両親は仕事の都合で何週間も不在
この日、深夜に篝の気配
10/06
静流は、瑚太郎の肩までもない背丈
笛を洗ってから手渡す
フーキーン
《感》意外と声がロリくない。葉留佳っぽい?
スリーサイズが分からない。
"とことこと"ついてくる。
静流のアテレコを楽しむ
《感》ちょっと待て。この娘があのバトルをやたかす、って相当違和感。
さんまの蒲焼
《感》ジュースパックが出て来たら女の子で遊ぶのはKeyの伝統なのか…。
《感》小鳥、あるいはちはやに嫉妬する静流とか見てみたい。
《感》食事中CG。ヤバい、この娘の笑顔のためなら何でもしてしまうなぁ俺は。今度から何かの記念日にはさんまの蒲焼でも食うか。
《感》ちはやは普通に照れて見せる所がよろしい。
植木鉢の落下。普段よりも高速で十二支時計が回転。
竜里町
犬から逃げる(→寅)
《感》やっぱりこの時計、一周廻ってしまうと死ぬのかなぁ…。
父母、実験のため戻れず
瑚太郎のベランダは、小鳥の趣味ガーデンになっている。
おトイレとかお便所とか(後ほど)ご不浄とか、瑚太郎には小鳥は平然と口にするのか。
《感》英→和の発音付き演出楽しい。
標準型88式暴力委員長
《感》ルチアの声と固有BGMにすごく違和感。
《感》あ、この娘も八重歯持ちか。
《感》あぁ、キャラを勝手に勘違いしてた。もっと清楚、というか、大人しい子だと思っていた。
淡古印
《感》ちはやの「瑚太郎」という呼称が耳に心地よい。
2−A → 1−C → 3−B → 渡り廊下に → 部室
カザマッリー・フライドチキンKFC)マスコットは軍曹。サージェント・サンダース
《感》朱音、超普通の人じゃないかぁぁぁぁぁ
二次大戦ものか、現代戦が好み(FPS
《表現》「姿やイメージが本質と剥離していることは珍しいことではない」
水木定義とは?
《感》朱音の声、思ったより好きになりそうな感じ。神秘的なイメージ。ゆかなっぽい、と言うと少し語弊があるけれど。あと、正面から見た時の目が可愛い。
金星パワーは恋愛祈願
式神「けいこ」「さぶろう」「ともこ」
クドわふカーのオークションの時に、都乃河さんが質問欄で答えてた「イソゲルゲ」ってこれのことか…。
静流「前に居たところは、こんなに色んな声は聞こえなかった」
おとなばかり、若い人や子供はいない。鳥の声しかしなかった。
おじーちゃんの家
"静流ちゃんエナジー" by西九条灯花
静流と西九条は同時にこの学校に入ってきた。彼女に対してのみ、静流は大人びている…??この2人の間には何かあるのか。
《感》チャイムの効果音くらいケチらずに全部鳴らせよ…。
制服は桃色に見えるが、設定上では"純白"らしい(カレーうどんの下りで判明)。
《感》ルチアのBGMの入りが「Staple Staple」っぽい。
シャイニングフィスト。
《感》しかし、生理の話題を真っ向から女性に振るか。
IFF(識別装置)?
2人の神秘主義者(魔術師
アレイスター・クロウリー「魔術とは、意思に従い変化をもたらす業(わざ)である」
ダイアン・フォーチュン「魔術とは、意識を改革することである」
朱音「おまえが外界干渉者なのか、それとも自己改革者なのかが」
世界を変える方向の資質?自己を強める方向の資質?
「つきあってから好きになる方が、間口が広がるじゃないですか」「そういう考え方の持ち主で、(アンケートの)あの回答なの?」
(追記)恐らくルチアは外界干渉者。静流はどちらかというと自己改革者で、ちはやも自己改革者だと思われる。ルート分岐に影響するだろう。すると、朱音は外界干渉者か。
10/09
《感》千和さん効果なのか、小鳥は台詞の一つ一つに可愛らしさがある。
《感》指を立てたポーズとか、小鳥は小毬とイメージが重なる部分が多々ある。いたるさんは当初、小鳥には「小鞠」という名前を付けようとしていたというし、イメージとして2人の間には共通している部分もあるのだろう。
《感》「友達もおらず浮いている」小鳥がルチアと普通、というよりも結構流暢に会話が出来ていることに若干の違和感。
月刊テラ編集部安西
部室を自由に使っていい、と言われた時の小鳥の尻尾(尻にある方)
風祭学院の前身はとある女子校
居場所を自分で構築する
《感》オカ研部室での夫婦漫才。もうこの二人、結婚しちまえよ…。
10/10
この日の時点で、小鳥ガーデニングは3週間ぶりくらい。
《感》後ろから抱きしめたくなる感じの娘ですね!ガーデニングの間のあれこれを見ていても、やっぱりこの2人はもう結k(ry
リトルフォレスト42号(瑚太郎は39号を栄養剤のやりすぎによって滅ぼした)
リトルフォレストシステム
《感》下ネタを平気で言いあえる関係、って素敵だ。
10/11
スクモン
閉鎖空間中、マッピーが起動しない
吉野が小鳥に関心を?
吉野「ニセモンだぜ、こいつはよ」→校舎
吉野と瑚太郎の喧嘩は、アバンタイトルでの台詞も出て来たし、瑚太郎のメンタルを理解する上では重要な内容かも。
"吉野立ち"
吉野はマッピーを知らなかった→全ての携帯に標準装備されている訳ではない
Kyoバニラ味 朱音が机に座って食べていたアイス
《感》会長の髪の色好きだなぁと思ったら、亜麻色、というかベージュ系だった。私がこういう感想を抱く髪色は大体この系統。
閉鎖空間について。朱音「きっと…夢でも見ていたのよ」何か知ってる風?
10/12
10/13
10/14
試験期間であるこの3日間は次々過ぎる。
《感》BADエンドマダー??
《感》毎朝恒例の映画タイトルトークを省いたら、肩すかしを食らって面食らうちはや可愛い。
1-C 江頭(ブログ煽り)
ちはや、手芸部に誘われる(というより、強引に入れされかける)
風祭の読み方は「カザマツリ」
ツチノコ女(24歳) UMAハンター津久野
達成音がリトバスのメンバー加入音と同じ。
南方熊楠(みなかたくまぐす)学者、野槌(のづち)はマムシである、との説
10/15
この前の日に、ちはやのアドレスをもらっている。
なめろう
風早祭、入場延べ180万人@1週間
小鳥は緑を増やそう委員会。祭り期間前の活動は金曜夕方と土日の昼間。
朱音は何故か瑚太郎には甘い
読唇術を使う静流

2011/06/26プレイ分
10/16
この日、鳳咲夜と初めて対面
《表現》男の印象は例えるなら、誰もいない雪の教会に似ていた。
ちはやの制服が違うのは、発注書に何故か昨夜のプロフィールを書いて提出してしまったせい。
(追記)いくらちはやでも、制服の発注の際、性別指定まで間違えるとは考えづらい。また、「鳳咲夜」と書いて出した所で、中性的なこの名前を見て本当に男性用制服が送られてくるものだろうか。これは、咲夜が提出の際書き換えを行い、ちはやの通う学校に容易に侵入できるようにするために男性用制服を故意に入手した、と考えるのが妥当か。しかし、咲夜の人脈と高い能力があれば、そんなことをしなくても男性用制服の入手などは容易なハズで、ちはやがミスが露見することを避けたがる咲夜の普段の行動からしても、この考え方には無理があるか?
《感》髪色からして、咲夜は最初は此花ルチアの関係者かと思った。何故髪の色がちはやと違う?異兄弟?互いに敬語?→兄弟は単に設定上のもの
《感》咲夜のことをちはやが「お兄ちゃん」と呼んでいたら、私は心が折れていたかもしれんw それにしても、ちはや攻略には常にこいつが付いて廻るのか…と考えると結構暗澹とした気分に。性格の悪さも当然だが、好きな相手の身近に自分よりも圧倒的に優れた人間、あるいは上位互換者がいる、というのは男性だったら精神的によろしくないシチュエーションだろうw
《感》朱音の引きこもり思想イイ。
この日のマッピーでルチアをスルー(一回クリック)→その後再び階を降りることで「七不思議の8」を入手することが可能。
《感》小鳥とちはやは、男性である瑚太郎の前で普通に体重バラしトークをやってしまえるのか…。
朱音ロックに気付く。ルチアを追うため10/17→10/16に戻る。
10/16(別ルート)
時計が"other"に?
四川風地獄マーボー豆腐(暗黒激辛会を解散に追い込む)
時計がLucia(pink)に
さんまの開きの生クリーム和えフルーツサンド
ルチア「静流だけいてくれればそれでいい」
《感》ルチア×静流?静流×ルチア?(追記)後ほどの記述から、後者に確定。
《感》おいマジ泣きギレされてんぞ。神のみの若木理論でも覆らないレベルで嫌われてる気がするんだが大丈夫なのか。
10/17
中年男性オートセーブ男(ひらひらを追い払う)
《感》オートセーブの精の声が何故か、脳内で折戸さんの声で再生された…。
静流に猫の読唇をさせる(要するに猫の真似をさせて楽しむ)
ポコモン
この日、江坂宗源と初めて対面
魔物討伐(ゲームの話、と誤魔化す)
「所属は?」
何十年も前、まだもっと小さな市
十二支時計寅→卯(夜間の外出。人影を追う)
静流は猫舌
ジャック・ダニエル江坂の酒)
静流のアパートには物がない。独り暮らし。
10/18
この日、静流をスルー。恐らくシナリオロックの関係。同時に、瑚太郎、朱音アンケートを想起。
静流、無表情でキャラに似合わないお色気台詞を
《感》結局の所、ちはやが一番幼い、というかロリい…。
10/19
この日の時点で、まだ瑚太郎は静流の名字を知らない
静流は、名前でしか名乗らない(なにか理由が?)
咲夜「それは瑣末な事」
カリスマ255の魔女様
10/20
式神「やすこ」 子供は7人
ツーテール
この日にも静流をスルー。
1-B、緑橋(自称超能力者)
この日、ミドウを初めて見掛ける。
ゲンさんちにはトラ様とミケ様
森に気を付けろ、と忠告される
10/21
瑚太郎の親は数学者
子供にばかり話しかけて街のことを探る人→(追記:ガイアガーディアンの関係者?)
吉野には兄(吉野曰く牙を失った羊)がいる
サラリーマンになって結婚してガキが出来た
この日、初めてフォレストを訪問
遺跡の跡からコーラの瓶が出土
T−レックスの埴輪("竜"のつく地名はその名残?)
10/22金
小鳥も腐知識を持っている(ドッジボール中に「偏った属性の人が聞くとごかいしちゃいそうな会話」との台詞。ちはやはこれに対して「訳分かんない」と答える)
対ルチアの態度で、ちはやは言いたいことはハッキリという性格だと分かる。
この日、ルチア「花に触りたくない」で新音楽。
《感》一番"Keyっぽい"楽曲な気がする。懐かしい、というか落ち着く。
ちはやは朱音を前から知っている←ちはやルートに入っておらず、序盤でちはやを追いかけていないため、この設定が寝耳に水で違和感
《感》ちはやの「ルチアと喧嘩しても教室では普通に振る舞えますから」は、フラグとシナリオ管理の甘えだよなぁ。事実、この後の朱音追跡の話で、ちはやとルチアは喧嘩した直後にも関わらず、ルチアの口から「ちはやビーム」などといった軽口が飛び出す。
この町の伝説ハイヨーおじさん(跨られたら跨りかえさないと背が伸びなくなってしまう)
咲夜は(自称)ちはやの後見人
ルチア、感動系動物映画にヒット→動物や花は不潔、とは考えていない証拠
10/23土
土曜日も半日授業がある
この日、静流からルチアの過去の話を聞く。新音楽。
10/23土(別ルート)
"シズルチア"は公称か。
非常に興味深い"結"だった?
ちはやはチャウチャウが好き
10/25月
ルチアは204号室(2階の一番奥。途中は全て空き部屋)→(追記:セーフハウスとしての考慮か?)
ちはや「女の子に生まれたのに花や動物を愛でられないのは可哀想」境遇で思い当たる?
《感》ちはやの公園での泣き懺悔、演技ヘタな気がする…。
"やっぱり"友達なんて作れないんだ…。→「やっぱり」とは何か。
《感》シズルチアやっべえぇぇぇぇぇぇぇ。この百合は最高だろう……。もうこれでグッドエンドじゃん。26日で〆てエンドロール流しちまえよ…。

ルチア個別
《感》これって要するに、瑚太郎が静流を超えられるか、上回れるか、って話だよね。
アサヒアルカ ASAHI HALUCA
孤児院の生き残り、彼女の話をして数日後に奇病で死んだ岸田隆吾
7年前に、風祭市立第七小学校、4-1(吉野のクラス)に転校して来たが、2週間も通わずに死亡
私を起こさないで。さもなきゃ、あなたが、
視点のずれ、人称の唐突な変化。十二支時計に表示される視点名。
吉野「4年ぶりか」
彼女は気の毒な、子供社会の生贄だっただけだ
当時の出席番号1番、相川君
中一の時(4年前)、同窓会で"色々"あった。
原木(バラキ)邦彦、元新聞部3年、2つ年上
高校では暗黒極辛会
午後3:15時計破損
アサヒハルカの声は誰が演じてる?
ルチアにハルカが宿った時、新音楽
ルチアが怯えたのは、アサヒハルカのように自分の話も誰かに語り継がれ、刻印として残ることを恐れたから、同情のみでなく怯えた。あくまでも彼女の心の問題。自分の過去を乗り越え、一方的なレッテル貼りや誤解は解くことが出来る、と証明できなくてはいけない(瑚太郎談)
自分とアサヒハルカを重ねる→OBに恐れられ、怪談まがいの扱いを受ける
《感》主人公が圭一君になってる…。
春花
ハルカ「私たちは来る世界の新しい卵。そして希望。」
彼らが私たちを受け入れられない。私たちは、来るべき世界を待ち、ただただ眠り続ける希望の卵。だから卵は、その日が来るまで眠り続ければよい。
極端な話、皿舐めはルチアの肯定足り得た…??
最近引っ越した和田
「サンタブローシア平安園」岸田のいた児童養護施設
第四種特定有害産業廃棄物処分場
旭春花
ルチア「反論する」
《感》このやり取り見てると、思わずうみねこっぽく「復唱要求!」って言いたくなるなぁ。
呪いなど存在するものかという強い気持ちが揺らいでいなかったら、最初の時点でルチアを疑うことは可能だった。
ルチアが瑚太郎の携帯を壊したのは、「怪現象」を起こして回る一晩を稼ぐため→何故瑚太郎の家に固定電話がないことを知っていた?いや、連絡網を見ればわかるのか。或いは、委員長だし知る手段はあったかも知れない。
「未来の、人類」
生まれた時は普通だった
毒の放出は抑えることもできるが、間違いや切っ掛け、体調で全て破綻する
千年先の未来まで…?
腕の痣に関して、「そこまでしなかったら…お前は調査を止めてくれないと思って」の台詞からも、彼女に意識はあり、精神薄弱状態、或いは乗っ取られてなど全くいなかったことが分かる
全身を『書き換える』→Rewrite
彼女を苛む呪いを、焼け。
十二支時計巳→卯、2つ進行(身体のRewrite
「お前もまた、世界を受け入れようとしていないんだよ…」
「……奇跡だ……」
百万人か、それ以上の人数に一人の奇跡の体質(西九条談)
問答無用で収容、失踪させるのが最も安全
たまたま瑚太郎がサンタブローシアに侵入した時にセキュリティーがダウンしていた(ガーディアンの落ち度)
《感》猛毒に満ちていると知りながら、何故ルチアは瑚太郎をその場に留めた状態で延々と話を聞いているんだよ…。西九条達の部隊を待ちながらも、外に連れ出すことくらいは出来たハズ。
ガーディアン地球を守ること」
同志はわが国だけで数百万、全世界で億にも至る。風祭にも大勢。
「どきどき♪メイドパーティー」18禁、18の命令。19個目以降はX指定のため、コンシューマー移植時にカット
地球を滅ぼすか否かの鍵を握る経った1人の人物をめぐって、風祭市で一触即発
"鍵"決して人間ではない
認識攪乱能力→幽霊にでもまとわれているように感じる→ルチアのオカ研入部の理由の一端は、静流のためもだが、鍵の情報収集にもあった。
ガーディアンVSガイア(鍵が地球再生を担うと信じる狂信的組織)
風祭市はガイアの勢力下と言ってもいい
楽観的予測でも、千年で地球は死亡
ルチアは滅亡の未来を乗り越える研究のプロジェクトに所属→西九条に引き抜かれた
ブレンダ
ユリウス、ガブリエル、ルチア
フランチェスカ(事故死)一切検知されない何かを知覚して脳内が茹でられて死亡。死体の脳からは、数百度硫黄泉の中で溺れ死んだのと同様の反応が検出→(追記:静流が同様の比喩をブレンダ脅迫の際に用いたことから、ルチアはこの話を静流にも話していたことが分かる。)
疑似痛覚は、それを認めた瞬間に「本当」になり、身体に害を与える
ルチアの身体には、圧縮空間技術により、滑走路並みの面積を持つ生体基盤が埋め込まれている
"次なる世界のイブ"
ユリウス(男)…死亡……
次世代人類プロジェクト
静流「テンコーしたりしちゃうぞ」→(追記:単なるひぐらしネタだと考えていたが、新聞部の井上のネタ帳にあった「シザーガール」心斎橋ひとみも、9/1に理由説明なく転校した、とあった。彼女もガーディアン、或いはガイア、魔物討伐部隊の関係者であった可能性がある。高い運動能力を持ちながら運動部に所属していなかったことも、それで説明が出来る。)
《感》静流もルチアの毒が大丈夫て……瑚太郎いる意味ねええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
《感》単に友人+1人、ではなく、抜本的解決を行えるのならば、瑚太郎の存在に意味がある。
「……男女とか、そういう気持ちまでは考えなかった」
相手が男でも同様の対応をしていただろう
《感》つまり、実はまだ告白すらしていない…だと…意味が分からない……。
《感》ルチアをどう捉えるのか決めかねている、か。まさにふざけんな、だなw
ルチアへの恋情に瑚太郎が気付いたのは、静流の言葉がきっかけ
瑚太郎はすでに人間ではなくなっていた(!)
アクセルによってもたらされる変化は不可逆的
ルチアは、彼氏が出来たらこんなデートがしたい、という夢を静流に延々と語って聞かせていた。本年元旦バージョン最新版、という言い方からして、恐らく何度となく同様の会話があったであろうことが想像できる。
「西九条資料」

11/06/27プレイ分
国際人現団体GAインターナショナルエージェンシー(代表:アルバート・ミューラー)が合衆国連邦捜査局によって強制捜査される(国際テロ組織への資金供与に関わった、として)
CIA長官、ジェームズ・オットー
「デート」はルチア曰く"神聖な言葉"
この頃には、瑚太郎はルチアの鉄拳が飛び出すギリギリのタイミングを理解できるようになっている
瑚太郎に買い物に誘われた後、浮かれて飛んで行って静流に報告(静流曰く、体がふわふわ浮いてるみたいな感じ)
嬉し泣き / 十二単のような衣装で来るつもり
クレランス卿率いるガーディアンUKアウロラ」前提として直径1マイルのエリアで疑わしき潜伏地域を特定する必要があるが、条件が満たされれば、40人のスタッフ3週間の従事で"鍵"の潜伏場所を特定することが可能。この期間は、ガーディアンフランスが同等の結果を出すのに要する長さの半分程度である。
「ワイルドウィーゼルは来ない」(ガーディアン北米教区特殊部隊ガイア&人ならざる者の探索・殲滅を得意とする切り札)
《感》田中涼子さんの演技すごい。学校教師の時の西九条とガーディアン幹部である時の西九条を完全に分断してる。
日本に、ガイアと拮抗できる戦力は存在しない
専守防衛部隊の存在(恐らく、自衛隊のことを指している)
《感》西九条と電話の主との会話、同じく静流との会話のテンポの良さ。
抜け駆け防止協定
《感》バスの中でのルチア。Sっ気を誘われるなぁ。
誰かに理解して欲しいと願いながら、私自らが遠ざけて来た
《感》委員長の時のルチアと、デレ時の彼女とで声があまりに変わりすぎ。
《表現》それは時間の経ち方も日差しも穏やかになったように感じる、不思議な気持ちだった。
ルチアはこの日、手袋を外して来ている
格闘ゲームGRAZE BLUE
1.猫耳幼女 2.巨乳戦闘機少女
以前に、静流にバスケットボールサイズのバスボムをプレゼント
「純白が最高」
《表現》ルチア「童心を失うことが大人を意味するなら、大人など子供の出来損ないでしかない」
手からある種の超振動も出るため、銃などの精密な武器は向かない
薬や、自らの意思での抑制(抑制できなかった頃は、腕時計さえ付けられなかった)
毒によって命を奪い、超振動により物を壊す
携帯破壊、ガラス割りに使用した能力がこれ
瑚太郎、ルチアのガーディアン所属は、止めろとも頑張れともいえない複雑な気持ち
ルチア:だからもはや私は、天王寺瑚太郎のためだけに、生きていた。
礼拝堂での瑚太郎の胸中にあったのは同情であった。
《表現》私はようやく、貪りつくさなきゃ気が済まない、若々しすぎる焦燥感から解放される。
静流は「歩く製薬工場」(必要な薬物を体内で自己精製し自己投与が可能)
どんな悪食をしても食中毒にならない能力〜の下りから、静流のこの力は、無意識的にも身体保全のために発揮出来る能力であることが分かる。
静流が対ルチアのために精製していたのは、抵抗物質であっても、中和物質ではない(動的平衡状態、慢性中毒)
瑚太郎、「千年に一人どころか、有史以来に一人の奇跡の体質」と評価が向上
ルチアの毒を中和も抵抗もせず、そのまま素通りしている
次世代人類プロジェクトには、100億ドルからの予算が投じれられていた
ルチアは孤児。生まれてすぐに、ガーディアンジャパンに引き取られ、次世代人類プロジェクトに所属する
作中では、「地球は巨大生命」という設定。パワースポットから生命の力を放出し、そのおかげで地球生命は生存することが出来ていることになっている。
地球が死亡すると、パワースポットからは逆に、生命を奪うことを唯一の目的とする腐った瘴気が発され、全ての生命を根絶やしにする。
ルチアは千年後の世界の人間→この世界は彼女に有害→体内で毒を自己生産、自己投与することで生きる→それが体外に溢れ出す
サンタブローシアの一件は、製薬会社が抑制剤をミスしたことによるもの。
3歳の時に"手術"を承諾。終末思想に染め上げられる。
次世代人類プロジェクトは、ヴァチカンの耳に入ってすぐに強制解散→ルチアはガーディアンジャパンに引き取られる
強制解散されるまでの十数年の間、非道の実験は続けられていた
プロジェクトの否定と非難は、ルチアに自分の存在意義を失わせる
強い正義感と使命感。そして、それに対する依存。
自分のしていることが正しいと認められ、常に使命を与えられていなければ、気付かない振りをしている何かに気付いてしまうのではないか、という恐怖
「母親的な上司」が必要であったため、西九条が名乗り出る
《感》ルチアルートでは、西九条は相当な良キャラになっている。
使命を与え、存在意義を感じさせ、ある意味だまし続ける。"その痛みに耐えることが出来る日"がくるまでは。
その日、は瑚太郎のおかげで既に来ているのか
西九条は、ルチアの抑制剤の一件が済んだら、瑚太郎がルチアと一生共にいられる手回しをした上で、ルチアをガーディアンから除籍すると言った。
竜里町2丁目、ひのき児童遊園手洗所…死体発見
ガイアの使役する魔物。特四級。
《感》犬のフォルムが、それほど怖くない…。あと、月姫のネロの使い魔っぽい。
西九条がルチアの充電器を迷うことなく取り出すことが出来たことから、彼女がルチアの部屋を度々訪っていたことが分かる。
瑚太郎は5秒ほど持ち堪えた
《感》何故アクセルの力を使わなかった…
ソドムゴモラの悲劇は、"鍵"の産物
1904年ツングースカ事件(シベリアでの隕石事件)も同様。この時"鍵"が発したエネルギーは、TNT換算で15メガトン分。広島原爆の実に1000倍の威力であった。
創世記19章、ロトと御使いの対話…ガイアが"鍵"と対話が可能であるとしている根拠
聖書は真実。
ノアの箱舟は、鍵の命令によって建造された。これが記録上最古の鍵と人類との接触。その後、40日40夜の洪水。
7億年前マリノア氷期カンブリア爆発、次世代の生物
4.5億年前アンデス-サハラ氷期恐竜時代を終わらせ、人類の時代を開いた
懐疑的ではあるが、この2つの氷河期すら"鍵"がもたらした産物、とする学説まで存在する
旧世界を滅し、新世界を創造する。数億年前から繰り返されていたこの循環は、鍵が担ってきた役割ではないのか?
冷凍睡眠(眠り続けること)こそルチアの望み「私を起こさないで」
ブレンダ・マクファーデン司祭
Lucia(羅)光
オースティン、エリオット(次世代人類プロジェクトのメンバー)
主任:バーソロミュー、副主任:ブレンダ・マクファーデン(2人とも、ブダペストで暗殺されたハズだったが生き延びていた)
ガーディアンジャパンが70年代に極秘裏に作った核シェルター(対冷戦用)
《感》ガイアの思想や行動理念が、あまりに突拍子もなく感じられる。マッドサイエンティストとかカルトとか言っておけば、理由を省けるとでも思ってるのだろうか…。
(追記)恐らく、ちはやルートではガイア側に立って動くことになる。ガイアの行動理念は他ルートでの説明に任せ、ルチアルートではわざと説明を省いているのではないか。また、その予想が正しければ、ガイアガーディアン双方のルートをプレイし終わった時点で、双方に理があることプレイヤーは悟ることになる。その感想と、初プレイ時に私が相手に対して感じたような"突拍子のなさ"とを比較することにて、相互(ガーディアンガイア)の理解が非常に難しいものであることを悟らせる意味もあるのかもしれない。
ルチアが真に必要としたのは、生きている意味と価値。
「求められること」が必要。今のルチアと瑚太郎の関係は、ルチア→瑚太郎、の一方通行。ルチアには「お前が必要だ、お前でないとダメだ」という言葉が必要だった。
ルチアの不在を最も態度に表わして心配したのはちはや。瑚太郎がその理由を知っていると洞察までしてみせる。
(追記)この時にちはやが「女同士の事情」と称して口にした「無事に遠方の病院に入院ならそれが一番」との台詞は、ルチアがガーディアンの所属であることを知り、学友として戦うことを避けたかったガイアの一員としての台詞ではないか。瑚太郎への恋情も一瞬疑ったが、その可能性は低いハズ。
オカ研とは別の"仲間"。「色々ありまして」
友人を作るのが苦手、とちはや
DIA
100人を超えるガイアの魔物使いが風祭に潜伏。
《感》どうして西九条は収穫祭を中止にしようとしないのか…。そこまでの権限がないからか。
CIA長官ジェームズ・オットーは西九条の友人
ベルトリーニ枢機卿(恐らく、風祭への原爆投下に関わっている。少なくともその事実を認識、自身の航空便の時間をズラした)
ファイル名:"run"、本文:"WAL304"ワールド航空304便、の意。
SIS
西九条は枢機卿秘書官、或いは反町司教補佐を呼び出した→恐らく、この2人ならば自分の味方に立つという確信があった
《感》段々、西九条の声が久川綾っぽい声に聞こえるようになって来た。
戦略原潜SLBMセプテントリオンC2を搭載)…クラスター核弾頭
ガーディアンJSDF
ガイア教義「"鍵"は"滅びの詩"を歌い世界を再生する」…鍵確保後、一定の時間が必要
「我ら、好みを捨て、楯となり槍とならん」「楯となり槍とならん」
瑚太郎は、孤独であることに気付くのが嫌でいつも空騒ぎをしていた?
この頃、小鳥・ちはや欠席。(追記:恐らく、ちはやはガイアの任務のためと予想される)
ルチア、手袋を外す「今度の抑制剤はすごい」「もう私は手袋などに縛られたりはしない」
ルチアは抑制剤への免疫を獲得していたため入院騒動を引き起こした
味が分からない。幼い頃の味覚の記憶はある。
嗅覚もダメ→どんな香水をつけていたか彼女自身は分からない。静流に選んでもらった
共に抑制剤の副作用
静流は、100メートルを10秒で駆け抜ける
《感》静流の戦闘時の立ち絵、シリアスなハズなのに、口を開けた立ち絵がやたらと可愛らしい&日常でもギャグパートで使われていたせいで妙に間が抜ける…。
ガーディアンフォース憲章第27条「我らの槍は無抵抗の者を殺めない」
マルティーニ・フランチェスコ枢機卿団長が恐らく関与
"その日、その時は、誰も知らない。天にいる御使いたちも、子も知らない。ただ父だけが知っておられる"
"気を付けて、目を覚ましていなさい。その時がいつであるか、あなた方は知らないからである"
(マルコによる福音書、三十二節、三十三節)
"あなたがたに言っていることを、わたしはすべての人に言う。目を覚ましていなさい"
(追記:同上、三十七節の記述)
(追記:作中で省かれていた部分も含めて「マルコによる福音書一三章、三二〜三七節」を全て記すと、本来は以下のようになる。
『32その日、その時は、だれも知らない。天にいる御使いたちも、子も知らない。ただ父だけが知っておられる。33気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつであるか、あなたがたは知らないからである。34それは、旅に出る人が家を出るさいに、召使たちに権限を与え、各人にその仕事を課し、門番には目を覚ましているように命じるようなものである。 35そこで、あなたがたも目を覚ましていなさい。いつ家の主人が帰ってくるのか、夕方か、夜中か、にわとりの鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないからである。36主人が突然帰ってきても、あなたがたが眠っているところを見つけるようなことにならないようにしなさい。37あなたがたに言っていることを、わたしはすべての人に言う。目を覚ましていなさい』)
十二支時計巳→午(再び身体の書き換え)
ちはや「そんな細かいこと、どうでもいいです!」→咲夜の口癖「それは瑣末な事」との類似
毒ガス事件の黒幕(?)を知っている?
この世界の電話は、犯罪抑止などのため、非通知設定でも折り返し電話できるようになっている
静流のオッドアイが晒されるのは初めてであるハズなのに、誰もそれに触れないことに対する違和感
ちはやは瘴気の中心を調べに来た
同志112名の即時解放を要求
ガイアの犯行、ということになっている
このままだと、気流に乗って移動するルチアの毒で、周辺国まで数億人が死ぬ
今回の"鍵"は異質。人類の時代を滅ぼす。
ちはやは、ルチアの毒を知っている…?
《感》シリアスパートなのに間の抜けたギャグを入れられることによる場違い感。
ルチアの毒は、"鍵"とそのジェネレーターたるパワースポットの破壊に最も有効であった
次世代人類プロジェクトが葬られたのは、表向きのみ。
滅亡世界を生み出す引き金と、その後の世界を生き抜く技術の確立が、次世代人類プロジェクトの要だった→(追記:要するに、人工的に"鍵"の力を手に入れ、世界を滅ぼすことを可能にする。そして、その後の世界を生き抜くために、ガーディアン最上層部はルチアを必要としていた?)
ルチアの毒を数千倍に改造
ルチアへの命令"鍵ごと町を滅ぼせ"
傷心+薬物、による心理誘導
45%の確率でルチアが作戦への協力を拒んだ場合、ルチアの延髄を切断し人形化、冷凍睡眠装置に収め、会場で生きた瘴気爆弾として爆発させる予定だった。
"鍵"、パワースポットガイアの始末
《感》朱音、小鳥、吉野、etcはどうなったの…。そして"鍵"たる少女は本当に死んでしまったの…?
枢機卿
咲夜の能力。ちはやに"包帯"(結界)を渡して倒れた。対毒・衝撃緩衝などの効果がある。
ちはや「魔物つ(ry」(追記:恐らくガイアの「魔物使い」。)
瑚太郎、数億人に1人の体質と称される
移動中のヘリの中で、静流、ちはや、西九条に自身の体質に関して告白
ちはや、ルチアと瑚太郎の関係にこの時の静流の言葉で初めて気付く
「ルチア」は、プロジェクトのメンバーが割り振ったコードネーム
ちはや「私たち、お互い、自分のことを世界で一番不幸だと思っている」→同族嫌悪(お互いを鏡にし、一層自分が情けなくなる)
咲夜結界のおかげで、ちはやはルチアの毒をギリギリで防げた
《感》ルチア「ちはやを殺した」って泣くけどさぁ、それ以前に数十万人殺してるのにその反応はおかしいだろう。そして、その中には自分のクラスメイトらも大勢混じっていることは容易に想像できたはず。この反応は正直おかしい。
ルチア、"鍵"の役割をやることに。要するに、「世界を滅ぼす」と。
淡く緑に光る、不思議な輝きの飛沫。
ガーディアンフォース憲章第3条:"我々は良き民を見守り、保護する義務を背負う"
ガーディアンフォース憲章第1条:"我らは民を守る楯であり、悪を討つ槍である"
スーツケース型核爆弾の一斉爆発だった、という設定になっている
クラスター核爆弾では?という説(真相)も出ている
枢機卿団フランチェスコ引退にともない、枢機卿団三分の一が引退する異例の事態
ルチアが事を荒立てなければ最大限の保護(監視)を行う、と新団長は約束
西九条は、各国のサーバーに情報爆弾を仕掛けた
ワルシャワ以降、ブレンダらの行方は不明。但し、西九条の要請が通り、懸賞金は桁が2つ増えた
ルチア、GRAZEBLUE・2ndをプレイ
「世界で一番豪勢な引き篭もり」
静流がスペイン語を話す描写
ドルイド
新たな鍵
私への罰
ルチアの、日の光を見ない誓い。彼女の名にふさわしい罰。
風祭の事件は、20万人の死をもたらしていた。
作中時間2011年11月20日(事件から丁度1年)、南米教区第7シェルター「Girasol-7」
「だから俺は、……再び現れる"鍵"が、その決断をすることのない世界になってくれるよう、祈り続けている。」
(2011/06/30 00:47)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kizunatter/20110628/1309362462
Connection: close