スマートフォン用の表示で見る

十二単

一般

十二単

じゅうにひとえ

正式には女房装束と言う。平安時代以降このように俗称される。袿を12枚重ねて着たことによる。