陽成天皇

(社会)
ようぜいてんのう

第57代天皇。諱は貞明。
清和天皇第一皇子。九歳で即位。関白・藤原基経によって廃位させられた。

暴君説

陽成天皇は殺人を好み何人をも殺害し、最後は乳母・紀全子の子、源益を殴り殺し、廃位を余儀なくされたと記され、近代まで類例のない暴君とされてきた。
しかしこの時期は藤原氏が摂関政治を行っていた頃であり史書も藤原氏が編纂していることから、光孝天皇への譲位強要を正当化するための作為とする説もある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ