てくてく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-03

味噌ができました!

3月末に作った味噌。いよいよ10月に入ったので食べごろなんだとか。


ということで、早速開封の儀を。

f:id:Llama:20171004000351j:image

一度6月に天地がえししたので、前回ほどたまり醤油が染み出したり、香りがするほどではなかった。

うっすら染みていただけ。


f:id:Llama:20171004000350j:image

重りを外すと、がーん、容器のふちのところに黒カビ???

写真の左下のところ。


ホーロー容器のヒビ?買ったばかりだったのに。。


f:id:Llama:20171004000349j:image

中の方は問題ナシ!味噌っぽい見た目だ〜

容器のふちは焼酎で拭っておきました。


酒粕でフタをしていましたが、色が味噌と同化している!

舐めてみたら、酒粕+味噌の味がした。

これは切り身魚につけて焼いたらおいしいと思う!!!


内側の方は、味噌の味がしますが、かなりしょっぱい。

味噌単体ってこんな味だっけ??

置いておいた場所があまり涼しくなかったからかなぁ?


そして、やはり市販のものより柔らかい感じがします。


f:id:Llama:20171004000348j:image

今度は容器についていた本来のフタをして冷蔵庫に。

冷やしたら美味しくなるかな。


明日からの味噌汁が楽しみです♪



、、、凝った料理ができないから、

キャベツとかキュウリに添えて食べようかな。

お酒のおつまみだ!


---

これまでの軌跡:

  1. 初めての手作り 味噌づくり参加してきた!
  2. 3か月後 味噌の天地返しをしていました

2017-10-02

味噌の天地返しをしていました

やるなら梅雨明けに、と教わったので6月初旬にやってました。


3月に作った味噌を入れた容器の、底と上の方を入れ替えることにより、発酵のムラをなくして、発酵をより旺盛にするんだそうです。


ただ、ご家庭で作る少量ならやらなくても良い、とも言われました。


えぇ、途中経過が知りたかったのでやりましたとも。


f:id:Llama:20170604103214j:image

かなり液体(たまりしょうゆ)が染み出ていました。

なにかがふんわり匂うなー、と思っていましたが、これだったか。


f:id:Llama:20170604103213j:image

フタにした酒粕の上にもじんわりと染み出ています。

酒粕+ラップ+重石(代わりの砂糖)と、できるだけ密閉を頑張ったおかげか、カビらしきものは見えませんでした。

やったー。


f:id:Llama:20170604103212j:image

酒粕をはがしたところ。

作りたてに比べてうっすら色がついてきました。


ただ、味はまだ味噌というよりは大豆と麹?が分かれている感じ。

味噌の味ではないかな。


前回同様に、焼酎で消毒しつつ作業を進めました。

表層の方が固くて、底に行くほど柔らかくなっていました。


なんというか、ふわふわ?とにかく柔らかい。


f:id:Llama:20170604103211j:image

もう一度味噌玉を作る。

左上が表層の方。手前の上側が容器の底にあったもの。


底の方は柔らかすぎて玉になりにくかった。


表層の方が先に発酵するのかと思ったため、底の方が変化が大きくてびっくり。

ちょっと心配にもなる。


f:id:Llama:20170604103210j:image

もう一回詰めなおしたところ。

前回に比べて相当柔らかくなっているため、空気を入れずにみっちり詰めるのが難しかった。



f:id:Llama:20170604103209j:image

酒粕でフタを。

味噌がふわふわ過ぎて、酒粕の方が固く、酒粕の隙間から味噌がはみ出しそうになる。


酒粕を塗りたくる感じで、隙間を埋めていきました。


f:id:Llama:20170604103208j:image

マステに日付を書いて


f:id:Llama:20170604103207j:image

新しい袋と新聞でくるんで完成♪


これで10月まで待ちます。ちゃんとできるかな?


---

作り始めはこんな感じでしたねー

味噌づくり参加してきた!


ついに完成しました♪

味噌ができました!

2017-07-02

梅シロップを作った

先輩に教えていただきながら、梅シロップ作ってきました!


レシピはこちらを参考にしました。

梅シロップの作り方 レシピ

見やすくて、情報もいっぱいだー。


たらいに梅を入れて。

f:id:Llama:20170702172509j:image


水をはってあく抜き

f:id:Llama:20170702172508j:image

少し黄色く熟した梅のため、あく抜きは青梅よりも少ない時間でOKとのこと。


ふんわり甘い香りがします。

プラムとかそんな感じ。


f:id:Llama:20170702172506j:image

お話しながら待つこと1時間くらい??

梅が水分を吸ったのか、でっかくなった気が。

あく抜きといっても水は透明のままだった。


f:id:Llama:20170702172507j:image

道具はこんな感じ。

なり口(梅のヘタみたいたところ)を取る爪楊枝と

梅に穴をあけるためのフォーク。

あと、砂糖は今回きび砂糖というのを使いました。


f:id:Llama:20170702172505j:image

梅を拭いて、爪楊枝でなり口を取る。

あく抜きでふやけているせいかコツをつかめばするっと取れました。


f:id:Llama:20170702172504j:image

一人で黙々ととるのはちょっとしんどいかもw


f:id:Llama:20170702172503j:image

キッチンペーパーにホワイトリカー(35度)をつけて

瓶を拭くことにより、消毒。


瓶は今回1リットルのにしました。

セラーメイト 密封びん 1L

セラーメイト 密封びん 1L 220018



f:id:Llama:20170702172502j:image

フォークでこんな感じに穴をあけていく。

砂糖や梅のエキスがしみこむorしみ出しやすいようになのかな?


f:id:Llama:20170702172501j:image

梅、砂糖、梅、と交互に入れていく。


f:id:Llama:20170702172500j:image

フタをして完成♪


f:id:Llama:20170702172511j:image

一番手前が私の。奥の2つは先輩の。


f:id:Llama:20170702172510j:image

余ったホワイトリカーと梅1粒で一口梅酒も作った。

氷砂糖が涼し気。


梅シロップの砂糖が溶けきって、梅がしわくちゃになったら

煮詰める作業があるそうなので、とりあえず毎日

瓶を観察しないと。


味噌同様に美味しくできるといいなぁ。