甘夏書店報

2018-12-31 甘夏書店概要

f:id:amanatsu_shoten:20170416221812j:image:left

こんにちは。日々のつぶやきや急なお知らせは twitter @amanatsushoten にてお伝えしております。ご連絡は、amanatsushotenのgmail 宛にお願いします。最新記事はこのひとつ後になります。

押上駅A3出口、スカイツリーから徒歩10分ほど、一軒家カフェikkA1階奥で靴を脱いで階段を上がっていただき、手前左がオレンジろうそくさん、横の六畳間が甘夏書店のスペースです。1階のカフェ入口屋台では、季節の本や雑貨、テーマを設けたフェアなども開催。


所在地・営業時間・定休日

一軒家カフェikkA 東京都墨田区向島3−6−5 一軒家カフェikkA 2階 地図

営業時間:12〜18時。※定休日:火曜日・第一水曜日。

甘夏書店在店日時は月・金・土曜、12〜18時 。ほかの日時はikkAさんへ委託。不在時のお会計は1階でお願いします。※なお在店日時以外もご予約いただければ対応可能です。


【ロー引き・ワークショップ

月・金・土曜の13時〜随時 お越しいただいて、空いていればその場でお申込み可能ですが、ご予約いただくと確実です→詳細はこちら

所用時間:30分〜1時間程度 おひとりから参加できます。



800円(+税)+材料費(文庫ブックカバー用A4プリント紙108円/1枚〜、324円/4枚入りなど)。好きな紙を選んでそのまま、あるいはコラージュスタンプ押ししたりした後、蝋引きして、ブックカバーや栞を作りましょう。道具、材料ご用意しております。手ぶらでお越しください。

f:id:amanatsu_shoten:20151102141213j:image:w360

2018-06-03

[]路上はみだし研究会

f:id:amanatsu_shoten:20180524223558j:image:w360f:id:amanatsu_shoten:20180524223554j:image:w360

f:id:amanatsu_shoten:20180524223737j:image:w360

2018-06-02

[]大島弓子作品読書会

f:id:amanatsu_shoten:20180424230323j:image:w360

うららやさん企画・司会「大島弓子作品読書会」、甘夏書店にて開催!


FB公開イベントページより

1968年のデビュー以来50年、多くの人々に愛され影響を与え続けている大島弓子さん。

今回の読書会ではご自分の愛する1作品、または大切な1冊を紹介いただき、みなさんと大島弓子さんの魅力を探っていきたいと思います。


[日時] 6月2日(土) 14:00〜16:00

[会場] 甘夏書店 墨田区向島3-6-5 一軒家カフェikkA2階

[募集人数] 5名

[参加料金] 1000円(ikkAのお茶付き)

おすすめの大島弓子1作品又は1冊をお持ちください。

[申し込み方法] 参加ボタンを押して、メッセージを送ってください。どうぞお気軽にご参加ください🌿


===================================================


1つ選ぶのも難しいわぁ。『さようなら女達』『赤すいか黄すいか』『四月怪談』は私にとって衝撃三部作。

さようなら女達 (白泉社文庫)

さようなら女達 (白泉社文庫)

四月怪談 (白泉社文庫)

四月怪談 (白泉社文庫)

2018-05-31

[]本と植物

緑の美しい季節。

朝露のようにきらめく本と植物モチーフの雑貨、楽しいWS を〜

甘夏書店「本と植物」

6月2日(土)〜24日(日)12〜18時 最終日17時終了 定休日 (火)第一(水)

f:id:amanatsu_shoten:20180518012322j:image:w330

DMイラスト、デザイン アトリエむぎばたけ


アトリエむぎばたけ

ブックカバー、しおり、消しゴムはんこ

アトリエむぎばたけです。生きものをモチーフにした消しゴムはんこなどの作品を作っています。

今回は「本と植物」に合わせ、宮沢賢治の作品に登場する植物をテーマに、見るたび・使うたびに、楽しい気持ちになるようなものを作れたら、と思います。

f:id:amanatsu_shoten:20180522224408j:image:w260

f:id:amanatsu_shoten:20180508180432j:image:w260


井上若奈

ブックカバー、手ぬぐい

日々暮らす中で、素敵だなと感じるものを描いていきたいと思っています。

植物はとても幅が広く魅力的なモチーフなので、いくら描いても描ききれません。

今回は「西の魔女が死んだ」を読んでイメージした「植物と鳥」柄のものを中心に展開する予定です。

f:id:amanatsu_shoten:20180522224825j:image:w360

f:id:amanatsu_shoten:20180522224822j:image:w360


SABOTENS

ブックカバー、しおり、はんこ、本「路上園芸学会文庫」、ワークショップ

落ちもん写真家の藤田泰実と路上園芸学会の村田あやこによるユニット。

様々な事情で路上にはみだした光景をモチーフにした写真展示やグッズ制作、トークイベントやワークショップの企画を行っています。

「本と植物」では路上×植物を切り口に本やグッズを出展します。

f:id:amanatsu_shoten:20180522225116j:image:w360

f:id:amanatsu_shoten:20180522225112j:image:w360


もじゃハウスプロダクツ

ミニプレス、本「もじゃハウス文庫」

植物でもじゃもじゃな建物『もじゃハウス(R)』専門の建築事務所もじゃハウスプロダクツです!

樹木医で、建築士で、ランドスケープアーキテクトでもある代表の干潟が一人で作ったミニプレス

「House"n"Landscape(ハウス・アンド・ランドスケープ)」と共に京都から出店します!

f:id:amanatsu_shoten:20180522223731j:image:w200

f:id:amanatsu_shoten:20180522223727j:image:w200


弥生坂 緑の本棚

本(新刊・古書)、ブックカバー、ポストカード

文京区根津にあります、古本&植物カフェです。

当店の植物関連書籍から選りすぐりの古書と、おすすめの新刊をお持ちします。

オリジナルのポストカードの新作や当店にて常設展示販売中の「くろくなおみ」さんのポストカード、

上野桜木の「アンティークブルー」さんの栞も手づくりのハンドメイドブックカバーもお持ちします!

f:id:amanatsu_shoten:20180511153054j:image:w360

f:id:amanatsu_shoten:20180511152644j:image:w360


有限会社もち

ブックカバー、アクセサリー

植物柄のブックカバーの他、ヨモギ等の若干ニッチな植物のアクセサリーを並べる予定です。どうぞよろしくお願い致します^^

f:id:amanatsu_shoten:20180518013143j:image:w280

f:id:amanatsu_shoten:20180518013138j:image:w280


WAKA Lifestyle & Flowers

ブックカバー、しおり、花にまつわる本、植物

この度、甘夏書店さん企画の「本と植物」のフェアに参加させていただくことになりました。

今回は初夏らしく爽やかな植物とお気に入りの本、植物のポストカードやブックカバーをご用意します。ぜひお手にとってご覧ください。

f:id:amanatsu_shoten:20180518015417j:image:w280

f:id:amanatsu_shoten:20180518015414j:image:w280


甘夏書店

古本、新刊書籍、ブックカバー

江戸時代から百花園があり風流人が集まった向島界隈は、今も同園や隅田公園を歩いたり、路地園芸が盛んな街めぐりが楽しいところ。

緑の美しいこの地域で、コアな本好きからこれを機に読んでみようかなというライトな方まで心地よい読書を。

また、紙好き、雑貨好き、もちろん植物好きな方々に季節感や植物の美しさ、面白さを愛でていただける、そんなフェアにしたいと思います。

f:id:amanatsu_shoten:20180420135003j:image:w180

2018-05-19

[]ラブレターワークショップ

ラブレターと聞いて、遠くを見る人、微笑む人、どきどきしちゃう人。あなたはいかがですか?

5月23日は恋文の日。その前5月19日に、甘夏書店でラブレターワークショップ昼夜2回開催します。講師はラブレター専門店meg merryさん。

f:id:amanatsu_shoten:20180519103121j:image

詳細はこちら


畳にくつろぐ感触をいかして、テーマは「裸足のラブレター」。

あ、靴下はいててもいいんです。そんな感覚でリラックスして、素直な気持ちになって、本気のラブレターはもちろん、6月の父の日を控えてお父さん!をはじめ家族、仲のよい友達にあらためて感謝の気持ちをなどなど、素敵なカードを選んでお手紙しましょう。書き込み方式のラブレターの教科書の質問に答えているうちに、伝えたいことがまとまってきます。


ワークショップ前後に、コルク床の甘夏書店で古い絵本を見て懐かしい気持ちになったりしてくださいませ。