Hatena::ブログ(Diary)

asabatyouのなんでもブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-23

[]ラビリンス/魔王の迷宮 14:16 ラビリンス/魔王の迷宮を含むブックマーク ラビリンス/魔王の迷宮のブックマークコメント

昨日は借りたDVDの1枚「ラビリンス/魔王の迷宮」を観ましたので、その事について書きます。

どうしてここで書いたのかと言いますと、今まで使っていたブログに入る為に使っていたパスワードが、何もした覚えがないのに何故か使えなくなってしまい、変更しようと思ってもエラーが発生するばかりで何も出来なかった事から、仕方なくこちらで書く事にしました。

怪獣ブログのコメントが書けなくなった時も思ったのですが、エキサイトブログはこのような問題があるのでしょうか?

もしそうだったら、今のブログはもうあれでおしまいにして、また新しいブログを作る事になるかもしれません。

とりあえず、今は様子を見ます。


ストーリー

サラは異母弟のトビーの子守りを任されていたが、トビーはいつも泣いてばかりいる為うんざりしていた。

サラは「ゴブリンの王ジャレスがやって来て、トビーをさらって行ってしまえば良いのに」と言うが、その瞬間本当にジャレスが現れてトビーをさらってしまった。

勿論冗談で言っただけで、まさか現実になってしまうとは思わなかったサラは責任を感じ、ジャレスがいるラビリンスへ行くのだった。


レビュー

ジム・ヘンソンが製作したファンタジー映画。

前作の「ダーククリスタル」と差別化を出す為か、比較的コミカルなシーンが多く、展開も早くてあっという間にジャレスが現れて、サラもすぐにラビリンスに到着する事を考えると、おそらく子供をターゲットにしており、彼らを飽きさせない為なのかもしれない。

キャラクターはミニチュアの人形や着ぐるみで描かれているものの、出来が良いだけでなく表情も豊かだから、これを観ているだけでも十分楽しめる。流石だ。

だが問題はストーリーだ。せっかく「オズの魔法使」や「雲界の迷宮ZEGUY」みたいに、どこにでもいそうなごく普通の女の子が、異世界を舞台に色んな仲間達と一緒に冒険するという正統派な作りになっていたのに、ラビリンスを突き破っただけですぐに終わってしまったのだ。

確かに最後は黒幕のジャレスが出てくるものの、彼と戦うわけでもなく、サラが「バルス!!」みたいな滅びの呪文を言った途端、あっという間に消滅してしまうんだから、あまりにも物足りなさすぎる。これでは尻切れトンボではないか。

個人的には「ダーククリスタル」の方が良かったかな。あれもそんなに盛り上がりがあるわけではなかったけど、味方と敵の種族の意外な関係や音楽や世界観や雰囲気などに壮大さがあったから、あっちの方が完成度が高いと思う。


スタッフ

監督:ジム・ヘンソン

脚本:テリー・ジョーンズ

製作:エリック・ラトリー

製作総指揮:ジョージ・ルーカス

音楽:トレヴァー・ジョーンズ

撮影:アレックス・トムソン

編集:ジョン・グローヴァー

製作会社:ルーカスフィルム


キャスト

魔王ジャレス:デヴィッド・ボウイ

サラ:ジェニファー・コネリー

ホグル(声):ブライアン・ヘンソン

ルド(声):ロン・ミュエク 

サー・ディディモス(声):デヴィッド・ショーネシー


予告編です↓

D

参考:ラビリンス-魔王の迷宮 - WikipediaLabyrinth (1986) - IMDbモンスター大図鑑映画 ラビリンス/魔王の迷宮 - allcinema




これを書いている時にちょっと気になって、今使っているブログをいじってみたのですが、ちゃんと使えるようになっていました。

一体何が間違っていたんだろうか?さっぱり分からん…。まぁとにかく元通りになって良かった良かった。

ヒデアキヒデアキ 2013/04/02 13:41 お久しぶりです。
今日は雨で、外での仕事が休みになり、倉庫の掃除をしていました。
そうしたら、アントラーが出てきたのです。
以前、asabatyouさんが動画で紹介して下さったことを思い出しました。
僕が、昆虫系の怪獣を演じたいと言っていたから、ご親切に紹介して下さったのです。
アントラーのあごの部分にのぞき穴があって、網状になっているので見やすく息も楽に出できます。
しかし、直立するとカブトムシが立っているだけになるので、自分の首を下に向け、いつも地面を見ているようにしないと怪獣ではなくまります。
荒垣大先輩は、ずっと首をまげ下を向いて演じていたんだなとわかりました。
改めて、荒垣大先輩の偉業を感じました。
気のせいか、なんとなく荒垣大先輩のたばこのにおいが、45〜6年前にタイムスリップしたような気がしました。
僕には小さくて入れなかったので、同僚に入ってもらい、シャメ撮りました。
今、昼休みにどうしてもお伝えしたくて送りました。
お元気で、殺陣も頑張って下さい。

asabatyouasabatyou 2013/04/03 00:00 お久しぶりです。またこうしてお話出来るのは非常に嬉しいです。そういえばここで話すのは初めてですね。
「以前、asabatyouさんが動画で紹介して下さったことを思い出しました。」それって、http://asabatyou.exblog.jp/16973462/の事ですか?他にアントラーの動画はありませんし。
アントラーで思い出したのですが、巨大化したラゴンやマグラーを演じた泉梅之助さん(この人も対ギロンとジャイガーで、ガメラを演じた事がある)が「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」でアントラーを演じた時、着ぐるみの胴体が前後逆になっていたそうです。
「同僚に入ってもらい、シャメ撮りました。」それ是非見てみたいです!!どんな感じなのか凄く気になりますし!!

「お元気で、殺陣も頑張って下さい。」ありがとうございます!!基本ヘナチョコ野郎なので、結構大変だったりしますが、これからもやめずに頑張ります!!
そうそう、その殺陣を教えている人もスーツアクターの経験があるようで、ウルトラ怪獣ではゼットンを演じた事があるんだとか…。
東映はまだ厚みがないので楽だそうですが、円谷系では肉厚で視界も悪い為大変らしいです(怪獣になると重いから余計に大変らしい)。
プレデターのような海外のキャラも見た感じでは結構肉厚ですから、おそらく円谷系と変わらないと思います。

ヒデアキヒデアキ 2013/04/03 12:57 そうですね。bulog1さんの中で、僕が、殺虫剤のコマーシャルにでてくるゴキブリに入りたいと言ったら、すぐに動画を見せて下さり、いい人だなあと思いました。
泉梅之助さんの話、思わず笑ってしまいました。同僚にもはなしました。大笑いでした。
確かに、アントラーは頭部をかぶるようになっていて、胴の部分もファスナーを閉じてから付けるようになっていますので、前後を間違えたのはわかります。

それと、シャメの件は、会社を通して許可を得ないといけないので、倉庫掃除で遊んでいた・・みたいなことになってしまうので、ぜひお見せしたいのですが、ごめんなさい。
仕事のことで、お話したいこともあるのですが、いずれまた。

asabatyouasabatyou 2013/04/03 22:15 写真の事ですが、それでは仕方ないですね。大人の事情って奴ですか。
「仕事のことで、お話したいこともあるのですが、いずれまた。」また時間がある時で良いですよ。色々と忙しいでしょうから。
それにしてもbulog1さん、本当にどうしちゃったんだろうなぁ…。

ヒデアキヒデアキ 2013/04/22 14:43 仕事の件、切りが付いたので話します。

 スーツアクターをやめることになりました。
以前から、顔を出すように勧められていたのですがスーツのマスクの中で演じている自分が自分らしいく思っていたのですが、説得されたり、自分でもいつまでも大暴れできないなあと思い、決断しました。
マン50周年で、新しいマンにも入れたし、後輩にも教えることは教えられたので、やめることにしました。
映画とテレビドラマも決まって4月はじめより事務所を代わり、すでに俳優として撮影をしています。
もちろん、ヒデアキではありません。
体力的なこと、将来的なこと、顔を出した方がいいとの多くの方々の説得もあり、決断しました。
そんな訳で、コメントもなかなかできないと思いますが、asabatyouさんのことは決して忘れませんし、今までこんな僕を相手にして下さったことに感謝しています。
これからも、時々、開いて読ませて頂きます。asabatyouさんのことは怪獣を通じ、いろいろ教えて頂き、尊敬しています。
すごい人だなあ・・・と敬意を感じています。bulog1さんの時代から長年お世話になり、厚く御礼申し上げます。本当に有り難うございました。
お元気で、がんばってください。僕もがんばります。ちょくちょく映画、テレビでお目にかかれるような俳優になります。

asabatyouasabatyou 2013/04/22 22:31 そうですか…何だか残念です。まぁスーツアクターは俳優や声優と違って、完全に体力系の仕事ですからいつまでもやれるわけではありませんからね…。
もし出演作が決まったら、是非教えてください。

「すごい人だなあ・・・と敬意を感じています。」いや、僕はただ声優やスーツアクターといった、顔を出さない役者が好きなだけの1人の男に過ぎません(笑)。でもそう言ってくれて、本当にありがとうございます。

「今までこんな僕を相手にして下さったことに感謝しています。」いや、感謝するのは僕の方ですよ。「ハイパーホビー」の怪獣デザイン祭りに出した怪獣の1匹メゾギラーを最初に認めてくれたのは、ヒデアキさんですから。
自分では気に入ってなかったのですが、あんなに評価してくれるとは思いませんでしたので、本当に嬉しかったです。やって良かったなと思っています。
この事についてなんですが、実は自分だけのオリジナルキャラクターをフィギュア化してくれる会社を見つけましたので、そこに頼んでメゾギラーを作ってもらおうと思っています。
なので、今その為に前・横・後ろと3種類の絵を描いている途中です。もし完成したら、ブログで紹介しようと思っています。

また最後になりますが、http://asabatyou.exblog.jp/17610197/に書いた通り、僕は最近出来たばかりの「遠州WebTV」にレギュラー出演する事になりました。
ホームページで第1回目を観る事が出来ますが、エンディングでゲスト出演やスタジオ見学を募集する為のメールアドレスが出てきます。
もし良ければ、そこに出演して僕と直接会って色々お話出来たら良いなと思っています。

という事で、これからも頑張ってください。いつか本当に会える日が来ると良いですね。

asabatyouasabatyou 2013/09/29 21:44 2008年6月20日の記事を削除しました。
記事の出来に満足出来ませんでしたので…。

asabatyouasabatyou 2013/09/29 22:57 2010年4月26日の記事を、削除しておきました。
出来に満足出来なかったからです。
それと今日になって知った事なのですが、僕がこのブログで貼った画像はフォルダで見る事が出来るのですが(http://f.hatena.ne.jp/asabatyou/)、この画像って削除する事が出来たのですね(笑)。恥ずかしい事ですが今まで全然知りませんでした(笑)。てっきりもう2度と削除出来ないと思っていましたので(笑)。
今やっている2と違って、初代ブログはまだブログの事を何も知らない時に作った事もあって、色々と粗があったりします。
それを何とか出来ると思って、正直ホッとしています。
これからも空いている時間を使って、整理していくつもりでいます。

asabatyouasabatyou 2014/08/30 12:29 以前自分のプロフィールに、怪獣役者としてお馴染みの荒垣輝雄さんと、怪獣ブログでお話した事があるという事を書きました。
ですが、あれは嘘の可能性がありますので削除しました。
しかしよく考えてみたら、ブログにコメントした時の名前は「ゲスなゲスラ」という名前であって、自ら荒垣ですと名乗った事は一切なく、コメントの内容を見て「きっとそうに違いない!!」と、私が一方的に思い込んだだけにすぎませんから・・・。

asabatyouasabatyou 2015/05/13 22:00 ブログのタイトルを、「なんでもブログ」に変更しました。
家のブログはアニメや映画など、色んな事を紹介したり触れたりしていますから、このタイトルの方がしっくりくると思ったからです。
ちなみに「なんでも」を平仮名にしたのは、「開運!なんでも鑑定団」を意識しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/20130323

2012-10-25

[] 22:35 を含むブックマーク のブックマークコメント

今日は久しぶりですが、この初代ブログ円谷プロへのリクエストを書きたいと思います。

本当は今現在使っている2代目ブログでやりたかったのですが、昨日観た映画の感想文を書いていたら、何か問題が発生して使えなくなった為こうなりました。もう容量の関係で画像は使えなくなりましたが(以前試してみた所、小さい物なら問題ないらしい)、文章を書いたり画像を貼る事は出来るので、それだけも救いです。



今現在円谷プロといいましたら、「ウルトラマンゼロ」シリーズや「ウルトラゾーン」といった新作を作っていますが、僕としてはミラーマンやジャンボーグAといった、ウルトラマン以外のヒーローキャラをまた作ってほしいです。

ウルトラマンばかりでは味気なくて面白くないというのもありますが、僕自身前にも言ったかもしれませんが、日本の怪獣といいましたらゴジラやウルトラマンといった有名な物よりは、どちらかといいますと、あまり知名度が高くないマイナーな作品の方が好きだからです。

最近ミラーマンなどのオマージュ的存在のキャラがウルトラマンに登場し、さらに今年になって「ミラーファイト」の新作も作られ、グリッドマンも20周年を迎えますし(もうそんなに経っちまうのか…)、1本でも良いから作っても良いよう気がするのですが、難しいですかね?今の所そのような作品といいましたら「生物彗星WoO」がありますが、あれは今時のアニメみたいにすぐ終わってしまいましたから、印象が薄くて物足りないです…。

D

D

D

D

それとグリッドマンのDVD、また出るみたいです。

以前はBOXでしかも値段が高すぎて、お金に余裕のある人でないと買えない状態でしたが、今回は低価格で出るらしいので、やっと買える状態になった感じです(笑)。

グリッドマンの怪獣も、フィギュア化してくれないかな…。

エースロボット改エースロボット改 2012/10/26 17:34 おお、こっちをちょっと開いてみたら増えていたのでびっくりしました。
グリッドマンですか、懐かしいですね。再放送などでも記憶がありますが、小さい頃はウルトラマン以上のヒーローでした。
今思えば特撮ヒーローとしてはかなり珍しい部類に入る作品でしたね。パワーアップ装備の導入や、味方ロボットの登場などはどちらかといえばマジンガーZなどの特徴でした。でも、子供心にはあれが最高にかっこよく見えるんですよねえ。
立ち位置からしてウルトラヒーローとの共演は難しいでしょうけど、DVDはレンタルが出たらぜひ見てみたいと思います。それと、もし現代にリメイクするとしたら、ネット犯罪も巧妙凶悪化してますから、元のSFチックでコミカルなものよりも、かなりリアルでシリアスな作風になるのではないでしょうか。

asabatyouasabatyou 2012/10/26 20:37 グリッドマンは小さい頃持っていたテレビマガジンに載っていましたので、存在自体は放送当時から知っていたのですが、実際に観たのは大学生になってからでした。
ネットが普及した今の世の中だからこそ共感出来るストーリーや設定、そして正統派な姿をしてるけど、ちゃんと世界観に合ったデジタルチックな外見をした怪獣などもあって、あっという間に虜になりました。特にシノビラーやフレムラーなどが好きです。

「もし現代にリメイクするとしたら、ネット犯罪も巧妙凶悪化してますから、元のSFチックでコミカルなものよりも、かなりリアルでシリアスな作風になるのではないでしょうか。」そうかもしれませんね。あの当時はパソコンやネットは殆ど架空の存在みたいな物でしたから、色々と分からない事があったと思いますが、今は違いますからそうなる可能性はありますね。個人的には例えリメイクは無理でも、再放送は是非やってほしいです。

話は変わりますが、これを書き終えた後2代目ブログを見てみたら、もういつものようにちゃんと使えるようになっていました(笑)。
また2代目ブログが使えなくなったら、こうやって初代に書くかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/20121025

2012-04-21 2が出来ました。

[] 18:17 を含むブックマーク のブックマークコメント


一応2が出来ました。まだ出来たばかりなので、殆ど何もありませんが(笑)。

初代のこのブログについては、まったく削除する気はなく、また色々と編集する事があるかもしれませんので、このまま残す気満々でいます。

という事で、2代目ブログです→asabatyouのアキバ系(!?)ブログ 2


かつてpulog1さんが作っていた、怪獣ブログと同じ所で作ったのはちょっとした拘りです。他にもそこで怪獣系のブログを作っている人は、結構いるみたいなので。

asabatyouasabatyou 2012/07/21 19:06 2008年1月10日の記事を削除しました。
流石に卑猥すぎると思いましたので…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/20120421

2012-04-17 ファースト・スクワッド

[] 22:22 を含むブックマーク のブックマークコメント

今日は借りたDVDの1枚「ファースト・スクワッド」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー

舞台は第2次世界大戦中である1942年。膠着した戦況を打開すべく、ドイツアーネンエルベは伝説の騎士ヴォルフ男爵とその騎士団を冥界から呼び覚まそうとしていた。赤軍諜報部に所属するナージャは、ドイツ軍の攻撃によって失ったかつての同僚たちを冥界から招き寄せ、これに対抗する。辛くもヴォルフ男爵を討ち果たし赤軍を守ったナージャだが、騎士のマスクを剥ぐとその正体は影武者であった。再びの対決の予兆をみせながら、幕は降りる。


解説&感想

日本とロシアの合作による、長編アニメ映画

レンタル屋で偶然その存在を知り、世界観やストーリーが面白そうで、前から観ていたと思っていた事もあって、借りて観る事にしました。

しかしいざ観てみると確かに悪くはないのですが、ラスボスが倒されてないという何の決着が付いてないまま終わってしまったのが残念です。はっきり言って中途半端ですし、あれでは未完成のまま公開してしまったようなものではありませんか。

個人的に1時間で終わらせてしまうのではなく、もう少し時間を長くして作った方が良かったと思います。

また日本語音声が入ってなかったのも、ちょっと残念でした。一応日本の作品なんですし、日本語音声があっても何も問題ないと思うのですが…。


スタッフ

監督:芦野芳晴

音楽:DJ KRUSH


キャスト

ナージャ:エレーナ・チェバトゥルキナ

ベーロフ少将:アレクサンドル・グルズジェフ

ヴォルフ男爵:セルゲイ・アイスマン


予告編です↓

D

参考:オリジナルビデオ アニメ ファースト・スクワッド - allcinemaファースト・スクワッド - Wikipedia



それとこのブログの画像を貼る為の容量がなくなった為、次回から新たにブログを作ってやろうかと思います。

なので、このブログで記事を書くのは今日が最後です。今までお世話になりました。そしてありがとうございました。

エースロボット改エースロボット改 2012/04/20 17:53 このアニメは初めて聞きました。少なくともうちの近所のビデオ屋で見かけたことはないですが、ざっとだけ見ても絵の質は悪くないですね。
ただ二次大戦時のロシア(ソ連)はナチス以上の虐殺国家だったので、正直感情移入はしにくかったです。客観的に見ても、当時もっとも規律よく人道的(対外的に)だったのは日本ですよ。
まあそういったことは水掛け論になるから置いておいても、国際共同作品というのは名作が多いですよね。ちょっとこれとは違うかもしれませんが、NHKでやっていたモンタナジョーンズなど好きでした。

このブログも終わりですか、容量を使い切るまでいくとはやってみると早いものですね。
移転先が決まったらリンクお願いします。

asabatyouasabatyou 2012/04/20 19:31 第2次大戦中のロシアといいましたら、あの悪名高きスターリンがいましたからね。感情移入出来ないのは仕方ない事だと思います。

「モンタナジョーンズなど好きでした。」モンタナジョーンズ懐かしい!!確か夜の7時ぐらいにやっていましたよね。あの頃はアニメや特撮を沢山放送していましたから、よく観ていたものです。

「移転先が決まったらリンクお願いします。」お任せください!!出来れば近いうちに作りたいと思っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/20120417

2012-04-15 らき☆すたOVA

[] 19:54 を含むブックマーク のブックマークコメント


今日は借りたDVDの1枚「らき☆すたOVA」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー

小柄でアニメやゲームが大好きなオタク女子高生泉こなたとその友人でゆったりした性格の柊つかさ、つかさの双子の姉でしっかりものでツッコミ役の柊かがみ、容姿端麗で博識ながら天然な所がある高良みゆきの4人を中心として、その周囲の人々も含めたまったりとした普段の生活を描いている。


解説&感想

初音ミクとのコラボが描かれた、「らき☆すた」のOVA(ただし柊かがみがミクの格好をしただけに過ぎない為、本人は登場していない)。

この手のアニメにしては珍しく、ドラえもんクレヨンしんちゃんのような子供向けアニメの如く、短いストーリーを1枚のDVDに収録した作りになっている為、毎回物語が独立しているのが特徴です。

一応あまり活躍しない脇役のキャラ達をメインにしたエピソードがありましたが、殆どのエピソードが主役をメインにしたものが多かった為、正直そんなに目立っていません。

まぁこれと言ってストーリーや世界観などが面白いわけでもないので、(というか、殆どないと言った方が良いかも)正直1回観れば十分といった感じです。

後特典映像が本編の終了後に出て来たのですが、白石稔さん目立ち過ぎです(笑)。もはや誰が主役なんだろうか(笑)?

f:id:asabatyou:20120415192448j:image

f:id:asabatyou:20120415192820j:image

スタッフ

原作:美水かがみ(「コンプティーク」、「コンプエース」連載)

監督:武本康弘

脚本:待田堂子

キャラクターデザイン堀口悠紀子

制作:京都アニメーション

製作:らっきー☆ぱらだいす2008


キャスト

泉こなた平野綾

柊かがみ加藤英美里

柊つかさ福原香織

高良みゆき遠藤綾


劇中の一部です↓

D

1枚目:らきぺでぃあらき☆すた百科事典/らき☆すた公式Web(参考にも使った)

2枚目:アニメ「らき☆すた」情報サイト-らっきー☆ちゃんねる

参考:らき☆すた OVA アニメ無料動画が見れる「アニポケット+」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/20120415