スマートフォン用の表示で見る

ウルトラマン

テレビ

ウルトラマン

うるとらまん

円谷プロダクションが「ウルトラQ」につづいて製作した特撮TV番組。

光の超人と怪獣との対決をクライマックスに据えたフォーマットを確立。現在まで高い人気を保つ画期的なシリーズとなった。

「最も派生テレビシリーズが作られたテレビ番組」として、世界記録に認定されている。

DCコミックスにも、ウルトラマンというスーパーマンのパラレルキャラが居るが向こうの方が先である。

ストーリー

ビートル機で偵察飛行中だった科学特捜隊隊員ハヤタ・シンは、夜空を怪しく飛び交う赤と青・二つの光球の行方を追った。ところが光球の捜索中、突如飛び出した赤い光球と正面衝突してしまい、命を落とす。

赤い光球の主はM78星雲の宇宙人だった。彼は青い光球=凶悪怪獣ベムラーを怪獣墓場へと護送する最中に逃げられてしまい、地球まで追跡に来たところをハヤタのビートルと衝突してしまったのだ。宇宙人はハヤタへの謝罪として自らの命と、有事の時に全長40mの銀色の巨人へと変身するアイテム・ベータカプセルを与えた。

程なく姿を現したベムラー。ハヤタは巨人へと姿を変え、凶悪な怪獣を葬り去った。

この事件を機に、ウルトラマンと呼ばれる銀色の巨人の活躍が始まった。