蕃茄庵日録(ばんかあん。国立駅前・ギャラリービブリオ店主のブログ)

2018-04-20 明日、「オロ」上映会

「南椌椌春爛漫展 桃天使さん」も今日も含めてあと3日。始まると早い。


南椌椌さんが帰られた閉廊後、ゆるゆると明日の準備。


明日の上映会でスクリーンで見るけど一応作動チェックで、と見始めた映画「オロ」。


オロ [DVD]

オロ [DVD]


これはいけませんや、一気に引き込まれてしまった。


D


6歳で故郷のチベットを脱出、ヒマラヤを越えてネパール経由でインド亡命した少年「オロ」。


一見、無邪気で陽気な彼が見たもの聞いたものとは。そして味わった辛苦とは・・・。



彼の軌跡と日常を一台のカメラで丹念に丁寧に追った迫真と感動のドキュメントだ



明日、4/21(土)、18時より上映会。参加費は1000円。


f:id:banka-an:20180411022332j:image


上映後は撮影に参加した南椌椌さんが「撮影秘話」を語ります。しかも急遽決まったサプライズ。なんとバイオリンの生演奏つき。



「一度見たらまた見たくなる映画」と言っていたのは加藤登紀子さんだったか。まさしくそのとおり。すでに僕自身、明日の上映会が楽しみでならない。映画を見たい、というよりも「オロくんに会いたい」という感覚。



一応予約制ですが当日も歓迎。ただ会場セットの関係で上映ぎりぎりでなくちょっと早めにご来場いただけると幸せ。


・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


ちんどんとインド音楽が奇跡の化学反応。5/12。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2963210

f:id:banka-an:20180417010504j:image

2018-04-19 asacoco 4/17にご紹介いただきました。

朝、期待に胸を膨らませて新聞受けを見る。


asacocoが来ていた。朝日新聞系の多摩地域のタウン紙。


f:id:banka-an:20180419230434j:image


こちらで、「井上孝治写真展『想い出の街』」についてご紹介いただいた。


f:id:banka-an:20180419230611j:image


ばっちり写真入。僕は思わず「飛び出せバッチリ」と叫んだ。うそ。うその上に不必要に古い。


D


それはともかくasacocoは「井上孝治写真展『想い出の街』」をご紹介いただくのに最適な媒体なので実にありがたい。


午後、ポストをチェックしたらレターパック。差出人を見たら松本格子戸さん。題す人気ストリップ芸人でイベントプロデューサー。先日の「チャーマァ洋品店」の初日に来ていただき知遇を得た。


そのとき「ワタシのプロデュースイベントのフライヤー、こちらに置いていただいていいですか」といわれ「どーぞどーぞ」と答えたのでそのフライヤーかな。


開封。


凄いのが飛び出してきた。


f:id:banka-an:20180419232527j:image


曰く、「桜田伝次郎 悦虐飼育残酷浣腸排泄劇」と「第2回 全日本金蹴り選手権」。



これぞまさに「飛び出せバッチリ」。違うか。18禁のイベントかー。うちは小学生のよい子たちもたくさん出入りしているから扱い注意だなぁ・・・・。


と裏返したら、格子戸さんの笑顔がまぶしかった。


f:id:banka-an:20180419233351j:image


ご興味のある方はご来店の折、小さい声で「例のヤツ」と囁いてください。そっとお渡しします。



そして「南椌椌春爛漫展 桃天使さん 」。明日は13時ごろから17時ごろまで作者在廊です。ぜひお運びください。


f:id:banka-an:20180413223913g:image



幸運を招く猫天使さんたちも団体でお待ちしています。




・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


ちんどんとインド音楽が奇跡の化学反応。5/122。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2962654

f:id:banka-an:20180417010504j:image

2018-04-18 雨の定休日に鳴った電話。

雨の定休日。こんな日はバリバリ仕事が進むぞ。あれもしてこれも片付けてナニもアレてと妄想したが、できたのはフライヤーの発注とフェイスブックのイベントページの作成のみ。あとはテレビを見たり居眠りをしたり。


夕刻、会社員時代の上司から電話。


「すみませ〜ん、今日はせっかく来ていただいたのに留守してまして」


あー、行ってませんけど。今日はずっと店のPCの前にいました。


人違いだろうか。


世の中に同じ顔の人が3人いるという。だから僕は窪田正孝を見ているといつも思う。


「もう一人はどこにいるのだろうか」。


・・・。この「窪田正孝」の箇所はその時代その時代に合わせていろいろ入れてきました。一番古いのは草刈正雄だったかな、三浦友和だったかな。


その窪田正孝三浦友和が共演している話題のCM。


D


この撮影はうちの近所の「国立市中ふれあい公園」、通称「ナカフレ」で行われた。ちょうど撮影中にツレが通りがかり、物見高く立ち止まったらADに居丈高に排除された、と憤慨していた。


「通りがかったのがキミでよかったよ。オレだったら現場が混乱したところだ」


となだめたが返事がなかったのは言うまでもない。



それはともかくとして今日、旧職場を訪ねたのは誰だろう。


もしかして生霊か。六条御息所みたいに。幸い僕は「超」がつく円満退社で旧職場には感謝こそあれ恨みはない。


でも未練はある。


社員食堂のキーマカレー、鶏唐揚丼、豚肉竜田揚定食、秋刀魚塩焼定食は死ぬまでにもう一度食べたいといつも思っている。


もしかして僕の生霊は社員食堂をさまよったか。うん、たぶんそうだ。僕が所属していた広報室は社員食堂の隣だったしね。



・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


ちんどんとインド音楽が奇跡の化学反応。5/122。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2961782

f:id:banka-an:20180417010504j:image

2018-04-17 テレビ、見ました。

本日来られたお客様に


「テレビ見ました。うつってましたね」


といわれた。はい、映ってましたね。



日曜午後フジテレビ系の骨太ルポルタージュザ・ノンフィクション」の人気シリーズ「マキさんの老後」。ゲイレズビアンの逆転夫婦の日常を永年に亘って追ったもので当ビブリオでロケをしたこともある。


それの最新版がおととい、4/15(日)に放送されたのだ。


D


それの終盤に「大晦日の浅草木馬亭に集結したお客」の役で。いや「ノンフィクション」なんだから「役」ってことはないね。


ナレーションに曰く、



「集まったのは通の客。浅草のウルサ方が勢ぞろい」



f:id:banka-an:20180417231423j:image



そゆこと言うかぁ? 僕は通じゃないし、浅草は年に数度しか行かないし、なにより「ウルサ方」ではない。でも「客」ではある。これは声を大にして言っておかなければならない。



いっそ、その日のブログを引用しよう。




............以下、2017年大晦日のブログより引用............



昼から浅草へ。ポルノの帝王・久保新二大兄から下のような赤紙が来たのだ。いかざぁなるまい。


f:id:banka-an:20171231231814j:image


いや、赤枠は忘れないように僕がつけたんだけどね。

 

今年2月の合笑組くにたちビブリオ公演に出てくれた伝説のニューハーフ「オカマのマキさん」のショーがあるのだという。


フジテレビの日曜午後の骨太ルポルタージュ番組「ザ・ノンフィクション」。人気シリーズ「マキさんの老後」。老境に達したゲイレズビアンのアベコベ夫婦の日常を追ったものだ。


その夫というか妻というか、ニューハーフのマキさんが起死回生のダンサーカムバックを試みる小屋として今年2月の合笑組くにたちビブリオ公演が収録会場となったのだ。


結果、放送は大反響だったそうだ。当館の出番は約3分


不安な気持ちの楽屋から、大うけだったショー。そして喜びの楽屋までが映し出されていた。


当館の名前や外観もバッチリ入れてもらった。約一分にまとめてみました。

f:id:banka-an:20170611235846g:image


とても面白いドキュメントだった。一見、コワモテで粗野にも見えるけどその実、底抜けにやさしくひたすら誠実な久保さんの人柄もよく描かれていて感動的だった。


そうなると気になるのが世間の評判。かつての隆盛とは比べるべくもないが今も健在な2ちゃんねらーの皆さんの感想をリサーチしてみた。


以下、その一部。


f:id:banka-an:20170611235752j:image

f:id:banka-an:20170611235749j:image

f:id:banka-an:20170611235745j:image


多くの方に「なんだこの小屋は」と思っていただけたようでよかった。


そんな恩義のあるマキさんと久保さんのショーがあるというのだからこれは赤紙でしょう。


小雨の浅草は大混雑。



(中略)

会場は奥山の木馬亭

f:id:banka-an:20171231233025j:image


まずは久保さんと弟子で構成作家の石動三六さんの漫才的トークから。

f:id:banka-an:20171231233155j:image



続いて六本木仕込のマキさんのダンス。


f:id:banka-an:20171231233311j:image


カムバックから約一年。ずいぶんおきれいになった気がする。


つづいて鼎談


f:id:banka-an:20171231233448j:image



舞台衣装の久保さんマキさんに対し、パチンコ屋やコンビニにでも行くようなスタイルの石動さん。


(中略)


そのあとはマキさんのキャバレー芸「へび女」。と3人のご挨拶で終了。いやいや年の瀬にいい物を見せてもらいました。


............以上、2017年大晦日のブログより引用............


と、まぁこういう事情。エキストラかよって? いいや客である。お金を払ってみたのである、くそ忙しい大晦日に。


やらせかよって? いやいや本当に面白かったですよ。ジャンパーではなくブレザーを着ていったところに多少の作為と若干の忖度がなかったとはいわないが。



ただ、ウルサ方ではないし「通」ではない。


まあ、「通」という言葉にはいろいろな使い方があって、姦通、密通、内通、通俗なんて言葉もあるからあながち間違いとはいえないかもしれない。


それか、僕はナレーターの「ツウ」を「通」と聞き取ったが、もしかしたら「痛」だったのかもしれない。



だとしたらものすごく合ってる。


f:id:banka-an:20180417231903j:image





・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


ちんどんとインド音楽が奇跡の化学反応。5/122。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2960939

f:id:banka-an:20180417010504j:image

2018-04-16 ちんどん音楽とインド音楽、奇跡のコラボ「魅されろ! 喜びが満たさ

f:id:banka-an:20180416231852j:image

f:id:banka-an:20180416232023j:image

f:id:banka-an:20180416232047j:image


ちんどん音楽とインド音楽、奇跡のコラボ


魅(ばか)されろ! 


喜びが満たされますように



ちんどんが練り歩き、


インドの神々が路地を唄う、


僕たちに肖(に)た先祖が


ちんどんの手のひらで


踊り遊ぶ!


5月12日(日) 14時30分開演(14時開場)


会費 3,000円 (要予約。30席限定)


会場  国立駅前・ギャラリービブリオ


    国立市中1-10-38

f:id:banka-an:20180416234146j:image

  

[アクセス]

JR中央線国立駅下車。南口にでてロータリーに面したサンドラッグ三井住友BKのとなり「ローソン中1丁目店」(ロータリーに面してもう一軒ローソンがあるのでご注意を)の角を右折し100メートル先「タリーズ」と「餃子の王将」の間のY字路を右方向に入り80メートル先左側の茶色い木造の二階家です。


終演後は同会場にて打上げ1,500円(自由参加)。


申し込みは主催者・末森氏にメールで。


または「080-5431-5393」まで電話で。


またギャラリービブリオ公式サイトの「申込み・問い合わせ」フォームへ。


ギャラリービブリオ 

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


【出演者紹介】


ちんどん=ちんどん月島宣伝社


f:id:banka-an:20180416234356j:image


1997年台東区ちんどん屋二代目瀧廼家五郎八親方に師事していた堀田祐子(港家小そめ)を代表として開業。富山全国チンドンコンクール出場20回。北は北海道から南は九州、さらには海外まで縦横無尽に活躍中。


D

D


ちんどん全般については下記の短編映画がすごくわかりやすくて楽しくてなおかつ美しいので。

D

         パワーハウス「TingDong ちんどん」


5/12のライブに来演のお二人はもちろん、昨年11月の中川フォークジャンボリーにゲストで来てくださった大熊ワタルさんとこぐれみわぞうさんもご出演。



【当日の編成(予定)】

チンドン太鼓:堀田祐子(ちんどん月島宣伝社)

クラリネット:岩渕理緒



インド音楽=ナマステ楽団

f:id:banka-an:20180416235451j:image

f:id:banka-an:20180416235441j:image


インド出身のタブラ奏者ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディと東京出身の詩人ギタリストの「狂犬」こと末森英機のユニット。


聴く人を鼓舞し盛り上げるちんどんと聴く人を幽玄境へといざなうインド音楽化学反応が楽しみな企画。


またちんどん練り歩きも計画中との噂も。


僕の推奨コースはこちら。


f:id:banka-an:20180407110949g:image





・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2960404


f:id:banka-an:20180417010510j:image

f:id:banka-an:20180417010504j:image

2018-04-15 ライブと映画会の二本立て無事終了

3日目。16時からは深水郁さんのピアノ弾語りライブ。


f:id:banka-an:20180411094937j:image


しかしお隣の西国分寺駅人身事故。交通は大いに乱れ深水さんは途中駅から徒歩。お子さん連れなので車で迎えに行きたかったが店を留守にもできずに煩悶する。リハーサルの時間がほとんど取れなかった。


それでもオリジナル曲と椌椌さんの詩に曲をつけた新曲4曲で聴衆を魅了、にこやかに温かいステージを作ってくれた。感謝。


f:id:banka-an:20180415233658j:image


普段のピアノライブでは開店前にピアノをセットして閉店後に片付けていた。それが今日はそれをお客の前で短時間でやらなければならない。しかも壁際には壊れやすいテラコッタがある。もちろん短時間でスピーディゴンザレスに。

結果、つかれきる。


今回は投げ銭ライブ。多く集まってそれはよかった。


続いて18時からは映画会。


f:id:banka-an:20180411022335j:image


短時間でピアノを片付けた部屋にスクリーンとプロジェクターをセッティング。夕食をとる暇など当然ない。


普段の上映会では開店前にスクリーンとプロジェクターをセットして閉店後に片付けていた。それが今日はそれをお客の前で短時間でやらなければならない。しかも壁際には壊れやすいテラコッタがある。慎重の上にも慎重に。


そして上映。


f:id:banka-an:20180416000902j:image



約70分の音楽ドキュメント。まるでライブ会場にいるような気分。高田さんの洒脱なトークに感動。昨日に続いて2回目の視聴。



無事映画が終わった後は中川五郎さんと椌椌さん、渡さんの親友二人によるアフタートーク


f:id:banka-an:20180416001134j:image


続いてサプライズで五郎さんのミニライブ。


f:id:banka-an:20180416001407j:image


ライブツアー帰りでギターを持っていたからって、これはちょっとサービスしすぎでしょう、椌椌さん。「上映+トーク+ライブ」で1000円ぽっきりとはもはやダンピング


終了後は乾杯タイム。僕は心を無にして後片付け。


これをやっておかないと明日が迎えられない。ライブの後片付けはゴミ分別も含めると最低でも2時間近くかかる。「こっちにきて一緒にやろうよ」とお誘いもいただくのだが打ち上げ中に後片付けを進めないと寝る時間がなくなる。特に今回はスクリーン、ピアノという大物がある。


21時30分に解散。皆さんをお見送りした後、しばし放心。おなかは減っているが体が動かない。ようやく意を決して動き出し、餃子の王将に行ったらもう閉店。やむなくとなりのやよい軒で遅めの夕食。ようやく意識が戻った。


なにはともあれイベントの二本立て、無事終わってよかった。お客さんが靴を間違えて変えるという昭和な椿事もあったがそれもまたよし


明日からは平常運転


・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2959794

2018-04-14 「南椌椌春爛漫展」二日目。明日はライブと映画会

大会二日目。2階富士の間ではアリさんこと松田幸一さんのハモニカ教室


帰りに寄ってくださった。椌椌さんとアリさんは旧知の仲。椌椌さんのリクエストで突然ブルースハープのミニライブ。


f:id:banka-an:20180415001825j:image


偶然、居合わせた人は超ラッキー。



そして明日はイベントデー。


16時からは深水郁さんのピアノ弾語りライブ。


f:id:banka-an:20180411094937j:image


椌椌さんの詩に曲をつけた作品も4曲披露される予定。デモ版を聞かせていただいたけど凄くいい。椌椌さんと深水さんの世界観がピタリとあった感じ。



16時から予約不要の投げ銭ライブ。しかも・・・。来場のお客様に椌椌さんのイラスト&ポエムカードをプレゼント。4種類。今回のコラボ曲の詩文とイラスト入り。


f:id:banka-an:20180415002840j:image


なんて太っ腹。



18時からは映画会。


f:id:banka-an:20180411022335j:image


こちらは会費1,000円。しかも中川五郎さんと椌椌さん、渡さんの親友二人によるアフタートークつき。


これもまた楽しみ。


閉店後、ピアノを控え室にセット。


f:id:banka-an:20180415003359j:image


時間までたっぷりリハーサルしてください。



そして映画の作動チェック。

f:id:banka-an:20180415003544j:image


で、結局、最後まで見ちゃうんだよなぁ。



・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2958888


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-13 「南椌椌春爛漫展 桃天使さん」初日

そして春爛漫の中、「南椌椌春爛漫展 桃天使さん」は本日初日。


準備は昨日のうちに完璧。安心して今朝を迎えた。さすが初日で途切れずにお客様は来られた。それには理由がある。お客様の滞在時間が長いのだ。


テラコッタの桃天使像の数は大小約240体。当然ながらみな違う顔をしている。異なる姿をしている。見ていて飽きない。じっくり見たくなる。


f:id:banka-an:20180412031343j:image


中でも個人的に注目は猫天使さん。豊かな表情に心やすらぐ。


f:id:banka-an:20180413223913g:image



今日に続いて明日も南椌椌さんは在楼もとい、在廊予定。そしてあさってはいよいよイベント。


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

・・・・・開催中・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2957379


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-12 東京新聞にご紹介いただきました。

東京新聞にご紹介いただきました。


f:id:banka-an:20180413002058j:image


ばれちまったら仕方がない、観念しよう・・・。


いやもちろん一面じゃなくてイベント欄の「ギャラリー」のコーナー。なかなか潔く泣き別れになっている。


f:id:banka-an:20180413002339j:image


ちょっと整理するとこんな感じ。


f:id:banka-an:20180413002456j:image


ありがとうございます!!



そんなわけで「南椌椌春爛漫展 桃天使さん」は明日から。今日は昼過ぎから椌椌さんがきて最後の仕上げ。なかなか面白い空間ができた。どうぞ皆さん、お越しください。


・・・・・いよいよ明日から開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!

・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2957379


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-11 南椌椌展の設営

今日はあさってからの南椌椌展の設営日。


正午ごろ荷物とともに椌椌さん来臨。まずは荷解き。そして仮置き。


とにかく点数が多い。置いてみたもののどうにもこうにも「もっちゃり」しちゃうなあと二人で頭を抱えたところに救いの女神。椌椌夫人で舞踏家の山田せつ子さんが手伝いに来てくれた。


D


テキパキと再構成、すっきりとまとめてくれた。先が見えた。今回の展示室はこんな感じ。


f:id:banka-an:20180412031343j:image


f:id:banka-an:20180412031442j:image

f:id:banka-an:20180412031439j:image

f:id:banka-an:20180412031436j:image

f:id:banka-an:20180412031433j:image

f:id:banka-an:20180412031538j:image

f:id:banka-an:20180412031535j:image

f:id:banka-an:20180412031532j:image

f:id:banka-an:20180412031529j:image

f:id:banka-an:20180412031634j:image

f:id:banka-an:20180412031631j:image

f:id:banka-an:20180412031628j:image


古座敷がかわいらしい桃天使さんのテラコッタで満たされた。


明日、微調整して、明後日13日金曜日に開始です。ぜひ現物に会いに来てください。


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2956864


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-10 深水郁 南椌椌を歌う

今、フェイスブックでは動画ウィルスが猖獗している。


友達アカウントから動画が送られてきてそれを開くと直ちに感染し自分の友達にも自動的に送りまくるというもの。 ここ数日、僕の友人もずいぶん感染した。中には「この人から動画が送られてきたら何も考えずに見ちゃうよなぁ」というような著名なミュージシャンもいてなかなか厄介。


幸いにして僕のところには来ないなぁと思っていたら来た。シンガーソングライターの深水郁さんから動画ファイルが送られてきた。


ついに来たかと削除しかけたがちょっと様子が違う。世に出回っているものとは形式が違う。


用心しつつ開いてみたら・・・。


深水さんには4/13から始まる南椌椌さんの個展で4/15に歌っていただく予定だ。



4月15日(日)


16時〜 


シンガーソングライター・深水郁(あや)さんピアノ弾き語りライブ

「桃天使さん」 


f:id:banka-an:20180306225314j:image


オリジナル曲に加え、椌椌さんの詩にも曲をつけて歌う予定。


<投げ銭制>



そう、これ。これの曲のファイルを送ってくれたのだ。とりあえず2曲。


開いて聴いたら・・・。いたずら好きで自由奔放な椌椌さんの詩を見事に音楽にしている。思わずブログにアップしかけたがいかんいかん、お披露目はライブ会場で。


取り急ぎ、その詩句を入れたポスターを作った。

f:id:banka-an:20180411022141j:image



その勢いで続くイベントのポスターも製作。


f:id:banka-an:20180411022335j:image

f:id:banka-an:20180411022332j:image



深水さんと椌椌さんのコラボ、凄いことになりそう。楽しみだなぁ。

ターの深水郁さんから動画ファイルが送られてきた。 ついに来たかと削除.

2018-04-09 チャーマァ洋品店余録

一夜明けて。


実は昨晩はブログを更新する余力なく沈没。今朝になって更新した。


昨日付け記事には書ききれなかったがいろいろなことがあった「チャーマァ洋品店」。



昨日、ジュンマキ堂が着ていたラメのロングドレスは会期中にビブリオで作ったもの。


f:id:banka-an:20180409160636j:image


泊り込みで閉店後や開店前にミシンを踏んだ。


f:id:banka-an:20180410011641j:image


いくら角兵衛獅子親方だからといって座敷牢に閉じ込めたわけではない。入り口扉の源氏格子越しの後姿盗撮である。


裁断の際には当然ながらスパンコールが落ちる。掃除機をかけるとサイクロン掃除機の中でスパンコールが回転してきれい



粋なコック姿を披露した専属バンド「女横丁痺れ腰」のギタリストベンジャミン・オイカワさん。


f:id:banka-an:20180409233956j:image


忘れて帰られたようで、掃除をしていたら隙間から出てきた。


f:id:banka-an:20180409234415j:image


戯れに僕もかぶってみたら・・・・。


「粋なコック姿」というより「エースなコック姿」だった。


f:id:banka-an:20180409234716j:image



掃除を終えた展示室。


f:id:banka-an:20180410012110j:image


同じ部屋とは思えないね。


f:id:banka-an:20180409145320j:image



ところで、会期の初めの時期のビブリオビークルは四半世紀以上付き合った内蔵助くんだった。


f:id:banka-an:20180410013530j:image


これが部品欠損で廃車を余儀なくされて入れ替えた。僕も車のダウンサイジングを考えるお年頃。だけど営業用なのでたくさんの荷物を載せられないと困る。具体的には100号クラスのキャンバスが乗せられないと。または半切額が40枚程度乗せられないと仕事にならない。


そこでご子息が中古車販売会社を営む幼馴染のマー坊にちょうどいい車を探してもらって会期中に納車になった。


新しいビブリオビークルはこれ。


f:id:banka-an:20180410014626j:image


ホンダ軽ワゴンバモス。名前はまだない。ガンメタカラーなので「雁之助」とでもしようか。


昨晩はこれにチャーマァさんと魔子さんとデリシャの大道具小道具を満載して中野区のデリシャ総本部へ行った。道はカーナビに一任。ちなみにこのナビも中古。廃車されるメルセデスからはずした由緒正しき品だとか。



夕刻、駅前のせきや酒店の番頭さんが来られた。ビールケースの回収。今回、ガーデンショーの椅子として、模擬店のテーブルとして50個ほど貸していただいたのだ。


f:id:banka-an:20180410012449j:image


お世話になりました。ありがとうございました。


今回、4月1日と8日の両日、チャーマァさんは自ら立飲み屋「一番星」を出した。その際にチャーマァさんはお酒を安売り店などに行かずに「お世話になったから」と義理堅くせきやで購入していた。


そして期間中配布のパンフレット


f:id:banka-an:20180410012953j:image


そこにもちゃんと、「せきや酒店」のクレジット。


f:id:banka-an:20180410013313j:image


こういう社会人としてちゃんとしているところも、チャーマァさんが人に愛される理由なんだろうな。




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2955446


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-08 チャーマァ洋品店大団円

あっという間の9日間。本日は「チャーマァ洋品店」の最終日。今日はフィナーレイベント「ジュンマキ堂のあっぱれチンドンショー」がある。


f:id:banka-an:20180405003237j:image


10時に集合してまずは設営。


f:id:banka-an:20180409123758j:image



リハーサルをしている間に開店時間。昨晩、角兵衛獅子で仕上げた作品を加えて華やかな店内。


f:id:banka-an:20180409145320j:image



13時からちんどん練り歩き。コースは僕が推奨したもの。


f:id:banka-an:20180407110949g:image


ただ、初めての人にはわかりにくいので僕が先導。ただの通行人を装い、なるべく振り向かないように。


新緑の国立を行くちんどん隊。先頭の美少女はデリシャ研究生のルアンちゃん。


f:id:banka-an:20180409124255j:image

         (写真はアコーデオンのマサルちゃんのインスタ)



笑顔や手拍子で迎える沿道の人々。国立の人はお祭り好きで音楽好き。ルアンちゃんが配るチラシもみんな受け取ってくれている。


最後の200メートルはチャーマァさんも合流。



14時からはチンドンショー。


あちゃらか芝居に抱腹絶倒。


f:id:banka-an:20180409130107j:image

            (マサルちゃん)


f:id:banka-an:20180409130110j:image

            (マサルちゃん)


満員御礼。


f:id:banka-an:20180409131025j:image

         (写真は常連のHさん)

     

       

チャーマァさんも歌う。


f:id:banka-an:20180409130352j:image

           (Hさん)



そしてチンドン演奏。


f:id:banka-an:20180409130541j:image

              (マサルちゃん)


もちろんミュージシャンとしても腕っこきなので聴かせる聴かせる。


終演後に全員集合。


f:id:banka-an:20180409131554j:image

              (マサルちゃん)

みんないい笑顔。


そのあとは17時まで短い平常営業。最後のお客様は銭湯大使フランス人ジャーナリストステファニーさん。


f:id:banka-an:20180409132259j:image

        (ステファニーさんのツィッター)


17時に庭で閉会ファンファーレ


f:id:banka-an:20180409160636j:image


これにて大団円


f:id:banka-an:20180409132646j:image


9日に亘る営業を終えた。


ただちに撤収作業


メンバーと残ったお友達がフル回転。僕は邪魔をしないように別室で精算作業。デリシャメンバーと立会い検品で売上げを算出して支払い。


そうこうしている間に第一便が出発。その間に皆さんが僕の車を荷物で満載にしてくれる。僕は荷詰めが下手なので手を出さない。すぐにでも出発したいところだが、ピストンする第一便の到着を待たなければ出発できない事情があって、みんなで煎餅を食べながら雑談。


往復してきた第一便の帰着を待って21時30分に出発。助手席に魔子さん、後部座席にチャーマァさんを乗せて中野区のデリシャ総本部を目指す。現地で荷物を降ろして帰路。日付変更線をまたぐ寸前に帰宅。


キッチンで誰かが食べ忘れた信玄餅を食べていたらチャーマァさんからメール。ちゃんと帰ったかどうか心配してくれたようだ。大丈夫です、ちゃんと帰りました。


「うちに帰るまでが遠足です」というが、これにて「チャーマァ洋品店」も無事終了。白昼夢のような9日間だった。



実は「往復の時間がもったいない」と、チャーマァさんはビブリオ泊り込みで初個展に取り組まれた。開店前、閉店後に製作にいそしんだ。銭湯に行き町の食堂や居酒屋に行き町の人とふれあい人懐こくやさしい人柄で人の輪を広げた。


チャーマァさん、いろいろありがとうございました。お疲れ様でした。お越しいただいた皆様、応援していただいた皆様、ありがとうございました。



多くの人に「またやって」といわれた。超多忙なチャーマァさんのスケジュール次第だけど、うん、また開催したいと思った。チャーマァさん、ぜひまたやりましょう。


続きはこちらで。 ←クリック!



・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2955128


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-07 オレの角兵衛獅子

始まるとあっという間。もう明日が最終日。今日も多くのお客様がお越しになりにぎやかな一日。


二度目、三度目の方、そして来場されたお友達に薦められてというケースが増えてきた。またチャーマァさんのお友達も多く来場された。


人気者のチャーマァさんのこと、お誘いも多い。「お勧めの店があるので今夜、飲みに行かない? 」とか。


その都度、「いえ、作品制作があるので」とけん制するワシ。



「マネージャーが厳しいねぇ」


いえいえマネージャーなんておこがましい。そんな大した者じゃありません。せいぜいが角兵衛獅子の親方です。そのうち鞍馬天狗に懲らしめられます。


それはともかくチャーマァさん、制作もがんばってくれて追加作品が出来上がった。


タヌキさんトート。

f:id:banka-an:20180408011214j:image


下着入れ袋

f:id:banka-an:20180408011335j:image


さらにはビンテージ布を使った風呂敷や手ぬぐいも。これ、壁にかけても楽しいなぁ。


これらは最終日である明日に投入。



明日の最終日も正午に開店。


閉店フィナーレのちんどん隊「ジュンマキ堂」は13時にビブリオを出発し、町内練り歩き。

f:id:banka-an:20180407110949g:image


14時からはビブリオ庭にて投げ銭ライブ。

f:id:banka-an:20180405003237j:image


洋品店は17時まで営業。


誰もが驚く不思議で面白い「チャーマァ洋品店」も明日で千秋楽。お見逃しなく!!




・・・・開催中。いよいよ明日、4/8まで・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2954234


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-06 ムード歌謡の余韻とちんどん屋さん

一夜明けてもタブレット純さんの甘い歌声が頭の中を渦巻いている。ファンの方のツイートセットリストが知れた。


あなたのすべてを

さすらい人の子守唄

有楽町で逢いましょう

誰よりも君を愛す

街の灯り

あなたの心に

泣き虫ロポポ

小樽の人よ

ラブユー東京

泣かないで

岬めぐり


「泣かないで」が泣けたなぁ。


やっぱりうちでお座敷ライブ、企画したい。



さて、チャーマァ洋品店も残すところあと2日。幸いにして売れ行き好調で品物もだいぶなくなってきたが、明日から追加増産体制に入る予定。


お見逃しなく。ぜひお越しください。


そして8日はフィナーレでちんどん屋さん、登場。どうぞお楽しみに。



f:id:banka-an:20180405003237j:image



どこをどう歩くかは推奨コースを脳内シミュレーション中。


f:id:banka-an:20180407110949g:image






・・・・開催中・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2953589


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-05 中盤のクライマックス タブレット純ゲリラライブ

昨日がちょうど「チャーマァ洋品店」の中日。そこで今日は中盤のクライマックス。


特別ゲストによるシークレットゲリラインストアライブ。


f:id:banka-an:20180405235711j:image


口止めされていたので言えなくてつらかったのだけど、本当に特別なゲスト。


f:id:banka-an:20180406000017j:image


告知は唯一ご本人のブログのみ。しかも本日午後更新。


それでも満員になっちゃうのである。


f:id:banka-an:20180406001651j:image



今回はチャーマァ洋品店のインストアライブ。周りには商品や作品が置いてあるので収容人数が少ない多めに見積もって18人くらいか。


ムード歌謡名曲エレアコ弾き語りで60分。


終演後はお客様一人ひとりに声をかけて丁寧にお見送りする純さん。


f:id:banka-an:20180406002655j:image


手には缶ビールだけど。



お客様からは口々に、


「とてもよかった」


「歌と環境があっていた」


「またここで開催して欲しい」


とのお声をいただいた。


確かに凄くよかった。畳、土壁、杉板の環境に純さんの声がとても心地よく響き、そして沁みた。うん、あらためて企画してみたいなぁ。



・・・・開催中・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2952101


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-04 4/8 はビブリオ〜大学通り〜ビブリオ「チンドンショー」

立川駅前に「ますだや食堂」ってのがありましてね。「ファミレス」なんて概念がないころ、和洋中そろったデパート最上階のお好み食堂を地下におろしたような店。子どものころ、家族で買い物に行ったときなどよく行った。


ある日、僕は隣の席の母を肘でつついて言った。


「お母さん、こんなところに船乗りがいる」



でも船乗りに見えたのは制帽を阿弥陀にかぶったままスパゲティを食べるタクシーの運転手さんだった。



また別の日、都内の駅のホームで隣に立つ母を肘でつついて言った。


「お母さん、こんなところにサムライがいる」


サムライに見えたのは時代劇から抜け出たような鬘姿のまま電車で移動するちんどん屋さんだった。


それがちんどん屋さんをみた最初だった。それから約半世紀。とうとううちでちんどん屋さんを呼ぶときが来た。


チャーマァ洋品店フィナーレ祭典

「ジュンマキ堂の 春だ! 満開! あっぱれチンドンショー」


f:id:banka-an:20180405003237j:image


チャーマァ洋品店のフィナーレを寿いで賑々しく盛り上げます。


13時〜 国立・ちんどん練り歩き(たぶん大学どおり)


14時〜 ちんどんライブショー 投げ銭ライブ  ビブリオのお庭にて


<内容>

● 祝いの口上勤め候

● 生演奏あり! 歌あり、芝居あり

● チャーマキ御茶屋トーク

● 旅道中「三色団子一座」参上

●゜マユコ、チャーマァオールコーディネイトで大変身の巻

● 貴方のお腹を満たします---盥食堂

D


はてさてどうなりますことやら。当日のお楽しみ。


天気予報に「晴れ」が出た。


f:id:banka-an:20180405014804j:image



どうぞ皆さん、お気軽にお集まりください。そしてみんな一緒にちんどん屋さんの後をゾロゾロついて歩きましょう。そしてみんな一緒に迷子になりましょう。



   ・・・・・開催中・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2952101


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-03 チャーマァ洋品店4日目。石立の縁

「チャーマァ洋品店」4日目。


サラリーマン時代の後輩、サキちゃんが来てくれた。仕事でご一緒したことはないがサラリーマン生活最後の年に受講した「JPIC読書アドバイザー講座」で同期。一年間みっちりと本と読書について勉強した。サキちゃんは当時20代だったかな。彼女もその後、結婚、転職、出産、と経験したがそんな変遷でもご縁が切れないところがフェイスブックのありがたいところだ。


今日は6ヶ月の愛娘・アンちゃんを連れてきてくれた。だめですよ、かわいすぎて。ニコッと笑いかけられたりするともう全財産あげたくなっちゃう。財産ないけど(by 小泉進次郎)。


ご持参の自撮り棒で記念撮影。浅草に来た気分。



書いていいかわからないけどご本人がブログにアップしたから書いちゃう。市議で女優の石井めぐみさんが来てくれた。実はメールでお誘いした。絶対に好きな世代だよなぁ、と。


でもそれ以外にも「この展示には石井さんを誘わないといけない」という気持ちが不思議とあった。


それの理由は今日、石井さんと話す中でわかった。それは石立鉄男。チャーマァさんは大の石立鉄男ファン。そしてかつて石井さんと石立さんは共演しているのだ。それでご紹介したいと思っていたのだなきっと。


「うわさの刑事 トミーとマツ」で石井さんは「まりっぺ婦警」という、トミーこと国広富之さんとマツこと松崎しげるさん両刑事のマスコット役で出ていて、その上司が石立さんだったのだ。これが頭の片隅にあったんだと思う。


詳細は石井めぐみさんのブログでご確認いただきたい。石井さんのブログ「シアワセのタネ」(←クリック)。素敵なリポート、ありがとうございます。



   ・・・・・開催中・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2950700


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-02 チャーマァ洋品店3日目の人違い

デリシャショーの興奮と喧騒から一夜明けて「チャーマァ洋品店」3日目。


昨日、興奮の坩堝となったビブリオガーデンにテーブルを出して優雅にお弁当のチャーマァさん。こんな庭の使い方ができるのも一年のうちほんのわずか。


夕方ご来店のお客様、近くのブティックにおいてもらったチラシを見てご来店とのこと。早速、当該ブティックにお礼の表敬訪問に行くチャーマァさん。フットワークがいい。



帰ってきてガーデンテーブルでスマホを操作しながら首をかしげるチャーマァさん。昨日のデリシャショーのリポートを入力したらなぜかチェンマイ太郎氏(仮名・59歳くらい)がタグ付けされるという。


チェンマイ太郎氏は僕の大学時代の先輩で勤めを早期リタイアしてチェンマイで暮らしている。去年の春のデリシャのチェンマイツアーに際してアテンドを頼んだら期待以上の大活躍をしてくれてメンバーともすっかり仲良しになった。


今回のチャーマァ洋品店に関しても、なにをやらしてもツメが甘い後輩を気にかけてくれていた。とはいえチェンマイ在住。いくらエイプリルフールだからって国立にいるわけがない。


まさか生き霊? わが国は昔から生き霊が盛ん(?)な国だ。古くは六条御息所が生霊となって葵の上を殺している。それ、お払いしたほうがいいですよ、なんてけしかけていたが、判明。


以前、初めてチェンマイ太郎氏をチャーマァさんにひき合わせた後チャーマァさんが「チェンマイ太郎さんって東陽さんと雰囲気似てますよね」っていうのに「そうですかぁ? 確かに年齢と性別は似てますけどぉ」とかいっていたんだけど、今回チャーマァさんがアップしていた写真の中の一枚に写った東陽片岡さんの顔にチェンマイ太郎氏がタグ付けされていたのだった。


チャーマァさん唱えるところの「東陽片岡チェンマイ太郎類似説」に僕は疑義を呈していたが、ザッカーバーグ氏の判定はチャーマァさんに微笑んだ、ということか。


   ・・・・・開催中・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2950700


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-04-01 『デリシャスウィートスの大回転パノラマ女ショー』当日

今日は『デリシャスウィートスの大回転パノラマ女ショー』。


9時に、チャーマァ、魔子、チムニーベンジャミン、のメンバーが集合。ショーの段取りと踊りの確認。続いてゲストの東陽片岡さん、サポートスタッフのアラマキちゃん、研究生のルアンちゃんも来て最終確認。


f:id:banka-an:20180402014023j:image

f:id:banka-an:20180402014026j:image

f:id:banka-an:20180402014028j:image


あっという間に開場時間。そして瞬く間に庭が人で埋まる。老若男女。年配の方から若いカップル、赤ちゃん連れのお母さんまで。そしてそのお母さんがかつてのメンバーだったりもする。


f:id:banka-an:20180402015119j:image


大音響のファンファーレで開幕。元気に行進するデリシャ。

f:id:banka-an:20180402103215j:image

(photo by 写真小僧氏 @fuji_camera_y )


「ゲバゲバ」を思い出したりもする。自然に起こる手拍子。もうすでにデリシャのペース。


f:id:banka-an:20180402101716j:image

(この写真は本宮のキャサリン嬢より拝借)


二階家と庭を縦横無尽に使っての一軒丸ごとのレビューショー。


f:id:banka-an:20180402101934j:image

(Katharine photo)


歌あり踊りあり笑いあり感動ありの100分間。


f:id:banka-an:20180402103613j:image

    (photo by 写真小僧氏 @fuji_camera_y )


f:id:banka-an:20180402102356j:image

(Katharine photo)


毎度ながらデリシャのショーは面白いを見ていると元気になる。日々の暮らしの85パーセントくらいは忘れられる。舞台袖から見たお客様方もみんなそんな顔をしていた。



終了後の記念撮影。


f:id:banka-an:20180402015610j:image



そのあとは展示室で打ち上げ。打ち上げだけどオープニングパーティー。



つまり始まったばかり。明日からよろしくお願いいたします。




   ・・・・・開催中・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2950017


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-03-31 「チャーマァ洋品店」初日。立見席作りました。

いよいよ初日。「チャーマァ」洋品店。


f:id:banka-an:20180401002840j:image


チャーマァさんとは10時に会場待ち合わせ。最後の仕上げ。終わったらちょうど開店時間。


f:id:banka-an:20180401002618j:image


チャーマァさんがちょっと買い物に出たときに呼び鈴。花屋さん。


松本幸四郎さんからです」


というのはもちろん聞き違いで、ストリップコメディアンの松本格子戸さんからのお花だった。


f:id:banka-an:20180401003427j:image


午後、玄関ににぎやかな声。


なんとご本人登場。


f:id:banka-an:20180401003639j:image


初めてのお客さん、通りすがりのお客さん、ビブリオの常連さん、デリシャの常連さんが来られて和やかにすごしてあっという間の閉店時間。


いよいよ明日はデリシャのショー。予約満席になっていたのだけど立見席を設営した。腰高のフェンス越しに見られる。


f:id:banka-an:20180401004215j:image



予約不要、ふらりとお越しください。投げ銭制、気軽にお越しください。




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2948722


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-03-30 「チャーマァ洋品店」設営&リハーサル

業務連絡。「チャーマァ洋品店」の4/1のイベント「大回転パノラマ女ショー」は予約満数となりました。


さて今日は「チャーマァ洋品店」の設営日。


13時にご一行登場。


主宰のチャーマーさんにメンバーの魔子ちゃん、運転をしてくれたスタッフのピロ君。


まずは荷おろし。まるで魔法のようにぎっちり詰まっている。


バケツリレー方式で荷おろし。洋品店の荷物の山とショーの荷物の山に分けおろす。ここで手を抜くと後で大変。


そのあとはご一行は昼食。非チェーンの中華でというご下問だったので「香来」を推薦。国立町中華の雄。


ご一行が食事から戻った後、設営開始。テキパキと指示を出すチャーマァさん。僕は衝立のレイアウトを変えたりひたすらハンガーーにお洋服をつるしたり。


ピロ君が一足先に離脱し入れ替わりにメンバーのチムニーちゃん来廊。画家でもあるチムニーちゃんの作品の展示販売もある。チムニーコーナーの設営。


日が沈むころからショーのリハ。


チャーマァー筆の脚本に沿って実際に音楽を流しマイクを使いリハーサル。キレッキレかつ愛嬌のあるデリシャの踊り。これは相当に面白いぞ。途中からギターのベンジャミン氏も加わりより厚みのあるものに。アイディアを出し合いながらどんどんよくなっていく。あの陽気でポンチなショーの陰にこんな真剣なリハーサルがあったんだな。感動。


21時に通しのリハーサルが終わって解散



いやはや明日からが楽しみ。


こんな洋品店。ただの古座敷がデリシャカラーの満艦飾に。


f:id:banka-an:20180331013543j:image



真ん中のは東洋の大魔術「美女瞬間移動」のお道具。


f:id:banka-an:20180331013540j:image


普段は試着室として使っている。ときどき誤作動して中の人を遠い異国にテレポートさせる。


皆さんが帰られた後、最終会場チェック。


感じる視線。誰だ?!


f:id:banka-an:20180331015641j:image



別室でも感じる視線、君は誰だ!?


f:id:banka-an:20180331015938j:image





・・・・・いよいよ明日から開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2947267


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-03-29 花見

まずは業務連絡。「チャーマァ洋品店」の4/1のイベント「大回転パノラマ女ショー」は予約満数となりました。


今日は花見


17時に白十字に集合。地元在住の作家・嵐山光三郎先生の呼びかけで集まった計7人。作家の岡崎武志さん、宗教学者の渡邉直樹さん等。そのうち男性は全員ひげというひげの会。


花見といってもブルーシートを広げて、というのではない。桜の見える店に集まったあとそぞろ歩きをしてお店に入って宴会をするというもの。


白十字を出た後そぞろ歩き3メートル。店の前のベンチで雑談。そのあと隣の増田書店を表敬訪問。全員、お世話になっている。


そしてほんとにそぞろ歩き。2ブロック隣のツルハ薬局前のベンチまで。そのあとは西友地下の「せきや」まで。持ち込み用ワインを購入して隣のくにたち村酒場。出てくる料理出てくる料理がことごとくおいしい。


話も弾み、あっという間の2時間。


驚いたのは向かいの席の編集者さんが去年の花園神社酉の市見世物小屋を見ていたこと。


「その見世物河童三姉妹のピンクのカーラーの長女(間違い。次女)の個展ですから」と売り込み。


そのあとレッドトップに行く皆さんと別れて帰宅。以前の僕なら間違いなくついていったんだけどね。


さぁ、明日は「チャーマァ洋品店」の仕込み。どうなるか、楽しみ。


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2947267


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-03-28 定休日 櫻の逼塞

わろてんか」がここに来てようやく面白くなってきた。半年間辛抱してよかった。


それはともかく今日は定休日。外に出ずに室内作業、という名の逼塞。理由は桜。国立三多摩随一の桜の名所。満開のシーズンは街が人であふれているのだ。この季節は静かに屋内で桜が散るのを待つに限る。


別に偏屈で言っているのではない。桜の雑踏に僕のようなものが行くと危ないのだ、杖を蹴られまくって。みんな上を見て歩いているからね。まごまごしていると桜の下に埋もれかねない。くわばらくわばら。


といいつつ、明日の夕方は花見の約束。それはそれで楽しみ。



・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


第一人者が直接指導。丸山清人銭湯教室。5/20、21。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2946739


f:id:banka-an:20180225224158j:image

f:id:banka-an:20180225224318j:image

2018-03-27 第4回 丸山清人師 銭湯背景画教室

毎年秋に当ギャラリービブリオで開催の「銭湯絵師丸山清人個展」。その作品を見た人は深遠なる世界にため息を禁じえないと思います。


でも「ため息」だけではもったいない。自分で描いてみませんか。


銭湯背景画の巨匠、現役最年長 丸山清人絵師が直接指導する「銭湯背景画教室」。


これまでもテレビ、新聞でも大きく報じていただきました。


f:id:banka-an:20161207002636g:image


f:id:banka-an:20161206110942j:image


お待たせしました、その第四回の開催です。


f:id:banka-an:20180328011057j:image

f:id:banka-an:20180328011053j:image

f:id:banka-an:20180328011050j:image


そして、


もっと大きく描きたい!



とのご要望にも お応えして、大きいサイズのクラスもご用意しました (初めてのご参加の方はA4サイズをオススメします)。 


いずれのサイズも、1日で仕上げる「銭湯背景画教室」。


油性ペンキで描いてこその銭湯画。


丸山師が銭湯で使うのと同じペンキでアクリル板に描きますので、完成作品はバスルームにも飾れます。



もちろんリビングでも。A4定型サイズは既製品の額縁が各種あります(イケア100均にもあります)。



皆さまのご参加 お待ちしております! なお、いつも早めに満席になるので興味のある方はご検討をお急ぎください。



●日 時:2018年5月20日(日) または 5月21日(月)で同内容。

    ともに13:00〜18:00



●会 場:ギャラリービブリオ

     東京都国立市中1-10-38

     JR国立駅より徒歩約2分


ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!



●参加費:

   Aコース(A4サイズ)…5,000円(税込)

    Bコース(A判四つ切りサイズ)…9,500円(税込)

         ※A判四つ切りサイズ…440×312mm

              

◎参加費に含まれるもの:指導料/各サイズアクリル板/ペンキ/筆/作品郵送料

 

●定 員:各12名

     ※定員になり次第締め切らせていただきます。


●応募方法:   

主催の銭湯もりあげた〜いあてメール (←クリック!)で。


または電話で(090-5760-2391) 銭湯もりあげた〜い事務局

 

 

※参加費の受領をもって正式申込みとなります


============================================


主催:銭湯もりあげた〜い

共催:ギャラリービブリオ

協力:鳩乃湯


------------前回の様子------------


f:id:banka-an:20170523001439j:image


作品は市内唯一の銭湯「鳩乃湯」脱衣所で展示会をします(自由参加)。


f:id:banka-an:20170228222347j:image


f:id:banka-an:20170228222352j:image



今回もご希望者の作品は鳩乃湯で展示されます。






ぜひご参加ください。





・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2943976

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image

2018-03-26 YO-ENひしょうライブ 追加公演

今日は夕方からゴールデン街へ。「ひしょう」でのYO-ENライブの追加公演。


f:id:banka-an:20180313182603j:image


今日は一番乗り。いや、前回もか。YO-ENさんは昨日は高円寺でライブがあったので2日連続。若干の業務連絡。


19時開演。OAは昨日、ビブリオでのライブにも出演した末森英機さん。


YO-ENさんは今日は茶色の柄ブラウスにベルボトムデニム


f:id:banka-an:20180326203323j:image


今日のセットリストをうろ覚えで。


花と小父さん 

D


彼岸花

D


二十歳になれば


からすのかあさん

D


寝た子を起こす子守唄


大地の子


ガスケの花

D


女の証

D


追放の歌

D


悲しくてやりきれない

D


五番街のマリーへ

D


泪橋

D


戦争は知らない

D


わたしが望むのは


それはスポットライトではない

D



たっぷりと休憩なしで約100分。


堪能。


終演後は若干の業務連絡を経て、転げ落ちそうな階段を降りて喧騒のゴールデン街を後にした。


次に聴かれるのはいつかなあ。9/1(土)は間違いないけどその前にも聴かれる機会があるといいなあ。


f:id:banka-an:20180326232927j:image


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2943079

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image

2018-03-25 「訪人(まろうど)達の紀行録 〜歌と詩と絵で紡ぐ世界の平和〜」当日

今日は「訪人(まろうど)達の紀行録 〜歌と詩と絵で紡ぐ世界の平和〜」の当日。


f:id:banka-an:20180302192837j:image


3月25日ギャラリービブリオに集合する世界を旅したアーティストたちが伝えたいのは、「平和」、そして「友情」。企画・プロデュースは歌手、画家のマエキクリコ。

f:id:banka-an:20180302195114j:image


出演者は・・・


末森英機(歌・ギター)

ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ(タブラ

ピエール・アンドレサックス

渡邉 絵理(歌・朗読)

マエキ クリコ(歌・朗読・ライブペインティング)


f:id:banka-an:20180302193640j:image

f:id:banka-an:20180302193703j:image

f:id:banka-an:20180302193802j:image

f:id:banka-an:20180302193800j:image

f:id:banka-an:20180302193757j:image


午後、渡邉絵理さんをトップにアーティストが次々に集合。


パネルに紙を貼った後、打ち合わせ。


f:id:banka-an:20180325230649j:image


皆さんの演奏に合わせてマエキさんのライブペインティング。


世界を旅したミュージシャンたちのそれぞれの音楽世界とともに描くは世界地図。


f:id:banka-an:20180325231025j:image


演奏のエンディングとともに完成。


f:id:banka-an:20180325231123j:image



アメイジング!!



終演後は「富士の間」で打ち上げ。買出しは渡邉さんに一任。



買ってこられたのを見たら、栄養、彩り等、実にバランスが取れている。予算は小額なのにおしゃれ感満点でボリュームも適正。


聞けばシェアハウスにお住まいという。なるほどなるほどと納得。


ところで打ち上げメンバー、僕以外はみな英語を話す。一方、サックスのピエールさんはほぼ日本語を話さない。


したがって会話は英語。沈黙するわし。翻訳コンニャクが欲しい。


でもディネーシュさんがストリート演奏をしていてで地回りに因縁をつけられたときの仕方話には爆笑。でも僕がちゃんとその内容を理解できていたかどうかは不明。



ところで現在、ビブリオのお隣の元・クリーニング屋さんの建物は中国料理店の開店に向け突貫工事中。土日も休まずに。


ちょうど今、コンクリート土間ドリルで崩している工程でなかなか豪快な作業音が発生する。これが演奏中だと塩梅悪いので現場にお願いにいった。リハ中と演奏中は大きな音を控えてもらうように。


そうしたら現場監督は不在で中国人の職人さんが一人で作業していて話がまったく通じない。


そこでとってかえってグーグル翻訳。


プリントしてお渡しすると破顔一笑OKサイン。


f:id:banka-an:20180326085743j:image


中国語にいたってはほんのひとかけらもわからないが「翻訳コンニャク」があれば十分コミュニケーションできますよ。




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2942260

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image

2018-03-24 人生に大切なことは幼稚園の砂場とスナックのカウンターで学んだ。

今日は27年間、仕えてくれた内蔵助との永訣の朝。野辺の送り。長い間ありがとう。今年、29歳になる長男・虎太郎のオムツ交換もした車。


f:id:banka-an:20180325010153j:image


午後、評議員を務める幼稚園の役員会。


f:id:banka-an:20180325010301j:image


もう10期ぐらい務めている。卒業生枠。まだ何の役にも立っていない。いつかは。


その後は中央線に乗って四谷へ。気になっているケバブ屋さんがある。あるんだけど四谷にいくと結局バンビに行ってしまう。


f:id:banka-an:20180325010557j:image


BGMは「男の子女の子」「いつまでもどこまでも」等、1960〜70年代の歌謡曲



新宿通りを西に。防衛省通信鉄塔を見ながら。


f:id:banka-an:20180325011117j:image


桜の向こうに聳え立つ、通称「国防タワー」。これのデザインコンセプトは「威圧」と「睥睨」。



行き先は荒木町のスナック「秋田ぶるうす」。3/31から個展をしてくれるデリシャスウィートスのチャーマァさんがサタデーママをしているので個展の最終打ち合わせ。


f:id:banka-an:20180325011557j:image


磨きこまれたドアに映りこむワシ。



打ち合わせといいつつ結局、カラオケ歌って帰ってきただけ。予想通り。では委細は当日で。



・・・・・いよいよ明日開催・・・・・・

3/25(日)

歌と詩と絵で紡ぐ世界の平和「訪人(まろうど)達の紀行録」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2941600

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image

2018-03-23 ライブペインティングの準備

今日は朝からPC仕事、のはずだったけど自宅で客待ち。9年使った洗濯機が壊れましてね。メーカー系修理会社に出したのが数日前。マシンは工場行で、車でいう「代車」の「代機」を借りていた。そしたら修理不能というので別口で新規に買った。今日はその「代機」の引き取りが来るのでその業者さん待ち。


最初は工場に持ち帰った故障機の処分費用を請求されたのだけどそういうときのツレの交渉上手にそばでみていてほれぼれする。結局、免除となった。


午後、DM行脚をしようと思ったが雨にあい頓挫。意気消沈して昼寝。



夕方から展示室の整備。あさっての「訪人(まろうど)達の紀行録」主催者で、歌いながらのライブペインティングを披露するマエキクリコさんとメールのやり取りをしつつ。ライブペインティングは銭湯絵師・丸山清人さんのを何度も手がけてきたが丸山絵師は歌わない。歌うライブペインティングは初めて。


場内は今のところこんな感じ。


f:id:banka-an:20180324005417j:image


この縦180、横300のパーテーションいっぱいに紙を貼って絵を描いていただく予定。どういうものになるかとても楽しみ。




・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/25(日)

歌と詩と絵で紡ぐ世界の平和「訪人(まろうど)達の紀行録」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2941000

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image

2018-03-22 「農業市」かと思いきや

郵便受けにチラシが入っていたので取り出すと「くにたちマルシェ」とある。


おおっ、国立農業のお祭りだな。市内の農家のその日に取れた新鮮な野菜が安く買えるんだよな。バンド演奏や模擬店も出て国立で一番広い谷保第三公園をいっぱいに使って駐車場も設営されるから重い野菜も買えるんだよな・・・ってあれ?


様子が変だな。会場は旭通りのイベントホールとされている。えー、一気に規模が縮小になっちゃったのかなぁ。


f:id:banka-an:20180322233434j:image


違った。ぜんぜん別物だった。中を開いたらすぐにわかった。中に踊っているフレーズは、



守護天使


聖なる香木


チャクラ・カラー


オラクル・メッセージ


ハンドヒーリング


排毒


引き寄せヒーリング


浄化・除霊



どうもご縁がなさそうだ、とそっと表紙を閉じたら主催団体が小さく書かれていた。占い専門のイベント業者のようだった。たしかに国立で開かれるマルシェだしヒーリング好きな人も多く需要もあろうから、僕がとやかく言うことじゃないけど「同姓同名」はやっぱりややこしいよなぁ。




ご参考までに、下の画像が国立市 農業振興係主催「くにたちマルシェ」の昨年末に開催された第7回のポスター。


f:id:banka-an:20180322235222j:image



・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/25(日)

歌と詩と絵で紡ぐ世界の平和「訪人(まろうど)達の紀行録」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2940328

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image

2018-03-21 「リハビリ道楽」の日々について

今日は「なごり雪」と「氷雨」。フォークと演歌が同根であることが改めて証明された一日だった。


いやそんなことはないのだけど足元が悪いので終日室内作業。PCを叩きつかれてふと視線を上に上げると目に入ってくるのがこの額だ。


f:id:banka-an:20180321232544j:image


これは2010年の秋に私淑する作家の嵐山光三郎先生からいただいた手紙を額装したもの。曰く、


「十松弘樹氏の回復を祈願してここに念をこめて守護札を作りました。早く元気になってもとの快傑トマツに戻って下さい。ゴキカンをおまちしております。 嵐山光三郎


中央には富士を背に松を脇に黄色い背広を着た僕が立ち「十松ヒロキは負けない!」といっているイラストが描かれている。足元で猫が「そうだ」と言っている。



新しい読者様には説明が必要だろう。


2010年の9月。会社員だった僕は会社の帰りに脳梗塞で倒れた。国分寺駅から今も定期的に通う府中・恵仁会病院に搬送。約半年間休職して2011年4月に復職。1年後の2012年4月に退職し半年後の2012年9月にビブリオを開業している。



倒れてすぐにいただいたのが上の手紙だ。もともと「快傑」に程遠かったので「快傑トマツ」には戻らなかったが、この手紙にも励まされなんとか「キカン」はできた。


もちろん脳梗塞により小脳のそこそこの部分が壊死したためそこそこの障害を負った。今も杖がないと外出できない。でも最初は寝たきりだった。なんとか杖があればどこにでも行かれるようになったのはリハビリの効果だ。


「健康」という季刊誌があった。今、あるかどうかはわからない。書店売りはない医家向けの雑誌。入院中のブログか、連載を持っていた「書評のメルマガ」に書いたリハビリに関する軽口を読んだ編集者から連絡があり、一年間4回の連載をした。


「リハビリを楽しもう」という意味で「リハビリ道楽」と言うタイトルだった。まだ籍があった会社はアルバイト禁止だったので「野田一孝」という筆名を使った。別に当時の首相の名前にもじったわけじゃなくて、漱石の「坊っちゃん」の登場人物で一番好きな「のだいこ」へのリスペクトをこめて。


その「季刊健康」の掲載誌、今は手元に一冊もない。気前よくばら撒いてしまった。誰に上げたかも覚えていない。ただ、テキストは残っているので再掲載しよう。今となっては若書きを直したい部分もあるのだけど、僕には文書改竄の身代わりになってくれる官僚はいないのでそのまま掲載する。漢数字を数字に変えるくらいで。わかりにくいところは赤字で解説を入れます。またゲラで直した部分は反映されていない。


以下、野田一孝こと十松弘樹筆「リハビリ道楽」。とても長いのでお暇なときにごゆるりと。もちろん、何の役にも立ちませんのでお含みおきください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リハビリ道楽 野田一孝 名義 (アグレプランニング「季刊 健康」連載)



<1> 千鳥足  〜連載第一回〜  (2011夏号掲載)

 平成22(2010)年9月13日、脳梗塞に斃れた僕(当時49歳)は即座に入院。救急病院からリハビリ病院への転院を経て、翌23年1月31日に退院。自宅療養および自主リハビリの生活となった。現在、要介護2級(その後、要支援1に)、2種6級の障害者認定(これはかわらず)。この雑誌が出るころには仕事に復帰している「予定」である。


帰宅途中の遭難 



あのやたら暑かった夏をいまだ引きずった9月13日のこと。日中は普通に仕事をしていた。

 昼休みには自宅の近所にお住まいの作家・嵐山光三郎さんから電話がかかってきて落語会の打ち合わせ。地元で「嵐山亭」と称した落語会を主宰していて、旬日に迫った人気真打・立川志らく師匠を招いての落語会の当日の進行と配布プログラムの作成を任されていた。さらには相棒(先輩だけど)の画廊経営者・M氏(ギャラリーエソラの関マスオ氏。2015秋没)に電話して落語会の打ち合わせと、今年も作る嵐山さん、安西水丸さん(2014春没)、.南伸坊さんをフューチャーしての「俳画カレンダー」の進行スケジュールなどを確認した。


 そしていつもどおりに仕事をした僕は18時30分ごろ、「じゃ、お先に!」と退社した。そのまま半年以上の不在になるなんて夢にも思わずに。


 職場の最寄りの地下鉄東西線神楽坂駅前の百均で落語会の会場整理用のスズランテープ(ビニールヒモ)を買った僕は地下鉄の駅の階段を下り始めた。


 そのとき、異変が起こった。


 左足が妙に左に流れるのだ。そう、ちょうど花魁道中の「外八文字」のような形。こりゃいかん。ただ経験のない感覚ではない。三次会のカラオケまで行くとこんな感じになる。つまり泥酔時の千鳥足だ。それととも激しい眩量。


 これが近頃評判の「熱中症」かとは思ったものの、この状態で階段は下りられない。しばらくの問、階段に腰掛けて異変の収束を待った。


 ようやく収まって地下鉄に乗車。JRと直結して三鷹まで行ってくれる編成だ。幸いにも座れて一安心したもののまた眩量が襲ってきた。そして吐き気も。

 

三鷹でJR中央線に乗り換え。今度はそこそこの混雑で座れない。間断なく襲ってくる眩量と吐き気に音を上げた僕は自宅のある駅の二つ手前の駅「国分寺」で途中下車した。そしてホームから妻に電話して迎えを頼んだ。「熱中症みたい。迎えにきてカバン持ってくれない?タクシーで帰ろう」

 

自宅から妻が駆けつけるまでの問、自分を熱中症だと思っていた僕は、身体を冷やそうと自販機で缶入りの飲料を買い、額や頬さらには脇の下にあてがった。が、何の効果もない。吐き気はいよいよ耐え難くとうとうホームで嘔吐(幸い百均でもらったビニール袋があった)、と思ったが胃液しか出なかった。

 

二十分後、妻がやってきた。そして僕の顔を見るなり妻は真顔になって、「おとうさん、これは普通の状態じゃないよ。救急車にきてもらおう」


 数分後、サイレンが近づいてきて救急隊がきてくれた。車椅子に乗せられホームから階上に上がり有人改札を抜ける。「ああ、ちゃんとSuicaを通して出ないと明日の朝エラーになっちゃう」と思ったが、そんなワガママ言える状態ではないのであきらめた。


 そしてそのSuica、次に使うのは翌年の1月31日。退院の日のことである。でもそんなこと、そのときの僕には知る由もない。翌朝には使うつもりだったのである。


すわ、行旅病人及行旅死亡人

 

ここに不幸中の幸いがいくつかある。


 第一は、三鷹から乗り換えた中央線が混んでいて座れなかったこと。座っていたら着席と同時に意識を失い、「酔っ払って寝込んでいるオヤジ」として[高尾←→東京]間を終電まで往復し続けただろう。運が悪ければそのまま車庫に行って翌朝には「行旅病人及行旅死亡人取扱法」の適用事例となっていただろう。


 そして第二。とにかく僕はうちに帰りたかった。そしてすぐに寝たかった。寝れば翌朝には治る、と思った。だから妻にカバンを持ってもらって、ここからタクシーで帰るつもりだった。しかし妻は僕の様子を見て「救急車を呼ぼう」と判断した。それが幸運だった。タクシーで帰宅して寝ていたら、そのまま目覚めることはなかっただろう。


 そのことをもって多くの人に「奥さんの判断に助けられた。もう一生頭が上がらないね」と言われた。


 バカを言っちゃあいけない。


 こういうことがなくったって頭など上がるものか。だいたい世の中に妻に頭が上がる夫なんて実在するのか?


 さて、とにもかくにもこれで救急病院に搬送されて、五ヵ月近くに及ぶ入院生活が始まるわけだが、紙数が尽きた。


続きは次号。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2 妄想  〜連載第二回〜  (2011秋号掲載)

 昨年(2010)9月13日。勤め帰りの僕(当時49歳)は、熱中症と思しき症状で(実際は脳梗塞だった)中央線某駅で昏倒、迎えに来た妻の機転で、救急車に乗せられたのだが…。


救急車内で一時間 


 そういうわけで救急車に乗せられたのだが、なかなか受け入れ先が決まらなかった。救急隊員さんはあちこちに無線連絡してくれているのだが、受け入れ先がない。着慣れないスーツを着てたくさんの企業を回った大学四年の秋を思い出した。


 なにしろ意識朦朧なのでどのくらいの時問だったかはわからないが、同乗した妻によると一時間近くかかったらしい。救急車はその間、サイレンを鳴らして街中を走り続けて……いたわけではなく、駅前に停車していた。


 もちろんそのときは「長えなあ」とは思ったものの気にする余裕などなくて、断続的な吐き気と後頭部の激しい痛みに耐えていた。「熱中症とはこんなにつらいものか」などと思いながら。しつこいようだが熱中症ではなく脳梗塞だったのだが。


 ようやく受け入れを了承してくれたのは「関戸橋リバーサイド病院(仮名)(恵仁会病院)」。聞いたことのない病院だが所番地でだいたい見当がつく。土地勘がなく地名も病院名もよくわからなかった妻には、僕がその漢字と最寄りの駅を教えたらしい。意識朦朧としつつも「教え癖」は衰えない。



 もう少し早く受け入れ先が見つかれば、もう少し処置が早ければ、もう少し後遺症も軽かったのでは……と思わないこともない。しかしもうそれは考えまい。みんな一生懸命やってくれたことは間違いない。

 

 走りだしたらものの数分で病院に着いた。もつれる舌で「ここは是政橋ですね。十年前ここで鮭の稚魚の放流をしたことがありますがこんなかたちでまた来るとは。とんだ“カムバック・サーモン”です」と軽口。救急隊の人はハイハイと聞いてくれたが、ここは関戸橋。是政橋はひとつ下流の橋である。やはりはりだいぶ混乱していたらしい。こうして「関戸橋リバーサイド病院」に運び込まれた僕はストレッチャーに乗り換えて緊急処置室へと運ばれた。



とんだ「タ霧伊左衛門」 

 検温とともにまず着替えさせられた。ズボンのないブルーのパジャマ。人間ドックや精密検査のときに着させられるやつ。しかもこれが不織布、つーか紙だよこれ。

「紙衣(かみこ)かよ。とんだ『タ霧伊左衛門』(歌舞伎の「廓文章」で、放蕩が過ぎた若旦那の伊左衛門は零落して紙衣姿で愛人の花魁夕霧を訪ねる、というお芝居)だぜ」と、もつれる舌で一人ごちたが誰も聞いてやしない。


 簡易な検査の後、妻は帰され僕だけが泊まることとなった。点滴がつけられ、胸には「心電計」なる小さな機械が貼り付けられた。急に心臓が止まったりしても別室のモニターでわかる。便利。


 吐き気があって水は喉を通らない。点滴で水分を入れているので夜中に何度かトイレに行ったのだが、不思議なことにというか当たり前のことに、トイレに行くたびに体が重くなっていく。最初は歩いて行かれたものが次は看護師さんに車椅子に乗せてもらうようになり、当初は立って用を足せたものが立てなくなる。そして左半身にだんだんに痺れが広がってくる。


 朝にはほぼ半身不随の寝たきり状態になっていた。朝一番でストレッチャーに乗せられMRI室へ。検査を終え出てきたところで病院に来た妻と出くわした。ピースサインをして細い声で「ダイジョーブですよー」と言ってみたのだが、これはもちろん暴漢に襲われた後の病院での故・伊丹十三監督の物マネ。ちなみに妻はこの朝のことを思い出すといまだに情けなくて涙が出てくるそうである。そうかそんなに似てたか。


 診断の結果は脳梗塞。部位は小脳。「これは入院ですね」との医師の宣告と共に、看護師さんに大きな裁ちバサミで件の紙パジャマをジョキジョキと切られ布の病衣に着替えさせられた。

 

 そのハサミの音は、まるで娑婆との縁(えにし)を断ち切る音のように聞こえたのだった。



脳梗塞の日々の始まり

 「意識はあったのか」とよく問われるが、あったようななかったような、である。幸い言語へのダメージは軽度であったので妻や看護師さんに軽ロを叩いていたかと思うと(しゃべることで不安に抗していた)、その直後にはこんこんと長時間眠り続けていたり。そして入院当初は40度近い発熱に苦しんでいた。後で聞くとこのときも梗塞は続いていたらしい。

 

 そんなわけで意識はとぎれたりつながったり。それでもやはり心配なのは仕事のこと。


「会社に電話をしなくちゃ」。


 それが半壊の頭にまず浮かんだことだった。妻に頼んで上司に電話で状況を説明してもらった。ただちに僕の不在に対応した体制が部内で組まれたそうだ。

 

 続いて脳内の霧の一瞬の晴れ間には、後輩に直接電話をして細かいことの伝達。よかった、携帯のダイヤルボタン、自分でプッシュできた。


 この間の数時間で、言語へのダメージは軽微であるとの感触はあったがやはり心配で、電話を終えるや妻に「俺、ちゃんと喋ってた?わけわかんないこと言ってなかった?」と聞いた。



 僕自身はスーダラ社員だが、上司も後輩も非常に有能かつ情に厚く、この年下の人たちに救われて安心して闘病生活が送れた。これは実に幸運だったと今も思っている。


 続いては“殿様”に電話。旧知の長宗我部友親さん(名前の通り土佐長宗我部家の現当主)の出版記念イベントが翌9月15日なのだ。これは当然、無理。予約キャンセルしなくちゃいけない。


 でも11月に予定している台湾旅行は大丈夫だろうから連絡は不要だな、と思っていた。まさかその出発日には中華航空どころかまだ車椅子に乗っているなんて、さらにはこのまま4ヵ月以上入院生活を送るなんて、想像もしていなかった。



“構想”と“妄想”の問に  〜三代目長作構想〜

 先にも書いた通り、意識は「微妙」な状態。もちろんそれは今になって思えば、のこと。当時は、「良かった。認知は大丈夫だ。かえって前よりサエてるくらい」と思っていた。「三代目長作構想」に取りつかれていたのもこのときだ。


 仕事についてはほぼ絶望していた。立てないし左半身は動かないし、現職に復することは不可能であろうと。でも自分の口と家族は食べさせなくてはならない。そこで閃いたのが「三代目長作構想」だ。


 僕の祖父、長作は銭湯を経営していた。リヤカーで街中を回り廃材を集め風呂を沸かしていた。それに倣おうというのである。あいにく銭湯はとうに廃業している。そこで木を燃やしてチーズとかベーコンとかの燻製を作ろうというのである。


 幸い僕には知人に木彫をやる人が多く、著名な仏師もいる(関頑亭先生のこと)。その仏像を彫るときに出る木屑で燻製を作ればご利益がありそうである。なにすべてが仏像の木屑である必要はない。ほんの一片でも入っていればいいのだ。喫茶店の「ブルーマウンテンブレンド」と同じ。豆一粒でも入っていればいいのだ。


 身体はほとんど動かさない(動かせない)が、頭の中はぐるぐると回転していた。迷走といってもいいかもしれない。


 そしてそのブランド名は「三代目長作」。うん、これはあたるぞ。サラリーマンよりもうかるかもしれない。税金が心配。


 回らぬ舌で妻にその構想、いや妄想をまくし立てた。妻は「三代目、って二代目はどうするのよ?お義父さんは襲名してないわよ」と言ったが、それは良いのだ。成田屋を見なさい。今の市川團十郎(十二代目)(2013春没)の祖父は頑なに十代目襲名を固辞し続けた。そこで死後、十代目を追贈された。


 幸い僕の父は後期高齢者にして健在だが、この際追贈しようじゃないか。相続税法で言うところの「生前贈与」だ。


 などと上機嫌で構想を語っていたのだが、歩けないからリヤカーは曳けない。左半身麻痺しているから斧も持てない。そんな肝心なことをすっかり忘れていた。


 妻は笑顔でうなずきながら聞いてくれたが、かなり絶望的な気持ちになっていた、と最近聞かされた。 


 妄想といえば隣のベッドのご老人のネームプレートを見て、同姓の中学時代の一級上の先輩であるような妄想に取りつかれ、せき込みを聞くたびに心配で身を切られるようだった。



 こうして四ヵ月を超える入院生活が始まった。


 脳梗塞という病気は、意識が戻った(急性期を脱した)瞬間からリハビリが始まるといわれる。いよいよ僕の「リハビリ道楽生活が始まるわけだが残念、紙数が尽きた。以下、次号。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




3 初年兵  〜連載第三回〜  (2011冬号掲載)

 昨年(2010年)9月、帰宅途中の某駅で昏倒した僕〔当時49歳)は、救急車で府中市の「関戸橋リパーサイド病院(仮名)(恵仁会病院)」に緊急搬送された。そして……。


歩けない 


こうして「関戸橋リパーサイド病院(仮名)(恵仁会病院)」での生活が始まった。病名は脳梗塞。症状としては主に運動障害。立てることは立てるが歩けない。車椅子での生活となった。


 左手は辛うじて感覚はあるものの強いしびれがある。ちょうどNHKの朝ドラで「ゲゲゲの女房」をやっていた時期だったので、「ニューギニア野戦病院に置いてきたよう」と称していた(水木しげるは激戦のニューギニアで左腕を失っている)。


 言語はほぼノー・ダメージ。嚥下(えんげ)は若干の障害。ものが飲み込みにくいが困るほどではない。


 最も悩まされたのが強いめまい。突然、来るのだ。右下方向に引っ張り込まれるような、奈落の底に落ちるような感覚。とんでもなく怖い。それが間断なく発生する。起きている時、寝ている時。食事をしている時、人と話をしている時。妻に押してもらって病院内を車椅子で散歩していて、ゆっくり流れる風景に誘発されてめまいが起きたこともあった。


 そして複視(ふくし)。ものが二重に見えるのだ。「複視だから福祉のお世話になってます」とうそぶいていたが、本や新聞を読めないストレスでいっぱいだった。


 あと、しゃっくり。しゃっくりが止まらないのだ。よくしゃっくりがOO回続くと死ぬ、なんていうが、その回数は軽く超えた。だから皆さん、しゃっくりでは死にません、安心してください。


ゆでガエル 


 思わぬ障害もあった。入院当初、高熱に悩まされたことは前号で書いた通り。そこで看護師さんがアイスノンを入れてくれた。そして位置がずれたので使える方の右手で直した。あれ?全然冷たくないそ。「すみません、これ冷たくないです」と取り替えてもらったが、またしても冷たくない。大体がアイスノンなんてものは凍っているからアイスノンなのである。

 

 つまり冷たくないアイスノンなんてものはあり得ない。


 右半身が温感を失ってしまったのだ。冷たさもわからないし熱さも認識しない。これはエラいことだ。左半身はしびれていて運動不随意で、右半身は温感がない。つまりお風呂で湯加減が見られないということになる。前号でも書いたが昔わが家は銭湯だった。ああ、廃業していてくれて良かったと思った。


 よくビジネスマン向けの研修などで「ゆでガエル」というのがある。蛙は熱湯に入れられると熱さにびっくりして熱湯から飛び出すけど、水からゆっくりと加熱されると馬鹿だから気付かぬままにゆでられてしまう。ビジネスマンも変化に対応しないと……というようなご教訓。しかし僕は、熱湯でもゆでガエルになってしまう身の上になってしまったのだな。


 でも思わぬ「モテキ」が期待できるかもしれないぞ。「強情灸(ごうじょうきゅう)」という古典落語がある。人気の鍼灸(しんきゅう)所の「峯の灸(みねのきゅう)」に行って熱いお灸を我慢して、見物のご婦人にモテようともくろむ妄想男子の悲喜劇を描いたものだ。今の僕ならどんな大きなお灸でも耐えられるので、どれだけモテるか。「峯の灸」の場所を探してくれと妻に命じて顰蹙を買ったりした。


 ただ温泉に浸かって「あー極楽極楽」という楽しみは失った。だって右半身は温かくないんだもん。


 食事に関しては、入院して5日間は飲まず食わずだった。脳障害リスクに誤嚥下がある。食道に入るべきが気管に入ってしまう事故。高齢者の死因の上位に数えられる。


 その間、栄養は点滴で摂った。不思議と腹も減らんし、喉も渇かない。二日目から三日聞は鼻から栄養を入れた。鼻から食道にチューブを通し、流動食を落とす。バニラ味。なぜ鼻から入れたのに味がわかるかというとゲップ。ゲップで流動食がパ二ラ味だったことが知れるのだ。


 月が替わるころ、つまり入院から約二週間で、件の鼻の栄養チューブに続いてすべての点滴を外した。晴れて「コードレス」の男、「アンプラグド」の男となった。これで夜中に毀れたマリオネットのようなポーズで目覚めることもなくなった。


 リハビリは入院後数日で始まった。理学療法運動系)と作業療法(主に手の機能回復)と言語療法(嚥下と認知も含む)の三部門。療法士さんは三人とも若い美人。「複視で美人が3×2で6人に見えてうれしい」などと強がっていたが、リハビリ中も間断なく襲ってくるめまいには暗澹たる思いだった。


黄泉の国から 


 それで「本職」の話である。いや本職じゃないや、ブログのこと(一応、本連載のプロフールにブロガーとなっているもんね)。七年近く、毎日更新してきたブログも倒れた前日からストップしたきりだった。そこで事情を知る友人が「野田さんは急の海外出張で」とコメントを入れてくれていた。


 意識が安定し始めた9月28日、2週間休んだブログを再開した。PCは手元にないので携帯電話で更新。複視で携帯の文字がよく見えないので妻に文字を最大にしてもらった。内容は病院でのあれこれ。なにごともエッジが利いていなくちゃと「日本一役に立たない闘病記−−梗塞日記」と銘打った。我ながらセンスが悪い。


 件の「野田さんは急の海外出張」のコメントを受けて「黄泉(よみ)の国へ出張中でした」と書いて顰蹙を買ったりもした。


月月病院 

そうこうしているうちに転院の日が近づいてきた。脳梗塞という病気は急性期を脱した瞬間からリハビリが始まるというが、本格的なリハビリを始めるべき時が来たのだ。


 妻がケアマネージャーさんと相談して決めてきた病院は、同じ市内の「月月火水木金金病院(仮名。以下、「月月病院」)(本当は366リハビリ病院)。リハビリ専門の病院だ。勝手に仮名を付けておいてなんだが、アタマに「海軍」って付たくなるような名前だ。転院の日のブログにも次のように書いている。


「これまでの人生、ほとんどがんばったことなどないけど、今度こそがんばりますよ。最年少の初年兵だしね」

 

 10月7日転院。


 車椅子ごと乗られる福祉タクシーで移動。妙に視点が高くて、大井川の川渡しで「上つ方(うえつがた)」が乗る輿(こし)のような感じ。


 月月病院(366リハビリ病院)はリハビリ専門で、評判のいい病院。入院のみで通院はない。指導は厳しいががんばればがんばっただけ効果が出る、という。なんだか学習塾予備校の広告のようであるが。


 手続きの後、担当スタッフを紹介された。みんな若い女性。コスチュームは白衣でなく、紺または白のポロにページュのチノと若々しい。肩ロに職種(医師、看護師、療法士、等)と姓名が刺繍されている。


 リハビリは土日は休み、なんてことはなく毎日ある。マンツー・マンで日に二、三時間。大晦日も元日もあるという。「月月火水木金金病院(本当は366リハビリ病院)」の名は伊達ではない。「休まず毎日やる」、これが機能回復の大前提なのだ。


 病室は4人部屋で僕だけ飛び抜けて若い。みんな僕の親くらいの年齢で、当然ながらリハビリのために他の病院から転院してきている。


 入院患者は男女合わせて60人くらい。外科と内科が半々ぐらい。僕のような脳疾患もいれば、交通事故等での骨折の人もいる。それらの関係も面白かった。みな和やかに過ごしながらも、脳疾患の人は「外科の人は気楽でいいや」と思い、外科の人は「あの方はおつむの方だからねえ」となかなか微妙。


 とはいえみんな親切だった。親切を通り越して「大きなお世話」の人もいて、それが日常の起居や面会者への詮索にまで及ぶと、さすがに大いに心をかき乱され、キレる寸前になることもあった。でも「あの人うるさいよねえ」という陰口に接して、「ああ、俺だけじゃないんだな」と少し気楽になった。陰口というのもまんざら悪いことばかりでもない。



満場の病人諸君 


 そんなこんなで病院生活は和気藹々(わきあいあい)でなかなか快適だった。


 室内着やパジャマは原則、病院からの支給(もちろん有料だけど。僕は「官給品」と称していた)。それどころかパンツや靴下も。まったくの手ぶらで入院できるのだ。


 室内着とパジャマはさすがに数サイズがあるけれど、パンツや靴下はフリーサイズ。つまり176センチ80キロの僕も140センチのおばあちゃんも共通。不都合がないから不思議だ。人間のサイズの違いなんて宇宙から見れば誤差の範囲でしかない。いや何も宇宙から見なくてもよいが。


 パンツの男女共有について気にされる向きも多かろう。でも心配はご無用。月月病院では男性も立位での小用が禁止されている(転ぶと危ないのでね)。大小ともに座位なのでパンツの前開きは必要ないのだ。


 つまりパジャマからパンツに至るまでお揃いで共用である。そりゃ和気謁々にもなろうものである。


 先代の鈴々舎馬風(れいれいしゃばふう)は刑務所の慰問で開ロ一番、「満場の悪人諸君!」と言ってツカみ、退く時には「じゃ、みんな仲良くやんなよ。せっかく揃いの着物着てるンだからさ」と言ったという。そんなことを思い出した。


さながら僕たちは「満場の病人諸君!」だ。


丸刈リ 

 それから僕が月月病院に転院して一番最初にしたこと、それは散髪。とはいえ、外の床屋さんに行くことはできないので、巡回の美容師さんに来てもらった。病床にあってもいつも以上のお酒落心で気を明るくもつ効能は既に医学的な証明がなされている。きれいに白髪を染めてセットしてもらったこ婦人方はみな一様に表情が明るくなっていた。


 どのようにしますか、と問われて迷わず「丸刈りで」。僕は病院のウエアが個人的にイケてないので、入院当初は作務衣で通していた。だから「仕掛人・藤枝梅安」みたいになった。


 池波正太郎原作の第一話にも「坊主頭に作務衣姿ののろのろした動きの中年の大男」という表現があったような気がする(初演俳優が緒形拳でも渡辺謙でもなく小林桂樹だったことも想像してくれたまえ)。まんざら見当外れでもないはず。


 そうしたら「いいねえ」「さっぱりしてるねえ」「俺も昔は……」と年配の男性患者に大人気。次の巡回日には坊主ブームが吹き荒れ、坊主頭のおじいちゃんが大増殖したのはなかなか壮観だった。古今亭志ん生なら「冬瓜(とうがん)舟が着いたよう(大山詣り)」というところである。


 こうしてリハビリ三昧のブートキャンプな日々が始まったわけだが、残念、ここで紙数が尽きた。以下次号。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4 死にものぐるい

〜連載第4回(最終回)〜   (2012春号掲載)

 昨年(2010年)9月、帰宅途中の某駅で昏倒した僕〔当時49歳)は、救急車で府中市の「関戸橋リバーサイド病院(仮名)(恵仁会病院)」に緊急搬送された。そして急性期を脱した10月初旬、リハビリ専門病院である「月月火水木金金病院(仮名)(366病院)」に転院。「リハビリ道楽」の日々が始まった。


目指すは「吉野家

「月月病院(仮名)」での日々が始まった。僕の担当スタッフがみんな若い女性だったのは前号でも書いたとおり。患者ごとの「チーム制」を取っていて、理学療法士作業療法士言語聴覚士看護師介護福祉士、そして黒一点の医師が1チーム、つまり「チーム野田」を組み、たびたび会議を開いては僕のリハビリについて遺漏や無駄の無いよう連絡を取り合っていた(もちろん他の患者についても同様だ)。


ここでのリハビリはすべて「退院後の実践」にむけてのものだった。これが年配の患者さんだったら「自宅での安全で快適な暮らし」、あえて言えば「幸福な余生」が目標となるのだが、入院時点で40代と若い僕の目標は「社会復帰」の四文字だったのだ。


入院早々の車椅子生活のころ、理学療法士さんに訊かれた。


「野田さんのリハビリの目標はなんですか?」。


それまでの49年の人生でとりたてて目標なんて定めた経験のなかった僕はうつむくしかなかった。そしてようやく顔を上げてうつろに見たリハビリ室の窓の外には、都道越しに2軒の「吉野家」があった(実際には1軒。複視で二重に見えていた)。そこで咄嗟に「吉野家に(歩いて)行って牛丼を食うこと」と答えたら、瞬殺で


「目標小っちゃ!!」


と却下された。


結果、「吉野家に歩いて行って牛丼を食う」、つまり「倒れる前の普通の生活に戻す」と「善意の拡大解釈」をした修正目標が定められ、本格的なリハビリが始まった。


階段は怖い


リハビリをしながらヒアリングされたのが日ごろの生活。通勤経路、職場環境、自宅環境や起居、などなど。通勤経路に乗換えがあり階段も多いこと、職場が東京に数多い「坂の名所」(神楽坂)にあることを確認するとそれに即したリハビリが組まれた。


ようやく杖を使っての歩行が始まるとほぼ同時に「階段特訓」の開始。病院内の階段を最初は手すりと杖を併用して、次は手すりだけ、さらには杖だけ。最後には杖も手すりも使わずに。もちろん上りもあれば下りもある。たった半フロア分12段の階段の踊り場から下を見下ろすと断崖絶壁のようでとんでもなく怖い。それを訴えると理学療法士さんはニッコリと笑い、


「そう、昔から階段(怪談)は怖いものなんです」。


オヤジギャグのお株を奪われた瞬間だった。


病院の駐車場のスロープを使っては坂道の特訓。ほんのわずかの傾斜でこんなにもバランスをとるのが困難になるなんて思いもしなかった。


1メートルおきに障害物(自立させた四点杖)を置いてそれを避けて歩くS字歩行。これはもちろん都会の雑踏を擦り抜ける訓練。


「今日はマタギの練習でーす」


作業療法士さんが言うから熊でも撃つのかと思ったら「跨(また)ぎ」。杖を2本、30センチ間隔で床に寝せてそれを跨ぐ練習。これは駅のホームから電車に乗り込む練習だ。


いきなり体操用のマットを床に敷かれたこともある。これは僕の自宅の寝室(ってほどのことはないが)がベッドではなく和室に布団であることを踏まえての練習だ。床に寝た状態から、いかに安全に立ち上がるか。


杖無しでの歩行が試せるようになって始まったのが「江戸からくり茶運び人形」。僕の職場の昼食がカフェテリア形式の社食であることに対応したリハビリだ。トレーの上になみなみと水を入れた丼と茶碗を載せ、それを持って院内を一周するのだ。もちろん一滴もこぼさないのが目標だ。


これにはスタッフ総出で応援してくれた。このリハビリをしているとナースステーションから受付からリネン室から声がかかるのだ。


音羽屋!」


いやそうじゃなくて、「野田さん、昼ごはん美味しかった?」「野田さん、昨日の“笑点”でね…」。つまり雑音があっても惑わされずに安全に作業をするための実践なのだ。この訓練は妻との外出が許可されてからは、ドトールで、ガストドリンクバーで自主トレを重ねた。


ジャイアント馬場に倣う

と今は気楽に書いているが、現実には脳卒中による障害のリハビリはハードなものだ。それは林家三平(先代)の評伝などで十分に知っているつもりだったが、自分で経験してみると想像以上。威厳ある立派な紳士が男泣きするのに出くわしたのも一再ではない。


ただ僕自身に関して言うと、弱音を吐いたりネガティブになったりすることはなく、つねにポジティブ(前向き)かつアグレッシブ(攻撃的)な姿勢をキープできたと思っている。


その秘訣の一つは「本の効能」と言ってしまっていいと思う。


 まずは友人が差し入れてくれた『がきデカ』の復刻版。ご存知、昭和後期の傑作ギャグマンガだ。入院当初は想定外の重篤な症状に落ち込み気味な日々だったが、これを読んだら「あふりか象が好きっ!!」と叫べば世の中の悩みのおそらく8割くらいは雲散霧消することを思い出した。失恋も、受験や就職難も、「あふりか象が好きっ!!」と「んがっ!!」で乗り切って来たじゃあないか。


 それと同時に昭和後期のアイドル西城秀樹氏の脳梗塞闘病記『あきらめない』にも大いに励まされた。


 闘病、リハビリ生活を強く支えてくれた本。実はそれは入院中に読んだ本ばかりではない。むしろ力になったのは幼少年期に読んだ本、すなわち人格形成期に読んだ本たちだった。だって病気になってからじゃ体力はないし目は霞むしそうそう読めるものではないのだ。


 僕にとってのそれは、『巨人の星』、『空手バカ一代』、『ジャイアント台風』等、少年期、台詞を暗記するほど読み込んだ梶原一騎劇画の数々だった。


「死にものぐるい」という言葉を覚えたのは『ジャイアント台風』だった。修行時代、バーベルを揚げられずにいた馬場に対し、師匠力道山馬場とバーベルを手錠で繋ぎトレーニング室に凶暴なスズメバチを放った。逃れるにはバーベルを持ち上げて室外にエスケープするしかない。その時、馬場さんが発した言葉が「死にものぐるい」だったのだ。


 また僕は入院中、髪を金髪に染めヒゲを伸ばしていたのだが、これは「気分転換」以上に、清澄山に山籠りした大山倍達が俗世間への未練を断ち切るために片眉を剃り落とした故事に倣ったものである。これはちょっとコジツケかな。


 そして梶原作品で忘れてはならないのが、近年は篤志家としてもお馴染みの『タイガーマスク』。「虎だ。お前は虎になるのだ」。いつしか僕は「リハビリの虎」を標榜するようになった。


そうしたらいつしか虎違い。『タイガーマスク』の虎ではなく、『山月記』(中島敦)の虎に近づいてしまった。目標を希求するあまりに山中で人食い虎になってしまった李徴(りちょう)のように、だんだん狷介(けんかい)な性格になってきたのだ。「人を食ったやつだ」とは子どものころから言われてきたが。


幸い僕は手遅れになる前に『がきデカ』やヒデキを持って来てくれる友達があったので人食い虎にならずにすんだ。


 とにもかくにもそれらの本の助けで、「リハビリの虎」として「死にものぐるい」の努力を重ね、周囲も驚く回復ぶりとなった(と自負している)。



明治の文豪に倣って


 蛇足を承知で続けよう。

 

 広義の闘病記の最高峰と言えば、なんと言っても正岡子規の『病牀六尺』『仰臥漫録』だろう。脊椎カリエスを病んでの根岸の里のわび住まい。背骨の膿に貼りついたガーゼを妹の律に換えてもらう苦痛に上げる悲鳴が鶯谷の駅にまで響いたというのは有名なエピソードである。


不遜ながら僕も子規に倣い、ハードと聞く脳梗塞のリハビリを京王線中河原駅まで響くような泣き声を上げてもがんばりぬこうと誓った。根岸の子規宅は盟友・陸羯南(くがかつなん)が提供したものだ。この家から子規晩年の偉業の数々が生まれた。子規には羯南がいた。僕には『がきデカ』やヒデキを差し入れてくれる友がいる。


 続いては自らの病臥を、倒れた場所の地名から「国分寺大患」と称した。もちろん夏目漱石の「修善寺大患」を意識してである。漱石の作風を大きく変えたという「修善寺大患」。僕も「国分寺大患」を機に芸風を変えよう。もっと重厚に(無理)、もっと深遠に(絶対無理)。


 さらには中江兆民の『一年有半』。余命一年半を宣告された兆民が自らの死に行くさまを描いた作品だ。僕も「一年有半」。でも逆に一年半くらいかけてゆっくりじっくり治そうと。


 そんな決意を随筆家坂崎重盛氏にお便りしたら、折り返し「明治の文豪たちに自らをなぞらえるその図々しさが健在なら、“一月有半”は無理にしろ早々の快復が期待できるでしょう」との激励のファクシミリをいただいた。



俳句短歌、そして都々逸


 先に書いたように僕の場合、リハビリは主に運動障害、特に歩行に関して行った。言語に関しては、入院中は「自主トレ」をしていた。旧知の俳人土肥あき子さんの勧めで闘病句を詠んだのをきっかけに、12月中旬より「一日一句」を始め、退院後も継続して一年以上が経ち、このほど四百句を越えた。


 退院は1月末(2011)だった。外では杖を使うものの、家の中ならなんとか杖無しで過ごせる状態になっていた。3ヵ月の自宅療養(とは言え引きこもっていたわけではない。退院翌日から自宅近くのスポーツジムに入会し日参した)を経て、4月末に部分的に職場復帰。半年かけて少しずつ勤務時間を伸ばして晩秋にはフルタイム勤務となった。


この本が出るころには職場復帰一周年を迎える。いまだ仕事的には給料泥棒の域を出ないと自覚しているが、周囲の協力もあって、焦らず日々「成長」を続けていると思う。


休職中に6級の障害者認定を受けたのを皮切りに、古物商免許、防火管理者防災管理者、JPIC読書アドバイザー等の資格を次々に取得した(あ、全部無試験だ。それに障害者手帳は資格じゃないし)。


倒れてからほぼ一年半が経つ。つまり「一年有半」。前々号で書いた「仏師仏像を彫った木屑を使った燻製屋の起業」構想はさすがにあきらめたものの、妙に前向きで高揚した気分は続いている。いろいろと挑戦したいこともあって(この時すでに退職→開業は決めていた)、これから先僕の人生がどう転がっていくはわからない。ただリハビリは一生終わらない。ポジティブかつアグレッシブに「リハビリ道楽」を続けていこうと思っている。


一日一句の「闘病俳句」に続いて「闘病短歌」「闘病都々逸」もものにした。それらのうち退院の感慨を詠んだものをご披露して、全4回、一年間に亘った連載の結びとさせていただこう。


<闘病俳句。退院の朝に詠めり>


検温のナース見上げて春を待つ



<闘病短歌。「退院はゴールではない。スタートだ」との言説に応えて>


退院は ゴールならずと 誰(た)が言うた やりとげし後の 冬の朝焼け



<闘病都々逸。金髪・ひげの言い訳>


意地の黒髪 情(なさけ)の茶髪 ひげと逢瀬は のびるもの




( ―― 了 ―― )







・・・・・もうすぐ開催・・・・・・

3/25(日)

歌と詩と絵で紡ぐ世界の平和「訪人(まろうど)達の紀行録」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


3/31(土)〜4/8(日)

デリシャスウィートス主宰・チャーマァの初個展「チャーマァ洋品店」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


4/13(金)〜4/22(日)

南椌椌春爛漫展 桃天使さん 絵とテラコッタと器と歌と映画とさてさて?

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


中川フォークジャンボリー with  四角佳子 4/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


5月3日(木・祝)〜5月6日(日)

井上孝治写真展『想い出の街』」

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!




・・・・・・開講中・・・・・・・

人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。      2939473

f:id:banka-an:20180225224451j:image

f:id:banka-an:20180225224448j:image