スマートフォン用の表示で見る

座敷牢

一般

座敷牢

ざしきろう

隠し子や障害者、精神異常者などを監禁して外部と遮断するために設置された私設の監禁施設。

また武士社会では、行跡の悪い藩主家老たちの合議により、隠居の名の下で座敷牢に収容させることもあった。(主君押込)


座敷牢が取り上げられている作品には、手塚治虫の『奇子』などがある。