Hatena::ブログ(Diary)

20161203

[][][]黒子のバスケ ウインターカップ総集編〜扉の向こう〜(2016)

 ウインターカップ準決勝は赤司の洛山高校が緑間の秀徳高校を破る。そして決勝は誠凛と洛山の戦いに。
 赤司の能力はわずかなきっかけから相手動作を先読みする「天帝の眼」。中学時代、紫原との1on1に負けそうになって以来、勝つことだけに執着した人格が前に出ていた赤司は、火神の力で久々に人の前に屈し、本来の自分を取り戻す。しかし、「天帝の眼」の真の力まで発揮したものの、ゾーンを越えた火神の力(仲間パワー)に敗れ去る。
 新型黒子こと黛くんにはワロタ。ちらちらと、黒子っぽいのおるよなーと思ってたの。ミスディレクションは黒子並みで、その他の能力はすべて黒子以上なので、黒子を「旧型」呼ばわりするのだが、結局はその力ゆえに黒子よりも目立ってしまって、前戦までで注目を浴び能力を失っていた黒子の復活を呼ぶ役回り。うーん……そこって、赤司とかチームメイトが「おまえ黒子役なんだからあんまり目立っちゃダメよ」と注意したりしないの?なんで決勝戦序盤で黒子のミスディレクションが効いてなかったか考えれば、予防策はありそうなのだが。
 黒子たちがワンダーパワーを発揮して勝利するのは「でしょうね」って感じなのでいいんだけど、第4クォーターだけで30ポイント近く取ってません?赤司がずっと出てたのにも関わらず、そんなに取れますか。赤司が途中でゾーンに入って、さらに「洛山全員ゾーン状態」もあったのに、負けますか。不思議だなあ。
 洛山のオネエが使っていた「4点プレイ」を利用しての逆転は良かった。残り4秒の逆転も熱い。でも、そこで赤司が黒子を止めにいっちゃうんだ。黒子ってそこまでシュートうまくなかった記憶があって、それなら他4人の誰でもよくて、赤司は火神をマークしているべきではないのかなーって思ったのだが……そこが、黒子に執着しちゃう赤司の弱みなのかもしれないけれど、それならそれでもっと赤司が「黒子黒子黒子黒子」つってヤンデレぐらいで描かれてもよかったのに。
 「『赤司は天帝の眼を使うから強い』ではない、『赤司が天帝の眼を使うから強い』」というのは良かったです。

20140118

[][]#40 嬉しくてしょうがないと思います

 火神がサイヤ人みたいな成長をしているが、桐皇はめっちゃ強いのです。
 サブタイトルからそれっぽい香りしかしないのです。

20140111

[][]#39 ムダな努力だ

 イグナイトパス改を片手で受け止める青峰、ああバヌケだなって実感させてくれる1シーンでした。このアニメ、ホモレス以外思いつかないんですが、どうすれば。

20131005

[][]#26 こんな所で会うとはな

 第2期スタート、火神の昔の男と紫の人が出てきた。「最後はスイーツバイキングだかんね」と、うーんホモホモしい。褒めてます。作品としてはブレることなく一本貫いたものがあるので、このまま突き抜けてくれれば。
 ちなみに今見直したら第12話で感想止まってるけど、ちゃんと最後までみたよ。

20120623

[][]#12 『勝利』ってなんですか

 緑間を止めるために火神がその天賦の才を目覚めさせていくが、一人で熱くなっていく火神に黒子は勝利意味を問う。とはいえ火神の跳躍力はこのエピソードで最高潮を迎え、そしてガス欠へ。勝ちたいという気持ちがどれだけ強くても、キセキの世代相手ではなあ。
 今回の火神は、大坪がシュート体勢に入ってから動いて止めに入ってきていて、さすがに一瞬で距離動きすぎだろとおもた。バスケはコートが小さくてプレイスピードが速いから見せ方難しいよな。スラムダンクでもコートが広大に感じた。

20120616

[][]#10 困ります

 正邦との勝負のクライマックスは黒子の戻った誠凛が、日向先輩の一撃で逆転勝利。そしてとうとう秀徳との決勝戦、互いに譲らず均衡した試合は常人離れした距離からの緑間の3ポイントシュートで幕を開けるが、誠凛も速攻で逆襲をかける。
 1プレイの間にどんだけ考えるヒマがあるんだというツッコミはさておき、見ていると「あ、もう今週終わりか」っていうぐらいにはテンポを気にすることなく見ていたりするのは、今回みたいに試合の冒頭で切ったりして、翌週が気になるからなんだろう。

[][]#11 そんなもんじゃねえだろ

 じわじわ点差を広げられながらも食いついていく誠凛を徹底的に突き放すのは黒子と同タイプの高尾の存在と、フルコート横断してゴールに飛び込む緑間の超ロングシュート。実際、あの距離でポンポンとシュートが入れば苦労しないけれどさ。黒子に対しては、津川もパスコースを読んで飛び込んできたりしていたので、対応されること自体不思議ではなく、それに対する切り返しが欲しいが、この段階でそんなインフレになっても……という気はしている。緑間のシュートは心折られるには十分なんだけど、まだ粘る。

20120602

[][]#09 勝つために

 津川の粘っこいディフェンスに苛立つ火神は4つ目のファールを取られる。それでも出ようとする火神を、2年生は自分たちに任せろと言い切る。日向先輩の「茶坊主」呼ばわりはスカッとしました。ありがとうありがとう。
 小金井先輩と土田先輩が地味っぷり大活躍。

20120526

[][]#08 改めて思いました

 準決勝の誠凛の相手は、かつて大敗を喫した正邦。その試合VTRを見た黒子と火神は、先輩たちのためにも勝つと決意する。
 正邦の津川のうっとうしさがスゲェ。

20120519

[][]#07 すごいもん見れるわよ

 誠凛は新協を下す。一方、緑間はフォームを崩されない限りは百発百中でシュートを決めるということで、インの守りをガッチリ固めた相手に対して、3ポイントを軽く決めていく。誠凛は以前、3代強豪校に大惨敗した過去があるけれど、火神や黒子には関係の内はナシですからね。

20120512

[][]#06 2つ言っておくぜ

 インターハイ予選1回戦の相手は身長2mのセネガル人留学生・パパを擁する新協学園。誠凛のことを馬鹿にしまくるパパの噛ませっぷりがすごいよね。

20120505

[][]#05 お前のバスケ

 倒せ倒せ力の限り〜お前のバスケを見せてやれ〜
 誠凛に敗れた黄瀬のもとにやって来た緑間。色の名前がついているとキセキの世代ということね。無名高である誠凛に進んだ黒子のことが気にくわないようですが、次の相手は緑間つーことになるわね。黄瀬くんが妙に黒子にモーションをかけていて困る。

20120428

[][]#04 逆襲よろしく!

 黒子がダウンしても調子に乗ってきた日向の力もあって海常に追いすがる誠凛だったが、黄瀬の力が覚醒する。
 勝つとは思わなかった、びっくりした(小並感)。最初のライバルを強くしてしまうと、ここからインフレしてしまうからなー。

20120421

[][]#03 勝てねェぐらいがちょうどいい

 黄瀬のいる海常との練習試合に挑む誠凛。キセキの世代ということで温存されかけた黄瀬を、火神がゴールを壊すダンクで引きずり出すが、黄瀬の力は圧倒的。
 シナリオ的に言ってしまうとつまんないけど、あくまでまだ黒子の能力の長所と短所を出すだけの試合だし、火神は才能に頼っているところなので、勝てる試合ではないよね。
 それにしても「キセキの世代」の発音、奇跡と軌跡の二重の意味を持たせてるからか「軌跡」に近い発音をしていて、ずっと違和感が……。